演題募集要項

1. 演題募集期間

演題登録は締め切りました。多数のご応募いただきありがとうございました。

シンポジウム、パネルディスカッション、会長要望演題、一般演題

登 録 開 始 :
2012年12月11日(火)
締    切 :
2013年 2月 5日(火)午前9時
2013年 2月12日(火)正午

多領域専門職部門(看護部門、臨床工学部門、臨床検査部門、放射線部門)

登 録 開 始 :
2012年12月11日(火)
締    切 :
2013年 2月 5日(火)午前9時
2013年 2月12日(火)正午

インターネットでのオンライン登録のみとさせていただきます。本画面をよくお読みいただき、演題登録を行ってください。
締切り間際は、アクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられますので、余裕を持って登録を行ってください。

2. 申込資格 ▲ pagetop

筆頭演者・共同演者は本学会員に限りますので、未入会の方は、日本小児循環器学会ホームページ【 http://jspccs.umin.ac.jp/ 】から入会手続きをお済ませください。
入会に関するお問い合わせは、学会事務局までお願いいたします。

日本小児循環器学会事務局
株式会社メディカルトリビューン
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル8F
TEL:03-3239-7264 FAX:03-3239-7225

3. 発表機材等 ▲ pagetop

口演(シンポジウム、パネルディスカッション、会長要望演題、一般演題、多領域専門職部門)

発表はデジタルプレゼンテーション(パソコン)のみとさせていただきます。
シンポジウム、パネルディスカッション、会長要望演題にご登録いただいた演題で、希望の形式で採用されない場合には、一般演題(口演・ポスター)への変更も希望することができます。

一般演題(ポスター)

展示パネルのサイズ等詳細につきましては決定次第、本ホームページ上に掲載致します。

4. 採否通知 ▲ pagetop

演題の採否、発表形式は会長にご一任ください。
採否の通知は、4月中にホームページ上にて行います。採択演題のUMIN登録番号を掲載致します。必ず、ホームページをご確認下さいますようお願い致します。
UMIN登録番号は演題登録時に発行されますので、お忘れのないよう大切に保管ください。
なお日時のご案内は、5月中をめどに、ご登録いただいたE-mailにてお知らせいたします。

5. 募集要項 (シンポジウム、パネルディスカッション、会長要望演題、一般演題(口演、ポスター)) ▲ pagetop

発表形式

希望発表形式を以下から選択してください。

  1. シンポジウム
  2. パネルディスカッション
  3. 会長要望演題
  4. 一般演題(口演)
  5. 一般演題(ポスター)

※多領域専門職部門へ応募される方はこちらをご覧ください。

発表形式の変更

希望発表形式で「シンポジウム」「パネルディスカッション」「会長要望演題」を選択した方は、希望の形式で採択されない場合に一般演題への変更を希望するかどうかを選択してください。
また、「一般演題(口演)」を選択した方は、希望の形式で採択されない場合に、「一般演題(ポスター)」への変更を希望するかどうかを選択してください。

テーマ

   
【A.シンポジウム】
A-01Channelopathyの管理‐1)そのエビデンス Long QT
A-02Channelopathyの管理‐2)そのエビデンス Brugada
A-03Channelopathyの管理‐3)そのエビデンス Catecholamine-induced VT
A-04成人先天性心疾患の予後、QOLを規定する因子-1)成人先天性心疾患の婦人科学
A-05成人先天性心疾患の予後、QOLを規定する因子-2)成人先天性心疾患の肺高血圧
A-06成人先天性心疾患の予後、QOLを規定する因子-3)成人先天性心疾患心不全の予後
A-07成人先天性心疾患の予後、QOLを規定する因子-4)成人先天性心疾患の運動機能を規定する因子
A-08中期予後に基づいた左心低形成症候群の治療戦略(※英語)
【B.パネルディスカッション】
B-01エコーによる心機能評価の最前線
B-02学校心臓検診のあるべき姿‐1)心臓検診は突然死を減らしたか?
B-03学校心臓検診のあるべき姿‐2)費用対効果
B-04学校心臓検診のあるべき姿‐3)システムはこれでよいか?
B-05学校心臓検診のあるべき姿‐4)制度はこれでよいか?
B-06複雑先天性心疾患の不整脈‐最適な管理法(不整脈治療の長期成績、長期予後に関して)
B-07カテーテル治療の問題点(pro and con)-1)CoA stent
B-08カテーテル治療の問題点(pro and con)-2)ハイブリッド治療
B-09カテーテル治療の問題点(pro and con)-3)ASD Amplatzer
B-10カテーテル治療の問題点(pro and con)-4)Valve in RVOT
B-11長期予後に基づいたRastelli手術の治療戦略-1)長期予後に基づいた修正大血管転換症の治療戦略
B-12長期予後に基づいたRastelli手術の治療戦略-2)長期予後に基づいた心室中隔欠損兼肺動脈閉鎖の治療戦略
【C.会長要望演題】
C-01長期予後
C-02長期成績

