プログラム

PDF モーニングセミナー(8KB)
PDF ランチョンセミナー(153KB)
PDF イブニングセミナー(13KB)
PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。

I.会長講演

挑戦の一瞬
日時:平成23年6月16日(木曜日)11時~11時45分
会場:第1会場
司会: 自治医科大学 今井  正
演者: 東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 佐々木 成

II.招請講演

3.New insights into the dynamic regulation of water and acid/base balance by renalepithelial cells
日時:平成23年6月17日(金曜日)10時45分~11時30分
会場:第1会場
司会: 京都府立医科大学大学院医学研究科細胞生理学 丸中 良典
演者: Program in Membrane Biology Division of Nephrology, Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, USA Dennis Brown
1.The regulation of salt transport and blood pressure by the WNK-SPAK/OSR1-NCC/NKCC2 signalling pathway
日時:平成23年6月15日(水曜日)15時~16時
会場:第1会場
司会: 東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 内田 信一
演者: MRC Protein phosphorylation Unit University of Dundee, UK Dario Alessi
2.Angiogenic Factors and Glomerular Barrier Function
日時:平成23年6月15日(水曜日)16時~17時
会場:第1会場
司会: 新潟大学大学院附属腎研究施設構造病理学 山本  格
演者: Mount Sinai Hospital, Canada Susan Quaggin

III.特別講演

1.The Sea Within Us: Molecular Mechanisms of Disorders of Water Homeostasis
日時:平成23年6月16日(木曜日)13時30分~14時30分
会場:第1会場
司会: 東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 佐々木 成
演者: University of Colorado School of Medicine, Denver, Colorado Robert W. Schrier
2.「生きているってすばらしい」(JSDTとの共催特別講演)
日時:平成23年6月17日(金曜日)13時30分~14時30分
会場:第1会場
司会: 昭和大学医学部内科学講座腎臓内科学部門 秋澤 忠男
東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 佐々木 成
演者: 諏訪中央病院名誉院長 鎌田  實

IV.総会長主導企画

(1)挑戦シリーズ
1.夢は見ないと実現しない:一分子生理学
日時:平成23年6月16日(木曜日)15時30分~16時10分
会場:第15会場
司会: 大阪大学大学院医学系研究科生体システム薬理学 金井 好克
演者: 早稲田大学理工学術院物理学科 木下 一彦
2.動物の形作りと細胞達のつぶやき ~管上皮構築をモデルとして~
日時:平成23年6月17日(金曜日)10時~10時40分
会場:第13・14会場
司会: 東京大学大学院医学系研究科小児科 五十嵐 隆
演者: 奈良先端科学技術大学分子発生生物学分野 高橋 淑子
3.オートファジーの生理的役割
日時:平成23年6月17日(金曜日)15時~15時40分
会場:第13・14会場
司会: 東北大学大学院附属創生応用医学研究センター トランスレーショナル医学研究分野 宮田 敏男
演者: 東京医科歯科大学細胞生理学分野 水島  昇
(2)CKD診療ガイドラインの評価とCKDの最近の動向
日時:平成23年6月15日(水曜日)15時~17時
会場:第2会場
司会: 聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科 木村健二郎
東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 佐々木 成
1.CKD診療ガイドラインの作成の経験と今後の課題
 東京医科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 佐々木 成
2.ガイドライン作成におけるコンセンサス形成過程
 聖路加国際病院 福井 次矢
3.エビデンス・レベルをぶっとばせ
 京都大学大学院医学系研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野 福原 俊一
4.診療ガイドラインの法的課題
 東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学 津谷喜一郎
5.CKD病期分類の動向と今後の課題
 名古屋大学大学院腎臓内科 今井 圓裕
6.糖尿病(性)腎症
 金沢医科大学糖尿病・内分泌内科 古家 大祐
(3)IgA腎症の治療:扁桃摘出+ステロイドパルス療法
日時:平成23年6月16日(木曜日)8時30分~10時30分
会場:第1会場
司会: 愛知医科大学腎臓・リウマチ膠原病内科 今井 裕一
東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 川村 哲也
1.オーバービュー
 愛知医科大学腎臓・リウマチ膠原病内科 今井 裕一
2.retrospective study-1 扁桃摘出の患者層と結果
 神戸大学腎臓内科/腎・血液浄化センター 西  愼一
3.扁摘パルス療法の効果と限界―患者立脚アウトカム指標としての“寛解”の観点からの考察―
 仙台社会保険病院腎臓疾患臨床研究センター 佐藤 光博
4.IgA腎症に対する扁桃摘出とステロイドパルス療法:全国調査と治療抵抗性予測因子の解析
 愛知医科大学腎臓・リウマチ膠原病内科 三浦 直人
5.扁桃摘出+ステロイドパルスvs.ステロイドパルス単独療法の非ランダム化比較試験―どの患者層に有効か?
 宮崎大学医学部附属病院第一内科 小松 弘幸
6.扁摘・ステロイドパルス療法のランダム化比較試験
 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 宮崎 陽一
総合討論

