わが国における血管外科

北海道中央労災病院 せき損センター
日本心臓血管外科学会名誉会員 安田 慶秀
はじめに
 人口構成の変化、食生活をはじめとする生活習慣の変化により血管疾患患者は増加し、高齢で虚血性心疾患や脳血管疾患、呼吸器疾患など種々の全身合併症を有する症例も多い。2007年1月に末梢動脈疾患に関する国際的に標準化された診断と治療のガイドラインであるTASCUが発表され、わが国の血管外科医もこの指針をもとに血管外科診療を行うようになっている。診断・治療分野では、いわゆる「身体に優しい」低侵襲医療を望む大きい流れがあり、大動脈瘤手術におけるステントグラフト治療、末梢動脈疾患に対する血管内治療がわが国においても大きな比重を占めるようになりつつある。重症虚血肢に対する治療では積極的な血行再建の追求に加え遺伝子治療などの再生医療も導入されようとしている。日本血管外科学会は市民に国際的なレベルでの標準的な医療を提供することを目指すとともに、新しい治療法の導入にあたって各種治療法の選択基準のガイドライン作成にも積極的に関わり、わが国のこの分野における医療の全般的なレベルアップへの積極的な貢献を目指すものである。

1.血管外科の歴史

2.日本の血管外科

3.血管炎

4.日本血管外科学会の発足、国内・国際リーダーシップ

 1960年頃から欧米の専門施設に留学していた若手の血管外科医が相次いで帰国し日本血管外科研究会を創立した。当時の主なメンバーは上野明、三島好雄、阪口周吉、古川欽一、田邊達三、勝村達喜、草場昭らであった。血管外科研究会は「血管外科フォーラム」を経て、92年に「日本血管外科学会」と改称され今日に至っている。現在会員数は3,000人、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会の3学会で日本心臓血管外科専門医機構を構成し2002名の日本心臓血管外科専門医を有している。

 日本血管外科学会の主な事業は、定期学術集会および教育セミナー開催、血管外科手術症例の全国調査(毎年)、機関誌の発行;日本血管外科学会雑誌(和文、英文、隔月)、AVD(Asian Vascular Disease、日本静脈学会、日本脈管学会との共同発行、電子ジャーナル版と冊子体、英文)を行い、また日本静脈学会、日本脈管学会とともに血管診療検査技師認定機構を構築しコメデイカル育成に努めている。

 国際学会関連では1994年にアジア血管外科学会が創立され、韓国血管外科学会、ヨーロッパ血管外科学会とも毎年ジョイントミーテイングがもたれている。

 血管外科の進歩はめざましい。大血管領域ではより扱いやすく生体反応の少ないグラフトの改良と補助手段法、末梢動脈領域では遠隔期におけるグラフト、あるいは吻合部の内膜肥厚が問題となっている。高齢化社会がすすむ中で種々の全身合併症を有し、また重篤な症状を呈する症例も増えており、診断、治療にも低侵襲性が益々求められる時代となっている。末梢血管疾患、大血管領域ともendovascularsurgeryの重要性が増してきており、日本血管外科学会はわが国における大動脈瘤に対するステントグラフト治療導入に際し、その安全性の確保と普及のための指針作りに中心的な役割を果たしてきた。今後新しい診断法や治療法の開発、臨床導入における安全性のチェック体制も含めて本学会の果たす役割は益々増していくものと思われる。