一般演題プログラム

11月3日(金) 第1日午前 <第2会場> (小ホール)


09:05〜09:32      統計(1)    座長 福岡 圭介
1. 気管支喘息患児における初発喘鳴の季節と発症原因についてのアンケート調査よる検討
  ○秋野 実咲 1、石垣 信男 1、井田 亜紀子 1、石川 尉子 2、太田 久朗 3、小池 林太郎 4、
    今井 未央 1、松本 居子 5、坂巻 規益子 1、椛沢 靖弘 5、春名 英彦 1
  (1杏林大学医学部小児科、 2横内医院、 3太田クリニック、 4小池医院、 5国立災害医療センタ−)
2. アトピー性皮膚炎患児の気管支喘息合併危険因子のアンケート調査による検討
   ○井田 亜紀子 1、石垣 信男 1、石川 尉子 2、小池 林太郎 3、太田 久朗 4、益原 千加 1、  
   三好 拓也 1、椛沢 靖弘 5、春名 英彦 1 
  (1杏林大学医学部小児科、 2横内医院、 3小池医院、 4太田クリニック、 5国立災害医療センタ−) 
3. 小児慢性特定疾患「気管支喘息」の平成10年度の全国的登録状況 
   ○加藤 忠明1、岩田 力2、森川 昭廣3 
  (1日本子ども家庭総合研究所、2東京大学分院小児科、3群馬大学小児科)
09:32〜10:08    吸入ステロイド    座長 岡野 裕二
4. 吸入ステロイド療法が喘息児の成長に及ぼす影響
  ○山岡 幸司 1、西尾 利一 1、久保田 優 1 
 (1神戸市立中央市民病院 小児科) 
5. 当院においてステロイド吸入を行っている気管支喘息患者の呼吸機能検査の検討
  ○山根 聖子 1
 (1国立療養所松江病院 小児科) 
6. プロピオン酸フルチカゾン長期使用中の気管支喘息児における副腎機能の検討
   ○山田 節1、野崎和之1、小島信行1、勝沼俊雄2、牧口直哉3 
 (1国立小児病院二宮分院、2国立小児病院アレルギー科、3東京慈恵会医科大学青戸病院)

 7. ベクロメサゾン吸入療法が副腎皮質予備能に与える影響 
  ○亀田 誠,井上寿茂,高松 勇,吉田之範,豊島協一郎1,土居 悟 
 (大阪府羽曳野病院アレルギー小児科、1現 とよしま小児科)      
10:08〜10:53    β刺激薬        座長 西川 清
8. 喘息発作時におけるピークフロー・SpO2の検討
  〇前田 昇三、鈴木 幸代 
 (群馬県立がんセンター) 
9. 気管支喘息小児におけるβ刺激剤吸入に対する反応性の検討 −治療との関係について−
   ○横田 孝之 1、足立 陽子 1、岡部 美恵 1、板澤 寿子 1、尾上 洋一 1、足立 雄一 1、宮脇 利男 1
 (1富山医科薬科大学小児科) 

