I . テーマ
     小児アレルギーの今を見つめて未来を切り開く

 II . 会長
     宇理須 厚雄(藤田保健衛生大学坂文種コ會病院小児科)

 III . 会期
     平成19年(2007年)12月8日(土)・9日(日)

 IV . 会場         
     名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1番1号)
     TEL:052-683-7711

 V . 参加費
     12,000円
     (但し、コメディカル 5,000円、学生(学生証提示必要、大学院生を除く)無料) 
         
 VI . プログラム
 
    1. 会長講演: 食物アレルギー患児のQOL向上をめざして
      演者  宇理須 厚雄 (藤田保健衛生大学坂文種コ會病院小児科)
      座長  鳥居 新平 (総合上飯田第一病院アレルギー科、
                      名古屋大学医療技術短期大学部名誉教授)

    2. 特別講演 

        1) 小児アレルギー疾患における薬物療法と抗アレルギー薬の最近の進歩
        演者  永井 博弌 (岐阜薬科大学)
        座長  三河 春樹 (京都大学名誉教授)

        2) プロバイオティクス・腸内共生菌とアレルギー
        演者  上野川 修一 (日本大学大学院生物資源科学研究科)
        座長  河野 陽一 (千葉大学大学院医学研究院小児病態学)         

    3. 招待講演 

        1) Update on options for treating food allergy
        演者  Philippe A. Eigenmann (Children's University Hospital  Geneva, Switzerland)        座長  森川 昭廣 (群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学分野)

        2) Is asthma in childhood different than asthma in adults?  
              Why do we need specific approaches to asthma in children?  
        演者  Erwin W. Gelfand (National Jewish Medical and Research Center, USA)
        座長  古川 漸 (山口大学大学院医学系研究科小児科学分野)         

        3) Genetics  of   asthma  in Korean children
        演者  Soo-Jong Hong (University of Ulsan, Asan Medical Center,  Korea)
        座長  馬場 実 (前同愛記念病院)         

        4) Approach to preschool wheezing
        演者  Theresa Guilbert (University of Wisconsin-Madison, USA)
        座長  眞弓 光文 (福井大学医学部病態制御医学講座小児科)         

    4. 教育講演 

        1) 小児リウマチ性疾患の診断と治療
        演者  武井 修治 (鹿児島大学医学部保健学科)
         座長  野間 剛 (北里大学医学部小児科)

        2) 吸入性アレルゲンと環境整備
        演者  市川 邦男(筑波メディカルセンター病院小児科)
        座長  佐々木 聖(ささきアレルギー科クリニック)         

    5. 教育セミナー 

        1) 小児気管支喘息の長期管理における薬物治療
           ―吸入ステロイドに併用される薬剤について―
        演者  山口 公一 (同愛記念病院小児科)
         座長  松井 猛彦 (東京都保健医療公社荏原病院小児科)

        2) 気道感染/末梢気道炎症と気管支喘息
        演者  浜崎 雄平 (佐賀大学医学部小児科)
         座長  古庄 巻史 (こくらアレルギークリニック)

        3) 乳幼児期喘息の治療  ―吸入ステロイド薬を中心に―        
        演者  亀田 誠 (大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター小児科)
         座長  赤坂 徹 (岩手愛児会子育て医療支援センター)

        4) インペアードパフォーマンス―薬による二日酔い―
        演者  熊谷 雄治 (北里大学東病院 治験管理センター)
          抗ヒスタミン薬の鎮静作用に関するPET研究:分子イメージングの新たな潮流
         演者  田代 学 (東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
                                   サイクロトロン核医学研究部)
         座長  谷内江 昭宏 (金沢大学医学部保健学科)

        5) 日常診療における喘息コントロールの把握と喘息治療
        演者  吉原 重美 (独協医科大学小児科)
         座長  土居 悟 (大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター小児科)

        6) 小児アレルギー性鼻炎のQOLに対する影響と小児に対する鼻炎治療
        演者  工藤 典代 (千葉県立衛生短期大学栄養学科)
         座長  早川 浩 (早川医院)