V.学会主導企画

特別企画1(3年間継続)
AKI(Acute Kidney Injury)
日時:平成23年6月16日(木曜日)13時30分~15時30分
会場:第13会場
司会: 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科学講座 寺田 典生
金沢大学腎臓内科 和田 隆志
1.AKIと多臓器連関
 藤田保健衛生大学腎臓内科 湯澤由紀夫
2.AKIの早期バイオマーカー
 東京大学医学部血液浄化療法部 野入 英世
3.AKIと炎症
 金沢大学医学部附属病院血液浄化療法部 古市 賢吾
4.集中治療領域におけるAKI パート2
 東京慈恵会医科大学附属病院麻酔科集中治療部 内野 滋彦
5.AKIの尿細管の再生機序と今後の展開
 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科 寺田 典生
特別企画2
よくわかるシリーズ
よくわかるシリーズ1:iPS細胞
日時:平成23年6月16日(木曜日)14時30分~15時
会場:第15会場
司会:徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部小児科 香美 祥二
演者:京都大学iPS細胞研究所 長船 健二
よくわかるシリーズ2:降圧薬の使い分け
日時:平成23年6月16日(木曜日)15時~15時30分
会場:第15会場
司会:大阪大学老年・腎臓内科 猪阪 善隆
演者:東京大学医学部附属病院検査部 下澤 達雄
よくわかるシリーズ3:二次性高血圧のUpdateと早期診断のこつ
日時:平成23年6月16日(木曜日)16時10分~16時40分
会場:第15会場
司会:熊本大学腎臓内科 冨田 公夫
演者:東北大学大学院医学研究科腎・高血圧・内分泌科 佐藤 文俊
よくわかるシリーズ4:AKIとCKDのバイオマーカー
日時:平成23年6月16日(木曜日)16時40分~17時10分
会場:第15会場
司会:日本医科大学内科 飯野 靖彦
演者:京都大学大学院医学研究科臨床病態医科学内分泌代謝内科 森   潔
よくわかるシリーズ5:プロテオミクス
日時:平成23年6月16日(木曜日)17時10分~17時40分
会場:第15会場
司会:杏林大学薬理学 櫻井 裕之
演者:新潟大学大学院附属腎研究施設構造病理学 山本  格
よくわかるシリーズ6:Naの異常
日時:平成23年6月17日(金曜日)8時30分~9時
会場:第13・14会場
司会:自治医科大学さいたま医療センター総合医学第一 石川 三衛
演者:大阪労災病院腎臓内科 山内  淳
よくわかるシリーズ7:カリウム代謝異常
日時:平成23年6月17日(金曜日)9時~9時30分
会場:第13・14会場
司会:自治医科大学腎臓内科 武藤 重明
演者:慶應義塾大学医学部内科 門川 俊明
よくわかるシリーズ8:急速進行性糸球体腎炎の治療法の進歩と今後の課題
日時:平成23年6月17日(金曜日)9時30分~10時
会場:第13・14会場
司会:杏林大学医学部第一内科 有村 義宏
演者:筑波大学大学院人間総合科学研究科腎臓内科 山縣 邦弘
よくわかるシリーズ9:膜性腎症:日本における現状
日時:平成23年6月17日(金曜日)10時40分~11時10分
会場:第13・14会場
司会:北里大学腎臓内科 鎌田 貢壽
演者:金沢医科大学腎臓内科学 横山  仁
よくわかるシリーズ10:MPGNの病因と病理形態
日時:平成23年6月17日(金曜日)11時10分~11時40分
会場:第13・14会場
司会:国立病院機構福岡東医療センター 片渕 律子
演者:東京女子医科大学第二病理 本田 一穂
よくわかるシリーズ11:ステロイド、免疫抑制薬の使い方
日時:平成23年6月17日(金曜日)13時30分~14時
会場:第13・14会場
司会:自治医科大学腎臓内科 湯村 和子
演者:東京医科大学八王子医療センター腎臓内科 吉田 雅治