 10.β 2刺激薬貼付剤と内服薬の長期併用における効果と副作用の検討
  ○加藤 摩耶 1、井出 文仁 1、青木 国輝 1、山口 公一 1、岩崎 栄作 1、向山 徳子 1
 (1同愛記念病院 小児科) 
11.小児気管支喘息における β 2 刺激剤吸入時の血中濃度について
  ○長谷川 俊史 1、松原 知代 1、松島 寛 1、古川 漸 1
 (1山口大学医学部小児科) 
12.モルモット気道を用いた吸入β2刺激薬の長期反復曝露による気道壁リモデリングの形成に関する検討
   −フェノテロールとプロカテロールの比較-
  〇西村秀子、徳山研一、大木康史、荒川浩一、加藤政彦、望月博之、森川昭廣
 (群馬大学医学部小児科)
第1日午前 <第3会場> (第5会議室)
09:05〜09:41    サイトカイン(1)    座長 野間 剛
13. 気管支喘息患児単核細胞のTh2細胞特異抗原、CRTH2の発現に与えるCRTH2抗体、BM16の調節作用
   ○野間  剛 1、菅原 陽子 1、藤原 幸子 1、小泉 利香 1、石川 義人 1、佐伯 敏亮 1、川野 豊 1、
    松浦 信夫 1、永田 欽也 2 
  (1北里大学 小児科、 2ビ・エム・エル 研究開発部) 
14. Lipid A 誘導体ONO-4007がヒ卜naive CD4+T細胞の機能的分化に与える影響の検討
   ○飯尾 潤、大村 馨代、目黒 敬章、八角 高裕、片村 憲司、中畑 龍俊
  (京都大学医学部小児科)
15. ダニアレルギー陽性の喘息患者、非発症者ならびにダニアレルギー陰性の健常者におけるカンジダ
    および Df特異リンパ球反応とサイトカイン産生能の比較
     ○竹田 一則 1、柴崎 正修 2、横内 裕佳子 3、野口 恵美子 3、市川 邦男 2、松井 陽 2 
   (1筑波大学 心身障害学系、 2筑波大学 臨床医学系、 3筑波大学 小児科)
16. 病因抗原刺激により誘導される鶏卵アレルギー患児単核細胞のTh2細胞特異抗原、CRTH2の臨床的意義
     ○田中 里佳 1、菅原 陽子 1、石川 義人 1、佐伯 敏亮 1、松浦 信夫 1、永田 欽也 2、川野 豊 1、野間 剛 1
   (1北里大学 小児科、 2ビ−・エム・エル 研究開発部) 
09:41〜10:08    サイトカイン(2)    座長 片村 憲司
17. アレルギー患者におけるIL-12刺激伝達系におよぼすIL-10、IL-4の影響 
   ○青木 美奈子 1、松井 永子 1、渡邊 みづほ 1、金子 英雄 1、寺本 貴英 1、加藤 善一朗 1、伊上 良輔 1、
    坂口 平馬  1、笠原 貴美子 1、近藤 直実 1 
   (1岐阜大学 医学部 小児科) 
18. respiratory syncytial virus (RSV)に対するT細胞応答
    ○舘野 規子 1、勝木 利行 2、下条 直樹 1、河野 陽一 1 
    (1千葉県こども病院 アレルギー科、 2千葉大学 医学部 小児科、 3川鉄千葉病院 小児科)
19.  急速減感作療法による気管支喘息患者のダニアレルゲン特異的サイトカイン産生細胞数の変化
      ○冨板 美奈子 1、下条 直樹 1、杉本 和夫 2、河野 陽一 1
    (1千葉大学 医学部 小児科、 2千葉市立病院)
10:08〜10:35    アレルゲン(1)   座長 松原 知代
20. IgE産生亢進をきたすId2欠損マウスにおけるB細胞クラススイッチの解析
      ○楠 隆 1、菅井 学 2、片貝 智哉 2、細井 進 1、中畑 龍俊 1、清水 章 2、西川 伸一 3、横田 義史 3
    (1京都大学 医学部 小児科、 2京都大学 医学部 遺伝子実験施設、 3京都大学 医学部 分子遺伝学) 
21. 臍帯血ダニ特異的lgE抗体価と乳幼児期のアレルギー性疾患発症との関連性
      ○南部光彦、新宅教顕、清水 健、太田 茂 
    (天理よろづ相談所病院小児科) 
22. 末梢血単球からのIL-12産生能 −年齢による差異について− 
      ○板澤 寿子 1、岡部 美恵 1、山元 純子 1、尾上 洋一 1、足立 雄一 1、村上 巧啓 2、宮脇 利男 1
    (1富山医科薬科大学小児科、 2富山赤十字病院小児科)
第1日午前 <第4会場> (第1リハーサル室)
09:05〜09:32    アレルゲン(2)   座長 山田 政功
23. ゴマアレルギーの臨床的研究(アトピー性皮膚炎児におけるゴマアレルギーの重要性について)
      ○三宅 健 1、三宅 千代美 1
     (1三宅小児科) 
24. アラスタット綜合スクリーニングパネル27の臨床的有用性の検討
      ○金子 家明 1、大鹿 栄樹 1、中野 裕史 1、中山 徹 1、三ッ林 隆志 1、三ッ林 恭子 1、山口 博明 1、
        椎貝 典子 1、岡田 文寿 1、栃木 亮太郎 1、佐々木 望 1、鈴木 五男 2、赤坂 徹 3 
    (1埼玉医科大学 小児科、 2東邦大学第2小児科、 3国立療養所盛岡病院小児科) 
25. 血中Staphylococcal enterotoxin特異IgE抗体の検討
      ○金子 美保 1、松原 知代 1、楳田 真史 1、松島 寛 1、古川 漸 1 
     (1山口大学 医学部 小児科)
09:32〜09:59    アレルゲン(3)   座長 松本 勉
26. アレルギー疾患小児における花粉抗原の臨床的検封
      ○近藤 富雄、中嶋 義紀、小澤 武司、今村 淳 伊藤 玲子、平野 明子、森本 将敬
     (大垣市民病院小児科) 
27. 小児アレルギー疾患におけるゴキブリ抗原関与の検討
      ○奥間 稔 1、飯倉 洋治 2
     (1沖縄県:中頭病院小児科、2昭和大学医学部小児科) 
28. ハムスターに噛まれてアナフィラキシーショックを呈した1例(ハムスターの唾液に対する特異IgE抗体の証明)
      ○三宅 健 1、三宅 千代美 1 
     (1三宅小児科)
09:59〜10:26    予防接種(1)    座長 関根 邦夫
29. 精製人血清アルブミンに対する特異IgE抗体の証明
      ○三宅 健 1、三宅 千代美 1
    (1三宅小児科)
30. アレルギー疾患児における予防接種接種状況の検討
      ○五藤 和子 1、鏑木 陽一 1、志賀 綾子 1、西山 嘉子 1、成相 昭吉 1、黒住 浩子 1、横田 俊平 2 
    (1横浜南共済病院 小児科、 2横浜市立大学 医学部 小児科)
31. アレルギーを伴う重症心身障害児(者)におけるインフルエンザワクチンの安全性と有効性について
      ○村尾 正治、井上 拓也、水内 秀次
    (国立療養所南岡山病院アレルギー科小児科)
10:26〜10:53    予防接種(2)       座長 渡辺 徹

 32. 卵アレルギー児における鶏胚細胞成分に対する特異IgE抗体価の検討
      ○三宅 健 1、三宅 千代美 1
    (1三宅小児科)

 33. インフルエンザワクチンには卵白蛋白は含まれていない
      ○三宅 健 1、三宅 千代美 1
    (1三宅小児科)