        7) 気管支喘息薬の再評価「テオフィリン薬を中心に」
        演者  小田島 安平 (埼玉医科大学小児科)
         座長  相原 雄幸 (横浜市立大学附属市民総合医療センター
         小児総合医療センター)
        
        8) ロイコトリエン受容体拮抗薬の小児気管支喘息治療・
                            管理ガイドラインにおける臨床的位置付け
         【1】小児気管支喘息治療・管理ガイドライン
              ―乳幼児喘息の長期管理を中心として― 
        演者  足立 雄一 (富山大学医学部小児科)
         【2】ロイコトリエン受容体拮抗薬(抗LT拮抗薬)の
                                小児気管支喘息に対する治療
         演者  三浦 克志 (宮城県立こども病院 総合診療科)
         座長  岩田 力 (東京家政大学家政学部児童学科小児医学研究室)

        9) 気道抵抗測定(IOS)とCT画像による末梢気道炎症の評価と治療の新しい試み
        演者  田中 裕士 (札幌医科大学内科学第三講座)
         座長  五十嵐 隆夫 (いからし小児科アレルギークリニック)

        10) 抗炎症作用から考える気管支拡張薬の役割
        演者  安井 耕三 (岡山大学大学院医歯学総合研究科・医学部小児医科学講座)
         座長  山田 政功 (中部労災病院小児科)

        11) 胃食道逆流と持続性咳嗽
        演者  内藤 健晴 (藤田保健衛生大学耳鼻咽喉科)
         座長  神田 康司 (名古屋第二赤十字病院小児科)

        12) アレルギー性鼻炎・花粉症:最近のトピックス
        演者  後藤 穣 (日本医科大学千葉北総合病院耳鼻咽喉科)
         座長  柴崎 正修 (筑波技術大学小児科)

    6. シンポジウム 

        1) 園・学校とアレルギー
         座長  海老澤 元宏 (国立病院機構相模原病院臨床研究センター
                                アレルギー性疾患研究部)
         座長  縣 裕篤 (愛知医科大学医学部小児科)
         
          (1) Management of allergic children in Sweden
           演者  Magnus Borres
              (Sahlgreska Academy at Göteborg University,Sweden)

          (2) 医療サイドから望む学校におけるアレルギー対策
           演者  海老澤 元宏 (国立病院機構相模原病院臨床研究センター
                               アレルギー性疾患研究部)

          (3) 学校における食物アレルギー対策の現状
           演者  今井 考成 (国立病院機構相模原病院小児科)

          (4) 追加発言
             幼稚園・保育園での食物アレルギー児への対応
           演者  竹内 三奈 (愛知医科大学医学部小児科)

          (5) 学校のアレルギー疾患対策の推進に向けた文部科学省の取組みについて
           演者  岡田 就将 (文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課)
            
        2) 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン ―解決すべき課題と今後の展望―
         座長  西間 三馨 (国立病院機構福岡病院)
         座長  西牟田 敏之 (国立病院機構下志津病院)
         
          (1) 世界の小児喘息ガイドラインの比較
           演者  栗原 和幸 (神奈川県立こども医療センターアレルギー科)

          (2) JPGL2005がもたらした小児気管支喘息治療の変化
           演者  南部 光彦 (天理よろず相談所病院小児科)

          (3) 吸入ステロイドのガイドラインでの今後の位置づけ
           演者  赤澤 晃 (国立成育医療センター総合診療部)

          (4) 乳児喘息の病態と治療法の展望
           演者  徳山 研一 (高崎健康福祉大学薬学部免疫・アレルギー学)

        3) 食物アレルギー診療の新しい展開
        座長  向山 徳子 (同愛記念病院小児科)
         座長  柴田 瑠美子 (国立病院機構福岡病院小児科)
         
          (1) アレルゲン分析と臨床応用
            演者  近藤 康人 (藤田保健衛生大学医学部小児科)

