わが国における血管外科

北海道中央労災病院 せき損センター
日本心臓血管外科学会名誉会員 安田 慶秀
はじめに
 人口構成の変化、食生活をはじめとする生活習慣の変化により血管疾患患者は増加し、高齢で虚血性心疾患や脳血管疾患、呼吸器疾患など種々の全身合併症を有する症例も多い。2007年1月に末梢動脈疾患に関する国際的に標準化された診断と治療のガイドラインであるTASCUが発表され、わが国の血管外科医もこの指針をもとに血管外科診療を行うようになっている。診断・治療分野では、いわゆる「身体に優しい」低侵襲医療を望む大きい流れがあり、大動脈瘤手術におけるステントグラフト治療、末梢動脈疾患に対する血管内治療がわが国においても大きな比重を占めるようになりつつある。重症虚血肢に対する治療では積極的な血行再建の追求に加え遺伝子治療などの再生医療も導入されようとしている。日本血管外科学会は市民に国際的なレベルでの標準的な医療を提供することを目指すとともに、新しい治療法の導入にあたって各種治療法の選択基準のガイドライン作成にも積極的に関わり、わが国のこの分野における医療の全般的なレベルアップへの積極的な貢献を目指すものである。

1.血管外科の歴史

2.日本の血管外科

 1975年頃まで

 わが国の血管外科の歩みは、すでに19世紀に動脈瘤に対する動脈遮断術の臨床報告があり、引き続き20世紀初頭には動脈瘤摘出術と平行して動脈吻合術、自家静脈移植術などが相次いで行われた。1920年から1940年代には低迷していたが1950年頃からは戦時中に途絶えていた海外情報が怒涛のごとく流れ込み、ヘパリンやペニシリンも入手可能となることによって実験の復活と臨床応用がなされ1975年頃までには遅れていた血管外科の基礎がほぼ固まった。これらの進歩には日本外科学会における宿題報告で血管外科が取り上げられたことも大きな要因となっているように思われる。すなわち、1952年の学会で戸田博は縫合法としての各糸材料、縫合クリップ、各種保存液、自ら抽出・精製したヘパリンについて報告し、応用範囲は腎臓、脾臓、甲状腺などの臓器移植に及んだ。木本誠二はアルコール保存同種移植の実験を中心に報告した。木本らはこの年、Dubostらとほぼ同時期にアルコール保存同種大動脈グラフトを用いた腹部大動脈瘤の置換手術に成功した。1957年に橋本義夫は「血栓症塞栓症の外科」を担当し、発生病理、予防並びに治療法を種々の角度から検討した。1961年、杉江三郎は「縦隔腫瘍」の宿題報告で血管移植、特に静脈移植担当したが、この仕事はイヌを用いた系統的な人工血管移植実験へと進んで人工血管の治癒・病態理解に寄与した。静脈の手術では1952年、木村忠司がBudd-Chiari症候群に対する直達手術を行い併せて本症候群に対する形態学的分類を行った。井口潔は重症虚血肢のBuerger病症例で末梢側吻合部に動静脈瘻を増設する術式を考案し、また、草場昭とともに血管自動吻合器を考案した。1960年前半にFogartyカテーテルがわが国に紹介、輸入され、その簡便性から一挙に普及し、急性動脈閉塞の治療に著しい進歩をもたらした。

3.血管炎

4.日本血管外科学会の発足、国内・国際リーダーシップ