 34. 卵アレルギー患児に対する麻疹、インフルエンザワクチン接種の安全性に関する検討
      ○河原 秀俊 1、勝沼 俊雄 1、大矢 幸弘 1、斉藤 博久 1、赤澤 晃 1
    (1国立小児病院アレルギー科)
第1日午前 <第5会場> (第1、第2会議室)
09:14〜09:50    心理・疫学(1)   座長 鈴木 五男
35. 思春期アトピー性皮膚炎患者の母子関係の改善はコンプライアンスの改善をもたらす
      ○益子 育代 1、大矢 幸弘 1、赤澤 晃 1
    (1国立小児病院 アレルギー科) 
36. アトピー性皮膚炎(AD)の乳幼児を抱える母親のストレス構造について
      ○横山 郷子 1 、清水 俊男 2、 黒田 浩司 3
    (1佐久総合病院臨床心理科、2同アレルギー科、3茨城大学人文学部)
37. 小児アレルギー疾患に対する民間療法の現状−アンケート調査より−
      ○鈴木 五男、岡田 麻理、井沢 雅子、栗田 富美子、竹下 由紀子、樺山 浩彦、小渋 達郎、笹本 明義、岸田 勝
        小屋 二六青木 経稔
     (東邦大学医学部第二小児科) 
38. 千葉県の学校現場で把握されている気管支喘息の動向
      ○上原 すゞ子 1、 内藤 博子 2 
     (1千葉大学、埼玉医科大学小児科、2市原市立国分寺台西小学校)
09:50〜10:35    川崎病        座長 早川 浩
39. 川崎病患者におけるMTHFR(methylenetetrahydrofolate reductase)遺伝子多型の検討   
      ○塚原 宏一、平岡 政弘、斎藤 正一、西田 公一、大嶋 勇成、木村 秀樹、下条 文武
        眞弓 光文  
     (福井医科大学小児科、同 臨床検査部)
40. 川崎病患者における一酸化窒素(NO)産生の評価 
      ○塚原 宏一,斎藤 正一,西田 公一,大嶋 勇成,平岡 政弘,眞弓 光文
     (福井医科大学小児科) 
41. 末梢血多核白血球のthromboxane産生能に対するウリナスタチンの効果
      ○在津 正文,浜崎 雄平,辻 功介,宮崎 倫子,早崎 理香 人見 知洋,室 英理子,山本 修一 稲田 安
        小林 育子,市丸 智浩,宮崎 澄雄
     (佐賀医科大学小児科)
42. 川崎病急性期における血清中Granulocyte colony-stimulating factor と過酸化脂質の検討
      ○井上 佳也 1、加藤 政彦 1、岡田 恭典 1、篠原 真 2、小林 富男 2、森川 昭廣 1 
     (1群馬大学小児科、2群馬県立小児医療センター)
43. 川崎病患児における血清中プロカルシトニンについて
      ○岡田 恭典 1、井上 佳也 1、加藤 政彦 1、友政 剛 1、小林 徹 2、渡辺 正之 2、小野 真康 2、森川 昭廣 1 
     (1群馬大学小児科、2済生会前橋病院小児科)


11月4日(土)
第2日午前 <第2会場> (小ホール)
 
09:05〜09:32 喘息治療(1)        座長 平尾 敬男
44. テオフィリンが脳血流におよぼす影響に関する検討
      ○臼井 弘人 1、橋本 光司 1、清水 達也 1、伊東 三吾 2、吉川 弘二 1、大久保 修 1、原田研介1 
     (1日本大学医学部小児科、2都立広尾病院小児科)      
45. 小児気管支喘息治療における呼吸器理学療法の有用性
      ○森田昌雄1、平嶋隆浩2、隅谷 政3     
     (1働福祉事業団浜松労災病院小児科、2同呼吸理学療法士、3同リハビリテーション科)
46. 気管支喘息の自律神経からみた水泳療法の評価 
      ○福富 悌1、 篠田紳司1、 加藤義弘l、有川 一2、今井 一2、近藤直実l
     (1岐阜大学小児科、2同  教育学部)
 
09:32〜10:08    喘息治療(2)     座長 栗原 和幸      
47. 小児気管支喘息患者に対するプランルカストの効果について
      ○岡畠 宏易 1、辻 徹郎 1 
     (1国立大竹病院 小児科)
48. 小児におけるRush Immunotherapy 
      ○岸 幹二 1、三友 正紀 1、紺野 芳雄 2、渋谷 宏司 2、高橋 光 3、菅野 晶夫 4、海上 知子 5、
        市川 陽子 6、鈴木 順造 7 
     (1公立藤田総合病院 小児科、 2公立藤田総合病院 RI検査室、 3公立相馬総合病院 小児科、
        4南会津保健所、 5小澤病院 小児科、6いちかわクリニック、7 福島県立医科大学医学部小児科)      
49. 小児気管支喘息患者における運動誘発性気管支収縮に対するプランルカスト1回投与の効果
      ○琴寄 剛 1、広門 未知子 1、高増 哲也 1、栗原 和幸 1 
     (1神奈川県立こども医療センター アレルギー科)
50. 気管支喘息小児におけるスペーサー使用によるDSCG血漿中濃度および臨床効果の検針
      ○川口 浩史 1、加藤 恭博 2、藤高 道子 1、佐倉 伸夫 1、上田 一博 1  
     (1広島大学医学部小児科、2国立療養所広島病院小児科)
 
10:08〜10:44    救急診療        座長 西野 昌光      
51. 当院における小児救急診療の実態−気管支喘息症例を中心として− 
   ○西野 昌光 1、李 容桂 1、根岸 宏邦 1
   (1高槻病院 小児科) 
52. 乳児喘息の発作の病態ならびに発作治療の実態について
   ○井出 文仁 1、加藤 摩耶 1、青木 国輝1、山口 公一 1、岩崎 栄作 1、向山 徳子 1
   (1同愛記念病院 小児科) 
53. 平成7年度と平成11年度の救急外来受診後入院となった喘息児の比較検討
   ○港 敏則 1、平山 毅 1、高橋 宏暢1、三宅 理 1、吉田 真策 1
   (1公立豊岡病院 小児科) 
54. 当院小児科に初めて入院した喘息児(平成9年)の退院後2年間の検討
   ○神田 康司 1、平林 靖高 1、吉田 智也1、永井 琢人 1、竹内治恵 1、横山 岳彦 1、佐橋 剛 1、後藤 芳充 1、
    福田 革 1、石井 睦夫 1、上村 治1、側島 久典 1、岩佐 充二 1、安藤 恒三郎 1、飯倉 洋治 2  
   (1名古屋第二赤十字病院小児科、2昭和大学医学部小児科)
 
第2日午前 <第3会場> (第5会議室)
 
09:05〜09:41    遺伝(1)        座長 荒川 浩一      
55. 小児の喘息とアトピー性皮膚炎の遺伝的背景 
   ○鈴木 洋一 1、青木 洋子 1、呉 繁夫 1、松原 洋一 1、成澤 邦明 1、大浦 敏博 1、平塚 真弘 2
    水柿 道直 2、遠藤 廣子 3、高柳 玲子 3、森川 利夫 4、森川 みき 5、宮林 重明5、永井 幸夫 5、大竹 正俊 5
   (1東北大学大学院医学系研究科遺伝病学分野、 2東北大学医学部附属病院薬剤部、 3東北労災病院小児科、 
    4森川小児科医院、 5東北喘息アレルギー病因調査プロジェクト)