          (2) 小麦アレルギーとω5グリアジン
           演者  松尾 裕彰 (広島大学 大学院医歯薬学総合研究科病態薬物治療学)

          (3) IgE非依存型牛乳アレルギー
           演者  木村 光明 (静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科)

          (4) 食物アレルギーにおける経口減感作療法の現状と問題点
           演者  明石 真幸 (国立成育医療センター第一専門診療部アレルギー科)

          (5) アレルゲン物資食品表示の現状
           演者  穐山 浩 (国立医薬品食品衛生研究所代謝生化学部)

        4) 小児慢性咳嗽の診断と治療における問題点
        座長  望月 博之 (群馬大学大学院小児生体防御学)
         座長  井上 壽茂 (住友病院小児科)
        
          (1) 小児慢性咳嗽の診断と治療の現状
           演者  望月 博之 (群馬大学大学院小児生体防御学)

          (2) 小児の慢性咳嗽のメカニズム
           演者  吉田 之範 (大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター)

          (3) 呼吸器科からみた小児の慢性咳嗽
          演者  川崎 一輝 (国立成育医療センター呼吸器科)

          (4) 耳鼻科疾患としての小児の慢性咳嗽
           演者  増田 佐和子 (国立病院機構三重病院耳鼻科)

          (5) 咳喘息および類縁疾患の診断と薬物療法
           演者  石浦 嘉久 (富山市民病院 呼吸器内科)
                     
        5) 食物アレルギーの免疫学
        座長  伊藤 節子(同志社女子大学生活科学部)
         座長  金子 英雄 (岐阜大学大学院医学系研究科・
                   医学部地域医療医学センター地域医学部門小児系分野)
          
          (1) 食物アレルギーと粘膜免疫
           演者  國澤 純(東京大学医科学研究所 炎症免疫学分野)

          (2) 食物アレルギーの寛解 ―アウトグローと経口免疫療法―
           演者  柘植 郁哉 (藤田保健衛生大学医学部小児科)

          (3) 動物モデルからの提言
           演者  大嶋 勇成 (福井大学医学部附属病院小児科)

          (4) 魚介類アレルゲンの分子生物学的解析
           演者  塩見 一雄 (東京海洋大学食品科学科)

        6) アトピー性皮膚炎の最新情報
        座長  小倉 英郎(国立病院機構高知病院 小児科)
         座長  末廣 豊 (大阪府済生会中津病院 小児科、免疫・アレルギーセンター)                                            
          (1) アトピー性皮膚炎の痒み;動物モデルでの検討
           演者  稲垣 直樹(岐阜薬科大学機能分子学大講座薬理学研究室)

          (2) アトピー性皮膚炎の痒み対策
           演者  豊田 雅彦 (うるおい皮ふ科クリニック)

          (3) アトピー性皮膚炎とinnate immunity
           演者  野村 伊知郎 (国立成育医療センターアレルギー科)

          (4) アトピー性皮膚炎とサイトカイン・ケモカイン
           演者  中村 晃一郎 (埼玉医科大学皮膚科)

        7) アレルギー疾患の分子生物学的アプローチ
        座長  近藤 直実 (岐阜大学大学院医学研究科 小児病態学)
         座長  斎藤 博久 (国立成育医療センター研究所免疫アレルギー研究部)                                            
          (1) アレルギー疾患の遺伝子配列解析研究の進歩と現状
           演者  野口 恵美子 (筑波大学大学院人間総合科学研究科遺伝医学)

          (2) アレルギー疾患の遺伝子発現解析研究の進歩と現状
           演者  松本 健治(国立成育医療センター研究所免疫アレルギー研究部)

          (3) 遺伝子多型と環境因子の関連:アレルギー疫学研究調査から
           演者  下条 直樹 (千葉大学大学院医学研究院小児病態学)

          (4) 分子生物学的アプローチの臨床へのインパクト;IL-18及び
               シグナル伝達系タンパク質構造解析に基づく創薬へのアプローチ   
           演者  大西 秀典 (岐阜大学大学院医学研究科 小児病態学)