よくわかるシリーズ12:巣状糸球体硬化症の病態解明と治療の動向
日時:平成23年6月17日(金曜日)14時~14時30分
会場:第13・14会場
司会:杏林大学第一内科 山田  明
演者:田附興風会医学研究所北野病院腎臓内科 武曾 惠理
よくわかるシリーズ13:CKDの食事指導
日時:平成23年6月17日(金曜日)14時30分~15時
会場:第13・14会場
司会:東京医科大学腎臓内科 中尾 俊之
演者:取手協同病院腎臓内科 前田 益孝
よくわかるシリーズ14:糖尿病性腎症の病態と管理
日時:平成23年6月17日(金曜日)15時40分~16時10分
会場:第13・14会場
司会:大阪大学保健センター 守山 敏樹
演者:金沢大学血液情報統御学、腎臓内科学 和田 隆志
よくわかるシリーズ15:移植腎の管理
日時:平成23年6月17日(金曜日)16時10分~16時40分
会場:第13・14会場
司会:杏林大学泌尿器科 奴田原紀久雄
演者:東京女子医科大学泌尿科 石田 英樹
よくわかるシリーズ16:高齢者への腹膜透析導入におけるポイント―腹膜透析の限界を見据えた透析処方―
日時:平成23年6月17日(金曜日)16時40分~17時10分
会場:第13・14会場
司会:東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科 岡戸 丈和
演者:順天堂大学医学部腎臓内科 濱田千江子
よくわかるシリーズ17:感染症と腎炎
日時:平成23年6月17日(金曜日)17時10分~17時40分
会場:第13・14会場
司会:自治医科大学腎臓内科 草野 英二
演者:獨協医科大学越谷病院病理部 上田 善彦
委員会企画1:男女共同参画委員会企画プログラム
大島賞受賞者にキャリアプランとワークライフバランスを聞く
日時:平成23年6月15日(水曜日)15時~17時
会場:第4会場
司会: 聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科 安田  隆
東京女子医科大学腎臓内科 内田 啓子
1.腎疾患の治療法開発を目指して
 東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科 野田 裕美
2.鉱質コルチコイド受容体活性制御に基づくCKD新規治療法の探索:私の腎臓病研究とワークライフバランス
 東京大学腎臓・内分泌内科、慢性腎臓病学 長瀬 美樹
3.私のキャリアパスとワークライフバランス
 熊本大学腎臓内科 北村健一郎
4.私の腎臓病学研究を振り返って
 岡山大学腎・免疫・内分泌代謝内科 前島 洋平
5.何を目指し、何に情熱を傾けるのか:若手腎臓内科医へのメッセージ
 京都大学次世代研究者育成センター「白眉プロジェクト」 生命科学系キャリアパス形成ユニット 柳田 素子
委員会企画2:腎病理企画(腎病理標準化委員会)
1.腎病理生涯教育コース(CME)
テーマ:遺伝性腎疾患の病理診断;光顕から電顕へ
日時:平成23年6月15日(水曜日)9時~11時30分
会場:第2会場
司会: 愛知医科大学腎臓・膠原病内科 今井 裕一
仙台社会保険病院病理部 城  謙輔
1)遺伝性腎疾患の病理診断;光顕から電顕へ
 仙台社会保険病院病理部 城  謙輔
2)ミトコンドリアA3243G遺伝子変異を伴うFSGSの臨床像と病理像の検討
 仙台赤十字病院小児科 永野千代子
 コメンテーター:国立成育医療センター臨床検査部病理診断科 松岡健太郎
3)電顕所見を糸口に遺伝子診断に至ったアルポート症候群の1例
 仙台社会保険病院腎臓疾患臨床研究センター 石山 勝也
 三重大学腎臓内科・血液浄化療法部 の村 信介
 コメンテーター:神戸大学病院病理診断科 原  重雄
4)酵素補充療法にも関わらず進行して腎不全に至ったFabry病の1例
 愛知医科大学腎臓・膠原病内科 鈴木 啓介
 コメンテーター:北海道大学病院病理部 藤田 裕美
2.腎病理標準化委員会プログラム
