看護部会について

日本集中治療医学会では、1974年にICU研究会として発足した翌年から、医師のみでなく看護師の参加が認められ、1980年発足の看護問題検討委員会を経て、1990年の看護部委員会へと発展し、1996年には独自の会則をもつ看護部会が発足しました。
2009年12月現在の会員数は1748名で、学術集会における看護部門の企画・運営、全国のICU看護師を対象とした教育セミナーの開催、クリティカルケア看護基準の作成、海外情報の提供、機関誌編集への参画などを行っています。
世界クリティカルケア看護師連盟(World Federation of Critical Care Nurses: WFCCN)と、アジア・太平洋クリティカルケア看護師連盟に加盟しています。

世界クリティカルケア看護師連盟について


戻る