カテゴリー

希望発表形式にかかわらず、下記カテゴリーを必ず選択してください。

【1.内科系】
1-01一般心臓病学
1-02染色体異常・遺伝子異常
1-03胎児心臓病学
1-04複雑心奇形
1-05画像診断
1-06心臓血管機能
1-07カテーテル治療
1-08電気生理学・不整脈
1-09集中治療・周術期管理
1-10心筋心膜疾患
1-11心不全・心移植
1-12自律神経・神経体液因子・心肺機能
1-13術後遠隔期・合併症・発達
1-14成人先天性心疾患
1-15周産期・心疾患合併妊婦
1-16肺循環・肺高血圧・呼吸器疾患
1-17心血管発生・基礎研究
1-18川崎病・冠動脈・血管
1-19学校保健・疫学・心血管危険因子
1-20その他
【2.外科系】
2-01外科治療
2-02体外循環・心筋保護
2-03外科治療遠隔成績
【3.その他】
3-01その他

演者

筆頭演者は必ず発表者とし、共同演者は最大10名(発表者を含め最大11名)とさせていただきます。
ふりがな、英語表記も入力してください。

所属

所属は最大6施設とさせていただきます。
所属機関名は英語表記も入力してください。

演題名

文字数は日本語表記全角76文字以内としてください。
また、英語表記での演題名(20words以内)も入力してください。

会員番号

日本小児循環器学会の会員番号を入力してください。
申請中のときは、「99」としてください。

抄録本文

文字数は日本語で全角800字以内、英文で250words以内としてください。
内容は【背景】、【目的】、【方法】、【結果】、【考察】、【結論】等の順に必ず項目を立てて記述してください。参考文献は不要です。
演題査読時の審査の妨げとなりますので、所属・氏名等を本文中に記載しないでください。

キーワード

プログラム・抄録集の項目索引作成に必要となります。
必ずキーワードを3つ入力してください。

ご注意

※全角文字は1文字として、半角文字は1/2文字として数えます。アルファベットの直接入力は半角英数ですので、1/2文字となります。

※<SUP>などのタグは文字数には換算しません。

※半角カタカナや丸数字、ローマ数字、特殊文字等の機種依存文字は使用できません。

※図表、画像及び写真の添付はできません。

プライバシー保護ガイドライン

演題応募に際し、「医学研究および学会・研究会における研究発表に関する倫理指針」を必ずご参照の上、演者の責任においてご応募いただきますようお願いします。また、当日の発表スライドにおきましても同様のご配慮をお願いします。
医学研究および学会・研究会における研究発表に関する倫理指針

個人情報保護について

演題登録にて収集いたしました「氏名」・「連絡先」・「E-mailアドレス」は事務局よりのお問合せや発表通知に利用を行います。また、「氏名」・「所属」・「演題名」・「抄録本文」は、ホームページ及び抄録集に掲載することを目的として利用いたします。本目的以外に使用することはございません。登録された一切の情報は外部に漏れないように、責任を持って事務局にて管理徹底いたします。

インターネットによる演題登録

インターネットによる演題登録は大学医療情報ネットワーク(UMIN)事務局の支援の下に運営されています。本学会への演題登録に関してUMIN事務局へのお問い合わせはご遠慮ください。
登録時における疑問点につきましては、一般利用者用のオンライン演題登録用【FAQ】をご覧ください。
※施設やプロバイダの設定に問題があるか、ブラウザが古いなどで暗号通信が使えない場合は平文通信の選択となりますが、それ以外の場合は暗号通信のご利用を推奨いたします。

多領域専門職部門
一般演題を募集いたします。
詳細は【 多領域専門職部門 (看護部門/臨床工学部門/臨床検査部門/放射線部門/その他) 】の
演題募集要項をご参照ください。

6. 演題登録 (シンポジウム、パネルディスカッション、会長要望演題、一般演題(口演、ポスター)) ▲ pagetop

演題登録画面に入るには、学会ホームページ会員専用ページ閲覧権限付加済みのUMINのID・パスワードが必要になります。
(1)UMINのID・パスワードを取得していない方 (2)ID・パスワードを取得していても会員専用閲覧権限付加済みでない方は、事前に取得の手続きをお願いします。
詳しくは学会ホームページ【 http://jspccs.umin.ac.jp/information/ 】をご覧ください。

登 録 開 始 :
2012年12月11日(火)
新規演題登録(暗号通信) 新規演題登録(平文通信)
確認・修正(暗号通信) 確認・修正(平文通信)

【登録】ボタンは一回だけ押して下さい。

1回押した際に、登録処理に時間がかかる場合があります(最大1~2分かかる場合もあります)。
演題登録処理が正常に完了しますと、演題登録番号が必ず画面に表示されますので、それまでは登録ボタンを何回も押さずにお待ちください(何回も登録ボタンを押すと二重に登録されたり、演題登録が正常に完了しない場合があります)。