日時:平成23年6月15日(水曜日)15時~17時
会場:第14会場
司会: 金沢医科大学腎臓内科 横山  仁
長崎大学病態病理学 田口  尚
1)腎臓病総合レジストリー(J-RBR/J-KDR)の2010年次報告と2011経過報告
 岡山大学慢性腎臓病対策腎不全治療学 杉山  斉
2)IgG4関連腎臓病診断基準とアルゴリズム(案)の作成
 金沢大学リウマチ膠原病内科 川野 充弘
3)腎生検レジストリー(JRBR)の病理的解析
 千葉東病院臨床研究センター 北村 博司
4)腎病理標準化への取り組み2011:巣状分節性糸球体硬化症に関する検討
 市立札幌病院病理科 深澤雄一郎
5)ループス腎炎の分類改訂の今後
 筑波大学大学院人間総合科学研究科腎・血管病理学 長田 道夫
3.腎生検病理診断コンサルテーション
日時:平成23年6月16日(木曜日)14時30分~17時
会場:第2会場
司会: 県立西宮病院病理科 岡  一雅
北海道腎病理センター 小川 弥生
1)組織学的診断に苦慮したネフローゼ症候群の一例
 (臨床医)関西労災病院内科 青木 克憲
 (病理医)東京医科大学八王子医療センター病理診断科 大谷 方子
2)分節性に管内細胞増殖を示した糸球体腎炎の一例
 (臨床医)北海道社会保険病院腎臓内科 工藤 立史
 (病理医)三井記念病院病理診断科 藤井 晶子
3)パルボウイルスB19感染による管内増殖性糸球体腎炎発症後に膜性増殖性糸球体腎炎に移行した一例
 (臨床医)藤田記念病院内科 山本 智恵
 (病理医)東京女子医科大学第二病理学講座 種田 積子
4)病理組織学的診断に苦慮した糸球体C3沈着症の一例
 (臨床医)新潟市民病院腎臓・リウマチ科 近藤 大介
 (病理医)日本医科大学病理部 大橋 隆治
4.腎生検病理診断コンサルテーションレビュー
日時:平成23年6月16日(木曜日)17時~18時
会場:第2会場
司会: 筑波大学大学院人間総合科学研究科病理学 上杉 憲子
共済立川病院病理部 緒方謙太郎
1)骨髄移植後TMA
 東邦大学病理学 根本 哲生
2)腎移植の移植片にみられるthrombotic microangiopathy (TMA)の病理組織所見とその解釈
 聖マリアンナ医科大学病理学 小池 淳樹
委員会企画3:腎臓病総合レジストリー
日時:平成23年6月16日(木曜日)8時30分~10時30分
会場:第15会場
司会: 金沢医科大学腎臓内科学 横山  仁
長崎大学病態病理学 田口  尚
1.レジストリー二次研究の展開
1)腎臓病総合レジストリーの現状について
 金沢医科大学腎臓内科学 横山  仁
2)IgA腎症:前向きコホート研究が目指すもの
 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 川村 哲也
3)難治性ネフローゼ症候群:JNSCS研究からの提言
 名古屋大学腎臓内科 今井 圓裕
4)糖尿病性腎症レジストリー構築と展望
 金沢大学血液情報統御学、腎臓内科 和田 隆志
2.関連学会・レジストリーとの連携への提言
1)小児腎臓病学会との連携
 東京女子医科大学小児科 服部 元史
2)腎移植レジストリーとの連携:J-RBRに何が必要か?
 神戸大学腎臓内科・腎血液浄化センター 西  愼一
3)日本透析医学会との連携:J-RBR/J-KDRへの提言
 藤田保健衛生大学腎内科 中井  滋
総合討論とまとめ
 金沢医科大学腎臓内科学 横山  仁
委員会企画4:腎臓専門医受験のための教育セミナー(卒前卒後教育委員会)
日時:平成23年6月17日(金曜日)14時30分~17時30分
会場:第15会場
司会: 東京大学腎臓・内分泌内科 南学 正臣
1.水・電解質代謝異常
 自治医科大学腎臓内科 竹本 文美
2.原発性糸球体疾患・尿細管間質性疾患
 東京大学腎臓・内分泌内科 南学 正臣
3.全身性疾患による腎障害とCKD
 大阪大学老年・腎臓内科 猪阪 善隆
4.急性および慢性腎不全
 聖路加国際病院内科 小松 康宏