56. TNFα遺伝子転写調節領域の多型と小児気管支喘息発症との関連  
   ○横内 裕佳子 1、柴崎 正修 1、野口 恵美子 2、竹田 一則 1、小林 公子 2、有波 忠雄 2、松井 陽 1
   (1筑波大学小児科、同 遺伝医学、 2筑波大学 小児科、3同 遺伝医学) 
57. アレルギー疾患における遺伝子多型の検討−特にIFN-γR2およびIL-4Rαについて−
   ○田中 洋子 1、松井 永子 1、渡辺 みづほ      1、青木 美奈子 1、金子 英雄 1、寺本 貴英 1、
    加藤 善一郎 1、伊上 良輔 1、寺田 知新 1、笠原 貴美子 1、近藤 直実 1
   (1岐阜大学医学部小児科) 
58. アトピー候補遺伝子(IL-4とIL-4R)とネフローゼ症候群との関連
   〇小林 靖子、荒川 浩一、田村 一志、渡部 登志雄、加藤 政彦、望月 博之、徳山 研一、森川 昭廣 
   (群馬大学医学部小児科)
 
 09:41〜10:08    遺伝(2)       座長 市丸 智浩      
59. 気管支喘息におけるIRF-1遺伝子の多型解析
   ○野口 恵美子 1、柴崎 正修 2、横内 裕佳子 2、竹田 一則 2、市川 邦男 2、松井 陽 2、小林 公子 1、有波 忠雄 1
   (1筑波大学基礎医学系遺伝医学、 2筑波大学臨床医学系小児科)
60. 細胞内シグナル伝達物質STAT6(signal transducer and activator6)遺伝子のexon1におけるGT繰返し配列の
    新規多型とアレルギー疾患との関連
   〇田村 一志、荒川 浩一、鈴木 幸代、加藤 政彦、望月 博之、徳山 研一、森川 昭廣
   (群馬大学医学部小児科) 
61. 細胞内シグナル伝達物質STAT6(signal transducer and activator6)遺伝子の新規多型とアレルギー疾患
   〇鈴木 道子、荒川 浩一、田村 一志、望月 博之、加藤 政彦、徳山 研一、森川 昭廣 
   (群馬大学医学部小児科)
 
 10:08〜10:53    感染          座長 永山 洋子      
62. 気管支喘息児に対するインフルエンザワクチンの効果について
   ○後藤 幹生 1、松吉 創太郎 1、青木 盛 1、熊田 知浩 1、武藤 庫参 1、廣瀬 安之 1 
   (1市立島田市民病院 小児科) 
63. 小児下気道感染症および気管支喘息発作における Chlamydophila pneumoniae感染の関与について
   ○松島 寛 1、長谷川 俊史 1、楳田 真史 1、金子 美保 1、松原 知代 1、古川 漸1
   (1山口大学 医学部 小児科) 
64. 乳幼児RSウイルス感染症の臨床アレルギー学的検討
   ○川尻 美和 1、清水 俊男 2、荒川 泰子1、鈴木 尊裕 1、鈴木 雅人 1、細谷 まち子 1、牛久 英雄 1 
   (1長野県厚生連佐久総合病院小児科、2 同 アレルギー科) 
65. 細菌性下気道感染と小児気管支喘息発作との関係についての検討 
   ○高村まゆみ、鈴木章市、今井孝成、吉田英生、趙 京、小田嶋安平、飯倉洋治
   (昭和大学医学部小児科学教室) 
66. 小児期に於けるウイルス感染症と喘息発作との関係についての検討
   ○山岡明子、高村まゆみ、鈴木章市、今井孝成、吉田英生、趙 京、小田嶋安平、飯倉洋治
   (昭和大学医学部小児科学教室)
 
第2日午前 <第4会場> (第1リハーサル室)
 
 09:05〜09:50    好酸球(1)      座長 海老沢 元宏      
67. IL-5による好酸球の機能におけるphosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) の役割
   〇茂木洋一1、加藤政彦2、森川昭廣2、紀太博仁3 
   (1本島総合病院小児科、2群馬大学医学部小児科、3Mayo Clinic and Foudation, USA) 
68. クループ症候群における血中ECPの検討 
   ○平野 幸子 1、池谷 紀代子 1、村杉 寛子 1、江波戸 景子 1、中山 智博 1、山岡 光子 1、大澤 真木子 1 
   (1東京女子医科大学 小児科) 
69. 小児アトピー性皮膚炎における尿eosinophil derived neurotoxin(EDN)の有用性の検討
   ○谷内 昇一郎 1、小島 崇嗣 2、山本 明美 1、笹井 みさ 1、小林 陽之助 1
   (1関西医科大学 小児科、 2小島医院)      
70. 好酸球の気道上皮トランスマイグレーションにおけるケモカインの役割  
   ○清水 俊男 1、紀太 博仁 2 
   (1長野県厚生連佐久総合病院アレルギー科 2メイヨークリニック)
71. 好酸球活性化における各種β刺激剤の抑制効果 
   ○橘 淳、加藤 政彦、藤生 徹、鈴木 雅登、嵯峨 礼子、荒川 浩一、望月 博之、徳山 研一、森川 昭廣
   (群馬大学医学部小児科)
 