        8) 気道の非侵襲的評価法
        座長  小田嶋 博 (国立病院機構福岡病院小児科)
         座長  藤澤 隆夫 (国立病院機構三重病院臨床研究部)
      
          (1) IOS
           演者  村松 礼子(国立病院機構高崎病院小児科)

          (2) 呼吸中NO
           演者  本村 知華子 (国立病院機構福岡病院小児科)

          (3) 痰細胞診
           演者  高増 哲也 (神奈川県立こども医療センターアレルギー科)

          (4) 呼気凝集液(Exhaled Breath Condensate)の可能性
           演者  勝沼 俊雄 (東京慈恵医科大学小児科)

          (5) 呼吸音解析―呼吸音からの重症度の推定―
           演者  土生川 千珠 (国立病院機構 南和歌山医療センター小児科)

         9) 症例から学ぶ免疫アレルギーリウマチ疾患
         座長  坂本 龍雄 (名古屋大学大学院医学系研究科小児科学)
          座長  大矢 幸弘 (国立成育医療センター第一専門診療部アレルギー科)
      
          (1) 症例から学ぶ小児リウマチ性疾患
           演者  岩田 直美 (あいち小児保健医療総合センター)

          (2) 小児における慢性咳嗽の患者の検討
           演者  小松原 亮 (藤田保健衛生大学坂文種コ會病院小児科)

          (3) 副鼻腔炎と気管支喘息
           演者  寺田 明彦 (大同病院小児アレルギー科)

          (4) 心因性・難治性喘息に対する行動療法
           演者  大矢 幸弘 (国立成育医療センター第一専門診療部アレルギー科)

          (5) アトピー性皮膚炎と成長障害
           演者  坂本 龍雄 (名古屋大学大学院医学研究科小児科学)

    7. ワークショップ 

         1) Young allergistの集い
         座長  荒川 浩一 (群馬大学大学院小児生体防御学)
          座長  松原 知代 (山口大学大学院医学系研究科小児科学分野)
      
          (1) 鶏卵アレルギー児におけるアレルゲン特異的T細胞応答の解析
           演者  中島 陽一 (藤田保健衛生大学医学部小児科)

          (2) 免疫寛容誘導のための食物アレルギー主要抗原タンパク構造解明
           演者  森田 秀行 (岐阜大学大学院医学研究科 小児病態学)

          (3) アレルギー性気道炎症における分泌の役割とその制御
           演者  小山 晴美(群馬大学大学院小児生体防御学) 

          (4) 単球/マクロファージにおけるNF-κB活性化、                                     MCP-1およびMMP-9産生に対するプランルカストの効果
           演者  長谷川 真成 (山口大学大学院医学系研究科小児科学分野)

          (5) 樹状細胞機能からみた自然免疫とアレルギー性炎症との接点
           演者  安冨 素子 (福井社会保険病院小児科)

          (6) 気道上皮細胞におけるケモカイン産生を制御する因子
           演者  西 奈津子 (佐賀大学医学部小児科)

        2) 食物経口負荷試験の標準化を目指して
        座長  有田 昌彦 (ありた小児科・アレルギー科クリニック)
         座長  伊藤 浩明 (あいち小児保健医療総合センターアレルギー科)

          (1) 食物負荷試験の実施状況についてのアンケート調査報告
           演者  二村 昌樹(あいち小児保健医療総合センターアレルギー科

          (2) 入院で行う食物負荷試験について(オープン試験vs.ブラインド試験)
           演者  小俣 貴嗣 (国立病院機構相模原病院小児科)

          (3) 一般病院小児科での食物負荷試験センターの試み
           演者  小谷 伸行 (松山赤十字病院小児科)

          (4) 外来で行なう食物負荷試験について
           演者  木村 彰宏 (神戸医療生活協同組合いたやどクリニック)

    8. 一般演題(口演、公募) 

