わが国における血管外科

北海道中央労災病院 せき損センター
日本心臓血管外科学会名誉会員 安田 慶秀
はじめに
 人口構成の変化、食生活をはじめとする生活習慣の変化により血管疾患患者は増加し、高齢で虚血性心疾患や脳血管疾患、呼吸器疾患など種々の全身合併症を有する症例も多い。2007年1月に末梢動脈疾患に関する国際的に標準化された診断と治療のガイドラインであるTASCUが発表され、わが国の血管外科医もこの指針をもとに血管外科診療を行うようになっている。診断・治療分野では、いわゆる「身体に優しい」低侵襲医療を望む大きい流れがあり、大動脈瘤手術におけるステントグラフト治療、末梢動脈疾患に対する血管内治療がわが国においても大きな比重を占めるようになりつつある。重症虚血肢に対する治療では積極的な血行再建の追求に加え遺伝子治療などの再生医療も導入されようとしている。日本血管外科学会は市民に国際的なレベルでの標準的な医療を提供することを目指すとともに、新しい治療法の導入にあたって各種治療法の選択基準のガイドライン作成にも積極的に関わり、わが国のこの分野における医療の全般的なレベルアップへの積極的な貢献を目指すものである。

1.血管外科の歴史

2.日本の血管外科

3.血管炎

 1960年代後半からわが国の血管疾患の内容は大きく変化した。それまで胸部大動脈瘤の大半を占めていた梅毒は姿を消し、動脈硬化性(変性)のものと交代した。高安動脈炎は病態の解明とともに「脈無し病」(清水健太郎、1948年)、大動脈炎症候群(上田英雄、、1965年)などが提唱されたが、現在ではそのpriorityが尊重され「高安動脈炎」と呼ぶことが国際的にも了承されている。稲田潔は外科治療の見地から脈無し病と異型大動脈縮窄が同一の病因の範疇に属することを明らかにし(1962年)、上野明は造影所見と病態生理の面から高安動脈炎を今日広く用いられている脈無し病型、異型縮窄型、混合型および拡張型の4型分類した。高安動脈炎は、近年その発症率と脳の乏血症状を呈する重症例は低下しており、その生命予後は拡張型病変、すなわち大動脈瘤破裂や大動脈弁閉鎖不全による心不全により左右されるものとなっている。Buerger病は1960年にWesslerらにより閉塞性動脈硬化症との関連で論争が提起されたが、石川浩一は自験例を詳細に分析し粥状硬化症とは明らかに異なる臨床的特徴を有する疾患として存在することを明らかにした。近年、その発症率は低下し病状も軽症化し、肢切断に至る症例は希となっている。

4.日本血管外科学会の発足、国内・国際リーダーシップ