 09:50〜10:26    好酸球(2)      座長 加藤 政彦      
72. リポ多糖(LPS)はアレルゲン感作したラット気道に好酸球浸潤を惹起する
   ○平田 英彦 1、伊藤 朱美 1、若宮 辰嘉 1、鈴木 聖子 1、伊藤 浩明 1、坂本 龍雄 1、鳥居 新平 1 
   (1名古屋大学 小児科)
73. 気管支喘息児の好酸球におけるP-Selectin Glycoprotein Ligand-1(PSGL-1)発現の検討
   ○塚原 みどり1,石原 千詠1,落合 賢一2,井上 清文1,松山 剛1,冨岡 玖夫2、小屋 二六1
   (1東邦大学医学部佐倉病院小児科、2東邦大学医学部佐倉病院内科)
74. G蛋白質共役型受容体を介したヒト好酸球の活性化・好中球との比較
   ○鈴木 雅登、加藤 政彦、橘 淳、藤生 徹、嵯峨 礼子、荒川 浩一、望月 博之、徳山 研一、森川 昭廣 
   (群馬大学医学部小児科) 
75. G蛋白質共役型受容体を介したヒト好酸球の活性化
   ○藤生 徹、加藤 政彦、橘 淳、鈴木 雅登、嵯峨 礼子、荒川 浩一、望月 博之、徳山 研一、森川 昭廣
   (群馬大学医学部小児科) 
 
10:26〜10:53    食物アレルギー(1)  座長 岡田 昌彦      
76. 乾燥食品粉末を用いた食物経口負荷試験の検討
   ○森澤  豊 1、河原 秀俊 1、渡辺 博子 1、石井 徹仁 1、須田 友子 1、大矢 幸弘 1、勝沼 俊雄 1、赤澤 晃 1
   (1国立小児病院アレルギー科) 
77. おやきによる卵白負荷試験の有用性
   ○大西敏雄 
   (八戸の里病院小児科) 
78. 卵白および牛乳経口負荷試験の即時型反応と血清特異IgE値との関係について
   ○丹羽久生、青天目信、谷口英俊、高橋まり、白石  淳、西端健司
   (りんくう総合医療センタ一市立泉佐野病院小児科)
 
 第2日午前 <第5会場> (第1、第2会議室)
 09:05〜09:41    統計(2)        座長 池辺 敏市
79. 気管支喘息発作と気象とくに光との関連についての検討
   ○数間 紀夫 1、白瀬 江里奈 1、松岡 郁美 1、大谷 智子 1 
   (1東京女子医科大附属第二病院 小児科)      
80. 非飼育家庭の喘息児におけるネコ・イヌによる感作状況についてー地方と都市部との比較
   ○市川 邦男 1、柴崎 正修 1、浜野 建三 2、岩崎 栄作 3、馬場 実 3、松井 陽 1
   (1筑波大学 臨床医学系 小児科、 2北茨城市立総合病院 小児科、      3同愛記念病院 小児科)
81. 小学6年生におけるIgE値の検討
   ○松岡 優 1、中山 寛 1、中川 礼子 1、宮本 紀子 1、山下 和子
   (1徳島市民病院)
82. 国立小児病院アレルギー科入院患者20年の変遷
   ○石井 徹仁 1、勝沼 俊雄 1、渡辺 博子 1、須田 友子 1、森澤 豊 1、河原 秀俊1、大矢 幸弘 1、赤澤 晃 1、
    飯倉 洋治 2
   (1国立小児病院 アレルギー科、 2昭和大学医学部)      
 
09:41〜10:26    心理・疫学(2)      座長 杉本 日出雄
83. 施設入院療法の効果の心理面からの検討−国立療養所中央共同研究「小児慢性疾患の治療と管理に関する研究班」報告より−
   ○赤坂 徹 1、増田 敬 2、小原 理枝子 2、和田 博泰 2、杉本 日出雄 3、西牟田 敏之 4
   (1国立療養所盛岡病院臨床研究部小児科、2国立療養所盛岡病院小児科、 3国立療養所東埼玉病院小児科、 
    4国立療養所下志津病院小児科)
84. 施設入院療法の効果の運動面からの検討−国立療養所中央共同研究「小児慢性疾患の治療と管理に関する研究班」報告よリ−
   ○杉本 日出雄1、松原 和樹1、小俣 貴嗣1、関根 邦夫2、西牟田 敏之2 他
   (国立療養所東埼玉病院小児科2)国立療養所下志津病院小児科)
85. 小児アレルギー外来における保護者の受療行動に関する研究 第1報 −受診先変更に関する相談の有無と変更理由との関連−
   ○橋本 佳美 1、大脇 淳子 1、太田 ひろみ 1、石垣 信男 2 
   (1杏林大学保健学部母子看護学、 2杏林大学医学部小児科学)
86. 小児アレルギー外来における保護者の受療行動に関する研究 第2報
    −医師および病院に対する満足度と継続受診意志におよぼす要因−
   ○大脇 淳子 1、太田 ひろみ 1、橋本 佳美 1、石垣 信男 2
   (1杏林大学保健学部母子看護学、 2杏林大学医学部小児科学)
87. 小児アレルギー外来における保護者の受療行動に関する研究 第3報
       −医師および病院に対する満足度と継続受診意志におよぼす要因(アトピー性皮膚炎と気管支喘息との比較)− 
      ○太田 ひろみ 1、橋本 佳美 1、大脇 淳子 1、石垣 信男 2 
     (1杏林大学保健学部母子看護学、 2杏林大学医学部小児科学)
 
 10:26〜10:53    喘息治療(3)        座長 小野 厚      
88. 小児鼻出血とアレルギー 
   ○三邉 武幸 1、松井 猛彦 2 、三好 彰 3 、程 雷 3 
   (1都立荏原病院耳鼻咽喉科、2都立荏原病院小児科、3南京医科大学国際鼻アレルギーセンター)      
89. 喘息外来患者における喘息重症度と治療点数の関係
   ○宮沢 麗子 1,2、田端 雅彦 2、岡本 美穂 2、吉沢 幸弘 2、鈴木 僚子 2、大木 康史 2、桑島 信 2、竹内 東光 2
    西村 秀子 3、荒川浩一 3、森川昭廣 3 
     (1原町赤十字病院小児科、2桐生厚生総合病院小児科、3群馬大学付属病院小児科) 
90. 骨密度低下の認められた喘息患児についての検討
   ○中村 凱次、渡辺 康宏、渡部 基信、津田 明美、林 修平
   (福井赤十字病院小児科)
 