【演題受領通知メール】を確認、保管して下さい。

演題登録完了後、ご入力いただきました電子メールアドレス宛てに演題登録番号とパスワードが記載された演題受領通知が自動的にメール送信されます。
必ずこの演題受領通知の電子メール受信を確認し、保管してください。

【演題登録内容】の確認をお願いします。

登録終了後、演題登録締切までの間に、登録済み演題の修正・削除ボタンから、必ず一度は演題登録内容を確認してください。
この際、上記の演題登録番号とパスワードが必要になります。
もし、ご登録操作(完了)に疑問、不安のある場合は、事務局に必ず早めにお問い合わせください。

ホームページ利用者のコンピューター環境

ホームページ利用者のコンピューター環境が原因で演題の登録に不備をきたしても事務局では責任を負いかねます。

締め切り間際の登録について

締め切り間際は混雑し登録に時間がかかることが予想されますのでなるべく早く登録していただくようお願いいたします。

~ ご登録に関して、以下の点に十分ご注意ください ~

  • 演題を初めて登録するときは演題の新規登録リンクボタンを選択してください。
  • 一度登録された演題に修正を加えるときは、登録済の演題の登録済み演題の修正・削除リンクボタンを選択してください。
  • その際に初回登録時に自動発行された整理番号(5桁の番号)とご自身で決めたパスワードが必要となります。
  • 同一演題で演題の新規登録を使用するのは初回のみです。以後はすべて登録済み演題の修正・削除を用います。
  • 修正するたびに演題の新規登録画面を使用すると同一演題が重複登録され、採否判定に不利益を被ることがありますので十分ご注意ください。
  • 抄録本文は、最初にご自身のワープロ等で作成し、コピー機能を使って貼り付けることをお勧めします。
  • JIS規格に対応していない飾り文字は使用できません。 たとえば、○で囲まれた数字がそれに相当します。間違って使うと登録確認のとき注意され登録できません。登録確認の際注意されない文字はすべて使用できます。シンボル(symbol)書体(1バイト文字)の α β γ 等を使用するとabc等に自動変換されてしまいますので使わないようにしてください。 必ず全角(2バイト文字)のαβγを使用してください。 半角カタカナは使用できません。カタカナは全角で、英字および数字は半角で入力してください。 英文を入力の際は、一つの単語の途中をハイフン(-)で切らないでください。
  • 抄録本文を書く欄には、タイトル、所属機関名、演者名は書かず、抄録本文のみを記入してください。抄録本文は、字下げをせず、左詰めで入力してください。抄録本文の途中で改行を入れても、登録の際改行指定は自動的に削除されます。したがって、抄録本文を作成するとき、見やすくするため適宜改行指定を使用していただいて結構ですが、作成中の画面と登録直前のプレビュー画面で改行位置が変わっていることにご注意ください。強制的に改行指定を行う際には、<BR>タグを使用してください。
  • 上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、アンダーラインを使うときに用いる<SUP> </SUP>、<SUB> </SUB>、<I> </I>、<B> </B>、<U> </U>、<BR>等の記号はすべて半角文字(1バイト文字)でなければいけません。 本文中で単独で<または>を使用するときは(たとえばp<0.05、CO>2.2)全角文字(2バイト文字)としてください。
  • 登録したご自分の抄録を参照・更新するためのパスワード(半角英数文字6~8文字以内)は必須事項です。ここで記入するパスワードが登録後の修正に必要になります。もしお忘れになっても、事務局ではセキュリティの問題から問い合わせには応じかねますので、ご注意ください。
  • 登録画面でデータを登録した後、一番下の次に進むをクリックすると、確認画面に変わります。その画面で入力データを確認してから、登録ボタンをクリックしてください。この時点で文字データの登録は完了です。
  • 一度登録されると整理番号が自動発行されます。その整理番号とご自身で設定したパスワードにより登録期間内に限り、抄録は何回でも変更可能です。
  • 正常に登録が完了いたしますと、ご入力いただきました電子メールアドレス宛てに登録完了確認のメールが自動送信されます。必ず 登録完了確認のメールがお手元に届いたことを確認してください(通常、ご登録後5~10分以内に送信されます)。 1~2日たっても登録完了確認のメールがお手元に届かない場合は、登録受付が完了していない可能性が高いので、登録済み演題の修正・削除リンクボタンより、正しく登録が完了しているかどうかご確認ください。

演題登録に関する問合せ

第49回日本小児循環器学会総会・学術集会事務局
東京女子医科大学循環器小児科
担当: 循環器小児科 杉山 央
〒162-8666東京都新宿区河田町8−1
TEL: 03-3353-8111 FAX: 03-3356-0441
E-mail: shoujun2013@gmail.com

運営準備室
株式会社ICSコンベンションデザイン
〒101-8449 東京都千代田区猿楽町1-15-18 千代田ビル
担当: 照井、曽根
TEL: 03-3219-3541 FAX: 03-3219-3577
E-mail: jspccs49@ics-inc.co.jp

▲ PAGETOP