VI.透析医学会との共催シンポジウム

1.Late breaking clinical trial
日時:平成23年6月17日(金曜日)8時30分~10時30分
会場:第1会場
司会: 和歌山県立医科大学小児科 吉川 徳茂
名古屋大学腎臓内科 今井 圓裕
1)CKD-JAC研究
 富士宮市民病院 菱田  明
 コメンテーター:福島県立医科大学腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科 中山 昌明
2)JSKDC:小児ネフローゼ症候群臨床試験
 和歌山県立医科大学小児科 吉川 徳茂
 コメンテーター:金沢医科大学腎臓内科 横山  仁
3)MBD-5D研究
 東海大学内科学系腎代謝内科 深川 雅史
 コメンテーター:ペンシルバニア大学臨床疫学・生物統計学センター 濱野 高行
4)ACTIVE study
 兵庫医科大学腎・透析科 倉賀野隆裕
 コメンテーター:大阪府立急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科 椿原 美治
5)VEESA-STUDY
 亀田総合病院腎臓内科 望月 隆弘
 コメンテーター:藤田保健衛生大学腎内科 湯澤由紀夫
2.日本透析医学会コンセンサスカンファランス「CKD-MBD診療ガイドライン」
日時:平成23年6月17日(金曜日)15時~17時
会場:第1会場
司会: 東海大学内科学系腎代謝内科 深川 雅史
東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 横山啓太郎
1)CKD-MBD診療ガイドライン作成と改訂のポリシー
 東海大学内科学系腎代謝内科 深川 雅史
2)リン、カルシウムの管理~JSDT統計調査による検証および9分割図改定の提案
 九州大学大学院医学研究院病態機能内科学 谷口 正智
3)副甲状腺機能の管理
 武蔵野赤十字病院腎臓内科 安藤 亮一
4)骨代謝の管理
 新潟大学医歯学総合病院高次救命災害治療センター 風間順一郎
5)血管石灰化の管理
 神戸大学 藤井 秀毅
6)保存期
 聖マリアンナ医科大学病院腎臓・高血圧内科 柴垣 有吾
7)CKD-MBDの診断と治療ガイドライン改訂のロードマップ
 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 横山啓太郎

VII.シンポジウム

1.腎と高血圧研究:基礎から臨床へのトランスレーション
日時:平成23年6月15日(水曜日)9時~11時
会場:第1会場
司会: 京都大学内分泌代謝内科 向山 政志
熊本大学大学院生命科学研究部腎臓内科学分野 北村健一郎
1)腎髄質血流および酸素代謝を考慮した腎保護とバイオイメージングの開発
 東北大学腎高血圧内分泌学 森  建文
2)食塩感受性高血圧発症における上皮型Naチャネルの役割とセリンプロテアーゼ阻害薬による高血圧治療の可能性
 熊本大学腎臓内科 柿添  豊
3)レニン阻害によるアルブミン尿抑制機序
 東京女子医科大学内科学(第二)講座 市原 淳弘
4)アルドステロンと腎障害
 東京大学腎臓・内分泌内科、慢性腎臓病学 長瀬 美樹
5)追加発言:高血圧と糸球体硬化の退縮(regression)の研究とその臨床応用
 慶應義塾大学腎臓内分泌代謝内科 篠村 裕之
6)食塩感受性高血圧と腎臓
 名古屋市立大学心臓・腎高血圧内科 福田 道雄
7)腎からみた降圧療法の新知見
 大阪大学老年・腎臓内科 楽木 宏実
2.Ciliopathies:ciliaは細胞のconductor
日時:平成23年6月15日(水曜日)15時~17時
会場:第15会場
司会: 杏林大学泌尿器科 奴田原紀久雄
慶應義塾大学医学部血液浄化・透析センター 林  松彦
1)はじめに
 杏林大学泌尿器科 奴田原紀久雄
2)繊毛と嚢胞性腎疾患
 京都府立医科大学医学研究科解剖学 横山 尚彦
3)コレクトリンとprimary cilia
 岡山大学腎・免疫・内分泌代謝内科 和田  淳
4)ネフロン構成細胞における線毛の形態
 順天堂大学解剖学 市村浩一郎
5)嚢胞腎とcilia
 東京女子医科大学第4内科 望月 俊雄
6)嚢胞腎の治療;すぐそこにある未来
 帝京大学泌尿器科 堀江 重郎
3.FSGSを上皮細胞のバイオロジーから考える
日時:平成23年6月16日(木曜日)14時30分~16時30分
会場:第1会場
司会: 新潟大学附属腎研究施設構造病理学 山本  格
筑波大学大学院人間総合科学研究科腎・血管病理学 長田 道夫
1)FSGSのhistogenesis;オーバービュー
 筑波大学大学院人間総合科学研究科腎・血管病理学 長田 道夫
2)糸球体硬化におけるポドサイト喪失とそのメカニズム
 順天堂大学腎臓内科 淺沼 克彦
3)初代培養におけるポドサイトの性質
 新潟大学医歯学総合研究科腎研究施設 矢尾板永信
4)HIVANとCollapsing FSGS(Collapsing Glomerulopathy)―ポドサイトは増殖するのか?
 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 梶山  浩
5)ポドサイト増殖とFSGS:Transgenic mouse modelによる解析
 東海大学総合医学研究所分子病態学部門 松阪 泰二
6)糸球体壁細胞(PEC)から見たFSGS
 東京大学医学部附属病院腎臓内分泌内科 大瀬 貴元
7)FSGSの共通のmorphogenesis
 筑波大学大学院人間総合科学研究科腎・血管病理学 長田 道夫
4.腎予後・生命予後から考える保存期腎性貧血の治療
日時:平成23年6月16日(木曜日)8時30分~10時30分
会場:第13会場
司会: 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター血液浄化療法科 秋葉  隆
大阪府立急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科 椿原 美治
1)Overview
 大阪府立急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科 椿原 美治
2)貧血治療による腎保護効果のメカニズム
 東京大学腎臓・内分泌内科 南学 正臣
3)心保護効果(仮題)
 草加市立病院病院事業管理者・病院長 高元 俊彦
4)脳保護の観点からみた腎性貧血治療
 九州大学包括的腎不全治療学 鶴屋 和彦
5)担癌患者患者のESA療法
 国立がん研究センター中央病院 勝俣 範之
6)ESA低反応と生命予後、腎予後~保存期慢性腎臓病における検討
 武蔵野赤十字病院腎臓内科 安藤 亮一
7)RCT解釈において考慮すべきCKDの日米差
 ペンシルバニア大学臨床疫学・生物統計学センター 濱野 高行
総合討論
5.CKD進展における炎症:進展メカニズムから治療標的まで
日時:平成23年6月16日(木曜日)8時30分~10時30分
会場:第14会場
司会: 筑波大学大学院人間総合科学研究科腎臓内科 山縣 邦弘
埼玉医科大学腎臓内科 岡田 浩一
1)糖尿病性腎症の進展における炎症の関与と新規治療アプローチ
 岡山大学腎・免疫・内分泌代謝内科 前島 洋平
2)アルドステロンと炎症
 慶應義塾大学医学部血液浄化・透析センター 林  松彦
3)CKD進展機序における糸球体―尿細管間質連関
 埼玉医科大学腎臓内科 岡田 浩一
4)高血圧、腎硬化症:高血圧・腎障害における新規アンジオテンシン受容体結合因子の病態生理学的意義の検討
 横浜市立大学循環器・腎臓内科 田村 功一
5)急速進行性腎炎
 筑波大学大学院人間総合科学研究科腎臓内科 臼井 丈一