第2日午後<第3会場> (第5会議室)
 
14:00〜14:36    喘息治療(4)        座長 和田 博泰      
91. 施設入院療法の効果のアレルゲンの面からの検討 
    −国立療養所中央共同研究「小児慢性疾患の治療と管理に関する研究班」報告より−
   ○東川 昌紀 1、本村 知華子 1、田中 能文 1、小田嶋 博 1、西間 三馨 1、杉本 日出雄 2、西牟田 敏之 3 
   (1国立療養所南福岡病院、 2国立療養所東埼玉病院、 3国立療養所下志津病院)
 92. アレルギー性疾患患児におけるネコ抗原除去指導の効果について
   ○足立 陽子 1、浜道 美紀 1、尾上 洋一 1、岩谷 雅子 1、萱原 昌子 1、足立 雄一 1、村上 巧啓 2、宮脇 利男 1
   (1富山医科薬科大学小児科、 2富山赤十字病院小児科)      
93. 家庭における動物飼育と動物アレルギー−小児科外来受診患者のアンケート調査結果−
   ○渡辺 徹 1、梅津 愛子 2、木村 健修 2、島野 由美 2、田中 洋子 2、山中 樹 2、我妻 浩治 2、綿谷 靖彦 2
    我妻 義則 3 
   (1手稲渓仁会病院 小児科、 2北海道子供のアレルギーの会、3わがつまこどもクリニック)
 94. 『気管支喘息問診表』の研究(第1報)
   ○岡本 茂 1 
   (1公立宇出津総合病院)
 
 14:36〜15:21    喘息治療(5)        座長 末廣 豊      
95. 気管支喘息治療におけるピークフロー値(PEF)記録の有用性に関するアンケート調査
   ○西田 光宏 1、山本 崇晴 2、本郷 輝明 3、藤井 裕治 3 
   (1共立湖西総合病院小児科、 2県西部浜松医療センター 小児科 3浜松医科大学小児科)
96. 気管支喘息児のピークフローメーターによる発作管理
   ○亀崎 佐織、福井 徹哉、末廣 豊
   (大阪府済生会中津病院 小児科,免疫・アレルギーセンター)      
97. 施設入院療法前後の発作と治療状況について
    −国立療養所中央共同研究「小児慢性疾患治療と管理に関する研究班」報告より−
   ○渡辺博子1、関根邦夫1、杉本日出雄2、西牟田敏之1
   (1国立療養所下志津病院、2国立療養所東埼玉病院)      
98. 小児気管支喘息の短期入院療法と長期入院療法
   ○堀川 雅浩
   (国立療養所宮城病院小児科)
99. 幼稚園および学校における相談ネットワークの試み
   ○堀内 康生 
   (大阪教育大学保健)
 
 15:21〜16:06    食物アレルギー(2)      座長 太田 展生      
100.乳幼児のアレルギー疾患の発症に妊娠中の母親の食生活が与える影響に関する検討(第二報)
   ○牛山 優 1、坂井 堅太郎 1、小松 龍史 1、山本 茂 1、篠原 示和 2、松本 健治3、森沢 豊 3、倉繁 隆信 2
   (1徳島大学医学部栄養学科、 2高知医科大学小児科学教室、 3国立小児病院アレルギー科)
 
 101.千葉県佐倉市における食物アレルギー実態調査
   ○青柳 正彦1、小島 博之1、佐藤 一樹1、渡辺 博子1、関根 邦夫1、西牟田 敏之1、内田佐 太臣2
   (1国療下志津病院、2千葉県船橋保健所)
102.アレルギー低減化大豆の有用性について
   ○太田 展生1、有田 孝司2、市岡 隆男3、伊藤 進4、榎木 新也5、小倉 秀郎6、久寿 正人7、小谷 信行8 
    西川 清9 、福岡 圭介10 
   (1高松平和病院、2愛媛生協病院、3健保鳴門病院、4香川医大、5徳島健生病院、6国療東高知病院、7県立今治病院
    8松山日赤、9西川クリニック、10福岡医院)
103.不明瞭な食品ラベルに関するアンケート調査
   ○和田 映子 1、各務 美智子 2、川口 博史 2、徳田 玲子 2、近藤 康人 2、宇理須 厚雄 2、山田 一惠 3 
   (1和田クリニック、 2藤田保健衛生大学小児科、 3山田医院)
104.食物アレルゲンによる気道症状に関する検討
   ○小倉 由紀子1、小倉 英郎1、厨子 徳子2、篠原 示和3
   (1国立療養所東高知病院小児科、2高知県立安芸病院小児科、3細木病院小児科)
 
第2日午後 <第4会場>(第1リハーサル室)
 
 14:00〜14:36    気道炎症(1)          座長 石垣 信男
105.小児気管支喘息における呼気中NOと血清ECP測定の意義
   ○本村 知華子 1、西尾  健 1、中尾 文也 1、小田嶋 博 1、西間 三馨 1 
   (1国立療養所南福岡病院 小児科) 
106.小児気管支喘息における痰中のCreola BodyとIL-8,好中球エラスターゼの関連性
   ○山田 裕美 1、吉原 重美 1、西倉 潔 1、小野 三佳 1、渡辺 慎 1、福田 典正1、阿部 利夫 1、有阪 治 1
   (1獨協医科大学 小児科) 
107.ヒト培養上皮細胞におけるオゾン曝露と細胞内のレドックス状態について
   ○戸所 誠1、望月 博之1、嵯峨 礼子1、加藤 政彦1、荒川 浩一1、徳山 研一1、宇都木 光克2、土橋 邦生2
    森 昌朋2、森川 昭廣1
   (1群馬大学医学部小児科、2同第一内科)      
108.オゾン吸入下におけるヒスタミン吸入試験の気道上皮に及ぼす影響
   ○嵯峨礼子、望月博之、荒川浩一、加藤政彦、徳山研一、森川昭廣
   (群馬大学医学部小児科)
 
