日本マイコプラズマ学会

 

日本マイコプラズマ学会学会賞

北本賞に関する規約

第1条 名称は北本賞とする。

第2条 本賞は日本マイコプラズマ学会の賞とし、本学会総会において授与する。

第3条 本賞は賞状並びに副賞よりなる。

第4条 北本賞は次の(1)あるいは(2)に該当する者に贈呈する。

  • (1) 日本マイコプラズマ学会に15年以上所属し且つ学会の発展に多大な功績を果たした者
  • (2) 日本マイコプラズマ学会に所属し、マイコプラズマの研究に関し顕著な業績をあげ、且つ今後本学会の発展に貢献し得る充分な資質を有すると認められた者。

第5条 受賞対象は原則として個人とし、1名とする。

第6条 北本賞受賞候補者の推薦

  • (1) マイコプラズマ学会理事および評議員のうちから5名(理事2名以上)以上の推薦を必要とし、推薦者は理事・評議員会の開催時に必要書類を提出する。尚、推薦に必要な書類は別に定める。
  • (2) 評議員および理事は2名以上の候補者を同時に推薦出来ない。
  • (3) 理事長、副理事長は推薦者にはなれない。

第7条 北本賞選考委員会の設定

  • (1) 北本賞受賞候補者が推薦された場合マイコプラズマ学会理事長は若干名の理事および評議員から構成される選考委員会を設定する。
  • (2) 選考委員会には北本賞受賞候補者を推薦した理事および評議員は参加出来ない。
  • (3) 選考委員会には、委員の互選により委員長をおく。委員長は選考委員会を主宰する。

第8条 北本賞受賞候補者の選定

  • (1) 選考委員会は推薦された受賞候補者について審議し受賞者の選定を行う。
  • (2) 選考委員会は必要に応じて候補者から業績の提示を求めることが出来る。
  • (3) 選考委員会は当該年度に適切な候補者がないと判断した場合は当該年度の受賞を見送ることが出来る。
  • (4) 選考委員長は選考の経過ならびに結果を理事会に報告した後、委員会は解散する。

第9条

  • (1) 本賞に関わる諸経費は原則として北本賞基金より拠出する。
  • (2) 本賞に関わる諸経費は日本マイコプラズマ学会一般会計から一部充当することが出来る。

第10条

  • 平成6年5月16日制定
  • 平成8年5月16日改正
  • 平成12年4月28日改正

歴代北本賞受賞者

第1回 新津泰孝(1996年)
肺炎マイコプラズマ感染症の研究
第2回 山本孝史(1996年)
動物マイコプラズマ、特にMycoplasma gallisepticumの生物学に関する研究
第3回 武藤 昱(1997年)マイコプラズマの分子遺伝学
第4回 渡邊継男(1998年)
ヒト口腔マイコプラズマについて
第5回 泉川欣一(1999年)
Mycoplasma pneumoniaeの病原性の検討 -micro attachment assay-を用いて
第6回 梅津征夫・原澤 亮(2003年)
マイコプラズマの検出と分類(原澤 亮)/ 抗肺炎マイコプラズマIgM抗体(梅津征夫)
第7回 難波成任(2004年)
ファイトプラズマの全ゲノム解読
第8回 荒井澄夫(2005年)
マイコプラズマ今昔物語
第9回 佐々木次雄(2006年)
過去30年間のマイコプラズマ研究を振り返って
第10回 佐藤静夫(2007年)
鶏・豚のマイコプラズマ症に関する研究を回顧して
第11回 神谷 茂(2008年)
無菌マウスを用いた肺炎マイコプラズマの病原性解析
第12回 岡崎則男(2009年)
一地方衛生研究所で実施して来た肺炎マイコプラズマに関する調査研究
第13回 成田 光生(2010年)
マイコプラズマ研究と私のゆかいな仲間たち
第14回 柴田 健一郎(2011年)
マイコプラズマ由来リポタンパク質の生物活性に関する研究
第15回 宮田 真人(2012年)
おもしろい、画像でつづる、24年 — マイコプラズマ研究でわかったこと ―
第16回 桑野 剛一(2013年)
マイコプラズマと宿主の相互作用:マイコプラズマ研究の松明を受け継いで
第17回 松田 和洋(2015年)
急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症への先端医療戦略