VIII.ワークショップ

1.腎疾患・病態の理解を目指すトランスポーター遺伝子改変動物の利用
日時:平成23年6月15日(水曜日)9時~11時
会場:第13会場
司会: 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子栄養 宮本 賢一
獨協医科大学薬理学講座 安西 尚彦
1)腎尿酸トランスポーター遺伝子改変マウスを用いた高尿酸血症発症機序の解明
 獨協医科大学薬理学講座 安西 尚彦
2)有機酸トランスポーターSLCO4C1と腎不全物質の集学的治療
 東北大学大学院医工学研究科分子病態医工学 阿部 高明
3)シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割
 京都大学医学部附属病院薬剤部 増田 智先
4)リン酸トランスポーターと慢性腎臓病
 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子栄養 瀬川 博子
5)Na-HCO3トランスポーターNBCel変異体ノックインマウスと尿細管性アシドーシス
 東京大学腎臓・内分泌内科 関  常司
6)WNKキナーゼ遺伝子改変マウスによるNa-Cl共輸送体制御機構の解明
 東京医科歯科大学医歯学総合研究科腎臓内科学 蘇原 映誠
2.腎臓病治療の新たなターゲットとトランスレーショナルリサーチ
日時:平成23年6月15日(水曜日)15時~17時
会場:第13会場
司会: 新潟大学医歯学系第二内科 成田 一衛
岡山大学大学院医歯学総合研究科慢性腎臓病対策腎不全治療学 杉山  斉
1)腎臓病の進展因子USAG-1を標的とした治療法の可能性
 京都大学次世代研究者育成センター 柳田 素子
2)腎疾患における血管新生制御因子Vasohibin-1の発現変化と機能解析
 岡山大学腎・免疫・内分泌内科 前島 洋平
3)メサンギウム細胞上の糖鎖不全IgA1受容体候補としてのintegrin α2/β1
 新潟大学腎・膠原病内科 金子 佳賢
4)糖尿病性血管合併症の新しい治療標的―AGE/PEDF
 久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学 山岸 昌一
5)炎症性免疫疾患に対するIL―6阻害治療―from bench to bedside
 和歌山県立医科大学免疫制御学 西本 憲弘
6)アカデミアにおける臨床試験及び新医薬品開発
 東北大学創生応用医学研究センター 浅田 隆太
3.腎臓の線維化と再生をになう細胞群を探る
日時:平成23年6月15日(水曜日)9時~11時
会場:第14会場
司会: 京都大学次世代研究者育成センター「白眉プロジェクト」 柳田 素子
東京大学腎臓・内分泌内科 南学 正臣
1)腎臓の再生と線維化を担う細胞群の同定
 京都大学次世代研究者育成センター「白眉プロジェクト」 柳田 素子
2)エリスロポエチン産生細胞のcell biologyとtherapeutic utility
 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 横尾  隆
3)腎尿細管の修復・再生メカニズム
 群馬大学腎臓リウマチ内科 前嶋 明人
4)脂肪細胞由来幹細胞は腎臓をどう守るのか
 名古屋大学腎臓内科 丸山 彰一
5)発生期におけるネフロン前駆細胞維持機構
 熊本大学発生医学研究所腎臓発生分野 西中村隆一
6)新たなヒト生体由来多能性幹細胞の発見と再生医療への可能性
 東北大学細胞組織学分野 出澤 真理
4.ここまで見える:腎疾患イメージングの最前線
日時:平成23年6月16日(木曜日)13時30分~15時30分
会場:第14会場
司会: 川崎医科大学腎臓・高血圧内科 柏原 直樹
埼玉医科大学腎臓内科 岡田 浩一
1)In vivo イメージングによる腎機能評価
 川崎医科大学腎臓・高血圧内科 佐藤  稔
2)MRIを用いた非侵襲的CKD評価の試み
 埼玉医科大学腎臓内科 井上  勉
3)腎の最新超音波診断
 栃木県立がんセンター画像診断部 関口 隆三
4)マルチスライスCTによる腎疾患の画像診断
 日本医科大学放射線医学 林  宏光
5)腎臓核医学検査の臨床的有用性
 旭川医科大学放射線学科 沖崎 貴琢