 14:36〜15:12    気道炎症(2)          座長 藤沢 隆夫      
109.喘息寛解患者のアセチルコリン閾値測定の意義について
   ○井口 光正 1、勝又 元 1、藤澤 隆夫 1、神谷 齊 1、寺田 明彦 2 
   (1国立療養所三重病院小児科、 2名古屋市立大学医学部小児科)      
110.運動誘発性喘息と呼気中一酸化窒素の検討
   ○寺田 明彦 1、藤澤 隆夫 2、勝又 元  2、井口 光正 2 
   (1名古屋市立大学 医学部 小児科、 2国立療養所三重病院 小児科)      
111.幼若マウスの喘息モデルにおける感作抗原量と気道過敏性獲得との関連の検討
   ○大木 康史1、徳山 研一2、佐藤 哲 2、嵯峨 礼子2、西村 秀子2、荒川 浩一2、加藤 政彦2、望月 博之2
    森川 昭廣2
   (1桐生厚生総合病院小児科、2群馬大学小児科)      
112.幼若マウスの喘息モデルにおける感作抗原量と病理組織像との関連の検討
   ○佐藤 哲1、徳山 研一2、大木 康史2、嵯峨 礼子2、西村 秀子2、荒川 浩一2、加藤 政彦2、望月 博之2
    森川 昭廣2
   (1前橋赤十字病院小児科、2群馬大学医学部小児科)
 
15:12〜15;48    アトピー性皮膚炎(1)      座長 下条 直樹      
113.小児アトピー性皮膚炎患者における卵白特異的リンパ球増殖反応
   ○木村 光明 1、山出 晶子 1、鶴田 悟 1、吉田 隆實 1
   (1静岡県立こども病院 感染免疫アレルギー科)      
114.小児アトピー性皮膚炎患者における牛乳特異的リンパ球増殖反応
   ○木村 光明 1、山出 晶子 1、鶴田 悟 1、吉田 隆實 1 
   (1静岡県立こども病院 感染免疫アレルギー科)      
115.アトピー性皮膚炎児における末梢血リンパ球上のCLA(cutaneous lymphocyte antigen)の発現と可溶型E-selectinの検討
   ○井上 拓也 1、角  勇二 2、浦上 知子 2、萬木 章 2、喜多村 哲朗 3、西内 律雄 2、水内 秀次 1
    村尾 正治 1、池田 政憲 3、小田 慈 4、清野 佳紀 2 
   (1国立療養所南岡山病院小児科、 2岡山大学小児科、 3日本鋼管福山病院小児科、 4岡山大学保健学科) 
116.乳幼児アトピー性皮膚炎患児における血清NOx値とエンドセリン−1値との関係
   ○小島崇嗣1、2、谷内昇一郎2、山本明美2、 笹井みさ2、小林陽之助2 
   (1島医院、2関西医大小児科)
 
15:48〜16:42    アトピー性皮膚炎(2)      座長 伊藤 節子
117.簡易無菌装置を用いた小児アトピー性皮膚炎の治療
   ○篠田 紳司 1、伊上 良輔 2、寺本 貴英 2、深尾 敏幸 2、福富 悌 3、近藤 直実 2
   (1郡上中央病院小児科、 2岐阜大学医学部小児科、3福富医院)
118.アトピー療育キャンプ 
   ○岡部 貴裕 1
   (1小倉記念病院 小児科)
119.アトピー性皮膚炎の新治療法:自己血療法による食物アレルゲン耐性導入法
   ○坂谷 達一郎 1 
   (1さかたに小児科)
120.アトピー性皮膚炎における経皮的水分喪失量と血清IgE値および好酸球数との関連
   ○鈴木 幸代1、前田 昇三1、荒川 浩一2、西村 秀子2、森川 昭廣2
   (1群馬県立がんセンター、2群馬大学医学部小児科)

 121.健康小児パイエル板T細胞のβーラクトグロブリンに対する免疫応答の解析
   ○永田 智 1、工藤 孝広 1、鈴木 竜洋 1、山城 雄一郎 1
   ( 1順天堂大学医学部小児科)

 122.クローン病患者パイエル板リンパ球の病態発症への関与に関する検討
   ○永田 智 1、工藤 孝広 1、鈴木 竜洋 1、山城 雄一郎 1
   (1順天堂大学医学部小児科)

ポスターセッション
 
第2日午前 <第7会場> (小展示ホール)
09:05〜09:25    喘息治療(6)          座長 土居 悟
P1. pranlukastが有効だった非アトピー型重症乳児喘息の2例
   ○大林 幹尚 1、小山 典久 1 
   (1豊橋市民病院 小児科) 
P2. プランルカストが著効した、アスピリン喘息を合併した重症気管支喘息の1小児例
   ○鈴木 聖子 1、伊藤 朱美 1、若宮 辰嘉 1、平田 英彦 1、坂本 龍雄 1 
   (1名古屋大学 医学部 小児科) 
P3. ステロイド治療に抵抗を示す気管支喘息にプランルカストを併用し発作が軽減した一小児例
   ○阿部 利夫、小野 三佳、山田 裕美、吉原 重美、有阪 治
   (獨協医科大学小児科)
P4. Budesonide 定時吸入により改善し得た乳児難治性喘息の3例
   ○須田 友子、勝沼 俊雄、石井 徹仁、河原 秀俊、森澤 豊、渡辺 博子、大矢 幸弘、赤澤 晃
   (国立小児病院アレルギー科)
 