    9. その他 

        1) 総会            12月9日(日) 11:00−11:40
        2) 喘息死委員会報告    12月9日(日) 11:40−11:55

 VII . 会員懇談会

     平成19年12月8日(土)(第1日目)     19:30
        全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋(金山)
        懇親会費   3,000円
        多くの方の参加をお待ちしております。
                       
 VIII . 同時開催
    
     1.市民公開講座(アレルギーの子どもの会)
      テーマ  「聞いて納得。話して解決。こどものアレルギーとの付き合い方。」
         平成19年12月9日(日) 13:00−16:50
          会場  名古屋国際会議場
         後援  愛知県小児科医会、名古屋市小児科医会
          講演会  
           司会  宮田 隆夫 先生 (宮田医院院長)
                  近藤  久  先生 (近藤小児科医院院長)

        1) こどものアトピー性皮膚炎
            ―症状をコントロールして、さわやかライフ―
               末廣 豊大阪府済生会中津病院 小児科、免疫・アレルギーセンター)
        2) 小児気管支喘息とタバコ
               小田嶋 博国立病院機構福岡病院小児科)                                         
        3) 食物アレルギーとうまく付き合う方法
               山田 一恵(山田医院副院長)

     2.エピペン講習会    
         平成19年12月8日(土) 17:00−18:00
            名古屋国際会議場
        
     3.ニューロペプタイド研究会
         平成19年12月7日(金) 18:00
             名古屋国際会議場
          問い合わせ先: 高崎健康福祉大学薬学部免疫・アレルギー学 
                 徳山 研一
                 〒370-0033 高崎市中大類町60
                  TEL:027-352-1180  FAX:027-352-1118
                 E-mail: tokuyama@takasaki-u.ac.jp

 IX . 学会ホームページ
     URLアドレス  http://jspaci44.umin.jp/

 X . 一般演題の募集

      演題はすべて上記の学会ホームページで受け付けます。演題の採否・発表日時および
     発表区分につきましては会長にご一任ください。演題登録は平成19年5月23日(水)
     から受付を開始します。申込みの締め切り期日は7月18日(水)正午です。
     学会ホームページ上の注意事項を確認し、必要事項を入力して下さい。

      演題の採否・発表日時は演題登録時に登録されたメールアドレス宛に通知します。
     また、メールでご連絡できなかった演題に関しては、葉書で演題筆頭者へ連絡します。
     通知が届いていない場合には事務局にご連絡下さい。
     
 XI . 一般演題、ミニシンポジウムの口演スライドのコンピューター画面での閲覧

      一般演題とミニシンポジウムの口演スライドを館内に設置したコンピュータ画面で
     会期期間中閲覧できるようにします。閲覧の承諾の可否をPCセンター(スライド受付)で
     頂きます。閲覧を希望されない方は申し出て下さい。
 
 XII . 宿泊のご案内

      学会誌(第21巻、21号)ならびに学会ホームページ宿泊案内に掲載されています。

      問合せ先:ユートラベル株式会社「第44回日本小児アレルギー学会」担当
            〒453-0015 名古屋市中村区椿町1-3(地産ビル1号館)
            TEL:052-452-1003  FAX:052-452-1017
            メールアドレス:gakkai-44@u-travel.co.jp
            営業時間:土曜・平日 9時30分〜18時30分(日・祝日は休業)            
 XIII . 託児室のご案内

      会期中(12月8日、9日)に託児室をご用意します(無料)。
      ご利用には事前申込みが必要です。
      詳細は学会ホームページ上の託児室をご覧ください。
            
 IX . 問い合わせ先ならびに第44回日本小児アレルギー学会事務局

         〒454-8509
 
        名古屋市中川区尾頭橋3-6-10
         藤田保健衛生大学坂文種コ會病院小児科
          第44回 日本小児アレルギー学会事務局
         TEL:052-323-5649  FAX:052-323-5776
         事務局長: 柘植 郁哉
         市民公開講座担当: 近藤 康人
          

 
Copyright ⓒ 2006 Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology All Rights Reserved.