IX.教育講演(腎臓に関連深い領域の最新トピックス)

1.多発性骨髄腫、ALアミロイドーシスの診断・治療の進歩―腎病変の改善を中心に
日時:平成23年6月15日(水曜日)9時30分~10時30分
会場:第15会場
司会: 埼玉医科大学総合医療センター腎臓高血圧内科 御手洗哲也
日本赤十字社医療センター血液内科 鈴木 憲史
2.関節リウマチ治療にみられたパラダイムシフトとは―分子標的療法の光と影
日時:平成23年6月15日(水曜日)10時30分~11時30分
会場:第15会場
司会: 岡山大学腎・免疫・内分泌代謝内科 槇野 博史
東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科 宮坂 信之
3.糖尿病の新しい治療薬
日時:平成23年6月16日(木曜日)13時30分~14時30分
会場:第15会場
司会: 徳島大学病態情報診断学 土井 俊夫
兵庫医科大学内科学糖尿病 難波 光義
4.高血圧診療と血圧測定―家庭血圧の臨床的意義―
日時:平成23年6月17日(金曜日)10時30分~11時30分
会場:第15会場
司会: 埼玉医科大学腎臓内科 鈴木 洋通
東北大学大学院薬学研究科医薬開発構想講座 今井  潤
5.高齢化社会と共に増えている頸動脈狭窄症、腎動脈狭窄症、大動脈瘤、ASO等の血管病に対する治療の最前線
日時:平成23年6月17日(金曜日)13時30分~14時30分
会場:第15会場
司会: 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 大野 岩男
東京慈恵会医科大学外科学 大木 隆生

X.公開セッション:公的班研究の現状と課題

日時:平成23年6月16日(木曜日)8時30分~10時50分
会場:第2会場
司会: 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 細谷 龍男
福島県立医科大学腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科 渡辺  毅
1.厚労省難治性疾患克服研究事業:進行性腎障害調査研究
名古屋大学大学院医学系研究科腎臓内科 丸山 彰一
2.今後の特定健康診査・保健指導における慢性腎臓病(CKD)の位置付けに関する検討
福島県立医科大学腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学 渡邊  毅
3.厚生労働省難治性疾患克服研究事業:難治性血管炎に関する調査研究
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科腎・免疫・内分泌代謝内科学 槇野 博史
4.CKDの早期発見・予防・治療標準化・発展阻止に関する調査研究
1)CKDの早期発見・予防・治療標準化・進展阻止に関する調査研究
 名古屋大学医学部附属病院腎臓内科 今井 圓裕
2)腎硬化症、虚血性腎症の発症率と危険因子の同定に関する研究
 熊本大学腎臓内科 白石 直樹
3)高齢者における薬物性腎障害の調査
 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 大野 岩男
4)メタボリック症候群とCKDの関連に関する調査研究
 岡山大学腎・免疫・内分泌代謝内科学 四方 賢一
5.糖尿病性腎症の病態解明と新規治療法確立のための評価法の開発
1)糖尿病性腎症の病態解明と新規治療法確立のための評価法の開発
 金沢大学腎臓内科 和田 隆志
2)糖尿病性腎症の病期分類ならびに病態の解析
 旭川医科大学 羽田 勝計
6.Calciphylaxisの診断・治療に関わる調査・研究
慶應義塾大学血液浄化・透析センター 林  松彦
7.腎疾患重症化予防のための戦略研究(FROM-J)
筑波大学腎臓内科 山縣 邦弘