 09:25〜09:40    喘息治療(7)          座長 三好 麻里
P5. 早期のイソプロテレノール持続吸入療法により救命し得た意識障害を伴う喘息大発作(ニアミス)の1例
   ○浜道 裕二 1、西田 巳香 2、岡部 敬  2、三浦 正義 2、足立 雄一 3、宮脇 利男3 
   (1黒部市民病院小児科、 2富山市民病院小児科、 3富山医科薬科大学小児科) 
P6. 吸入麻酔薬イソフルレンにて救命できた2才喘息女児
   ○田中 秀典 1、岡村 由美子 1、横地 真樹 1、大野 敏行 1、田中 壮一 1 
   (1小牧市民病院 小児科)
P7. 気管支喘息中学生の自殺企図によるテオフィリン中毒の2症例
   ○菅野 訓子 1,2、吉原 重美 1、根岸 正穂 1、山田 裕美 1、福田 典正 1、平尾 準一 1、渡辺 慎 1,3、
    安藤 保 1,3、有阪 治 1 
   (1獨協医科大学小児科、 2西方病院小児科、 3猿島赤十字病院小児科) 
 
09:40〜09:55    消化管アレルギー         座長 柴田瑠美子      
P8. 好酸球増多症を伴った食物アレルギーの一乳児例/血清サイトカインの検討
   ○宮田 康弘 1、釼持  学 1、小川 倫史 1、石川 義人 1、藤原 幸子 1、小泉 利香 1、菅原 陽子 1
    佐伯 敏亮 1、川野  豊 1、野間  剛 1、松浦 信夫 1 
   (1北里大学 小児科)
 P9. 遅延型消化管アレルギーと考えられた6症例についての検討
   ○山出 晶子 1、木村 光明 1、鶴田 悟 1、吉田 隆実 1 
   (1静岡県立こども病院 感染免疫アレルギー科)
 P10.メイアクトによる薬疹に急性膵炎を合併した一例
   ○竹内 治恵 1、神田 康司 1、平林 靖高 1、永井 琢人 1、吉田 智也 1、横山 岳彦 1、佐橋 剛 1
    後藤 芳充 1、福田 革 1、石井 睦夫 1、上村 治 1、側島 久典 1、岩佐 充二 1、安藤 恒三郎 1 
   (1名古屋第二赤十字病院 小児科) 
 
09:55〜10:10    アナフィラキシー          座長 岡畠 宏易      
P11. ミルクアレルギーを発症した未熟児3症例 −IgE抗体H鎖可変部領域遺伝子発現の解析−
   ○隅越 誠 1、柏木 好 2、荻野 純代 1、島貫 郁 3、野々山 勝人 4、坂東 由紀1、羅 智靖 5
   (1北里大学小児科、 2相模原協同病院小児科、 3北里研究所メディカルセンター病院小児科、 4北里大学医学部感染症学
    5順天堂大学 アトピー疾患研究センター) 
P12. 加工食品中の粉末油脂成分によりアナフラキシーを呈した2症例
   ○柴田 瑠美子 1、中尾 文也 1、西間 三馨 1
   (1国立療養所南福岡病院小児科)
P13. 花粉の大量吸入が原因と思われるアナフィラキシーショックの一例
   ○河野 一輝、上田 晴雄、川口 浩史、藤高 道子、藤田 直人、西村 真一郎、佐倉 伸夫、上田 一博
   (広島大学小児科)
 
10:10〜10:30    喘息・その他                 座長 岸 幹二 
P14. 正球性正色素性貧血を来したRSV細気管支炎の2例
   ○西田 俊彦 1、川野 豊 1
   (1横浜赤十字病院小児科) 
P15. くりかえす喘鳴にもかかわらず気管支喘息を否定された学童例
   ○高増 哲也 1、広門 未知子 1、琴寄 剛 1、栗原 和幸 1 
   (1神奈川県立こども医療センターアレルギー科)

 P16. 軽症持続型であったが喘息死した中学3年生の一例
   ○伊藤 浩明 1、坂本 龍雄 2、鳥居 新平 2
   (1国立名古屋病院 小児科、 2名古屋大学 小児科)
P17. 室内化学物質が喘息症状の発症・悪化に関与したと考えられた2症例
   ○岸田 勝 1、井澤 雅子 1、坂本 浩一 1、岡田 麻里 1、中園 宏紀 1、栗田 富美子 1、竹下 由紀子 1
    笹本 明義 1、松本 広伸 1、樺山 浩彦 1、内山 宏幸 1、小渋 達郎 1、鈴木 五男 1
   (1東邦大学医学部大橋病院第2小児科学教室)
 
 10:30〜10:55    自己免疫疾患            座長 鈴木 順造      
P18. 食物アレルギーを伴った自己免疫性好中球減少症(AIN)の一幼児例
   ○泰永美 千穂1、 中田 勝次2 
   (1高槻赤十字病院アレルギー科,小児科、2同 病理部)
P19. アトピー性皮膚炎患児に発症し診断に難渋した化膿性仙腸関節炎の一例
   ○大野 邦彦、松尾 敏、山森 亜紀、小田 部修、伊藤 陽里、渡部 玉蘭、長村 敏生、清澤 伸幸
   (京都第二赤十字病院小児科) 
P20. 髄膜炎を合併したMCTDにおけるIL-18の検討
   ○渡辺 みづほ 1、金子 英雄 1、加藤 善一郎  1、伊上 良輔 1、寺本 貴英 1、青木 美奈子 1、久保寺 訓子 1
    松井 永子 1、笠原 貴美子 1、近藤 直実 1 
   (1岐阜大学医学部小児科)
P21. 種々の牛乳アレルギー治療用ミルクに対して過敏反応を示し治療に苦慮した牛乳による腸管アレルギーの2症例
   ○山口 賢一 1、舘野 規子 1、冨板 美奈子  1、下条 直樹 1、河野 陽一 1 
   (1千葉大学医学部小児科) 
P22. 多彩な臨床経過を呈したCINCA症候群(慢性乳児期発症-神経-皮膚-関節症候群)の一例
   ○河野 美幸、荒川 浩一、西村 秀子、望月 博之、加藤 政彦、徳山 研一、森川 昭廣
   (群馬大学医学部小児科) 
 
 
 
     


ホームに戻る

 

インデックスに戻る