緊急通告

2004年6月2日
心臓血管外科専門医 各位
日本心臓血管外科学会会員 各位
特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
理事長 北村惣一郎
 この度、厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長より「10%リドカイン製剤、高濃度カリウムアンプル製剤の誤用により多くの医療事故が発生し、これが循環器系疾患患者に多発していることから、当学会の会員及び心臓血管外科専門医に対して至急通告をお願いしたい」旨の連絡が参りました。
1) 10%キシロカイン製剤・高濃度カリウムアンプル製剤を救急カート、救急部を含む全外来、病棟から撤廃すること。(在庫の廃止)
どうしても高濃度製剤が必要な場合は、薬局・薬剤部から注文により出庫すること。

高濃度アンプル型カリウム剤は2mEq/ml剤を撤去し、1mEq/ml剤で対応する。
2mEq/ml剤が必要な場合は、薬局・薬剤部から出庫し、自覚して使用する。
誤った高濃度製剤の急速注射で多くの患者が死に到っています。本学会の会員、心臓血管外科専門医におかれましては上記1)を徹底し、医療事故の抑止にご尽力頂きたく存じます。
以上