XI.大島賞受賞講演

日時:平成23年6月15日(水曜日)14時~15時
会場:第1会場
司会: 順天堂大学腎臓内科 富野康日己
1.ポドサイト障害メカニズムの分子生物学的検討
順天堂大学腎臓内科 淺沼 克彦
2.慢性腎臓病の基盤病態としての血管内皮機能障害
川崎医科大学腎臓・高血圧内科 佐藤  稔

XII.アジア国際交流の夕べ

会期:平成23年6月16日(木曜日)16時30分~19時
会場:パシフィコ横浜 会議センター3F 第4会場
PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。

XIII.若手参加プログラム:Meet The Professor

研究内容を海外から招請された教授にプレゼンテーションし参加者で討論(討論のみの参加可能。また時間の都合上、発表数の調整をさせて頂く場合もございます。)
*軽食付き、事前登録制
会期:平成23年6月16日(木曜日)7時30分~8時30分
   ※Prof. Dick de Zeeuwのテーブルのみ7時~8時となります。
会場:パシフィコ横浜 4階会議室
参加資格:40歳以下の研究者
参加人数:下記の5テーブルで各テーブル12名 先着順(教授、モデレーターは除く)
1.Fluid and electrolyte transport in the kidney
招請教授:Prof.Dennis Brown
モデレーター:頼  建光、蘇原 映誠(東京医科歯科大学)
2.Intrarenal/Intratubular RAS update
招請教授:Navar先生はご都合により来日されないこととなりましたため、当MTPのProfessorは香川大学の西山  成・小堀 浩幸先生、東京女子医科大学の市原 淳弘先生に変更になりました。
3.Cardio-renal protection in chronic kidney disease:From basic research to clinical practice
招請教授:Prof.Dick de Zeeuw
モデレーター:二宮 利治(九州大学)、上田 誠二(久留米大学)
4.Water and Sodium Homeostasis in Heart Failure
招請教授:Prof.Robert W.Schrier
モデレーター:森  建文(東北大学)、稲城 玲子(東京大学)
5.Glomerular and vascular diseases - science and practice
招請教授:Prof.Susan Quaggin
モデレーター:南学 正臣(東京大学)、淺沼 克彦(順天堂大学)

XIV.第54回日本腎臓学会学術総会
   第56回(社)日本透析医学会学術集会・総会 合同緊急企画

「東日本大震災と透析医療:被災地からの報告」
日時:平成23年6月18日(土曜日)9時~11時
会場:第1会場
司会: 田熊 淑男(仙台社会保険病院)
渡辺  毅(福島県立医科大学)
演者1 木村 朋由(仙台社会保険病院腎疾患臨床研究センター)
演者2 大森  聡(岩手医科大学)
演者3 川口  洋(いわき泌尿器科)
演者4 荻原 雅彦(雅香会おぎはら泌尿器と目のクリニック)
追加発言 渡辺  毅(福島県立医科大学)
「東日本大震災と透析医療:支援地からの報告」
日時:平成23年6月19日(日曜日)8時30分~10時
会場:第1会場
司会: 内藤 秀宗(内藤医学研究所)
山川 智之(仁真会白鷺病院)
演者1 風間順一郎(新潟大学)
演者2 秋葉  隆(東京都区部災害時透析医療ネットワーク代表世話人/東京女子医科大学)
飯野 靖彦(東京都区部災害時透析医療ネットワーク代表世話人/日本医科大学)
演者3 伊東  稔(清永会矢吹病院)
演者4 戸澤 修平(クリニック198札幌)
*緊急企画の為、今後演者の変更の可能性があります

一般演題

一般演題は、口演あるいはポスター発表と致します。今回はEnglish Sessionを別に設けませんので、英語演題については英語または日本語どちらでの発表でもかまいません。
1.発表方法
1)口演:発表8分、討論4分、PC用プロジェクター1台による発表
2)ポスター:発表4分、討論2分