わが国における血管外科

北海道中央労災病院 せき損センター
日本心臓血管外科学会名誉会員 安田 慶秀
はじめに
 人口構成の変化、食生活をはじめとする生活習慣の変化により血管疾患患者は増加し、高齢で虚血性心疾患や脳血管疾患、呼吸器疾患など種々の全身合併症を有する症例も多い。2007年1月に末梢動脈疾患に関する国際的に標準化された診断と治療のガイドラインであるTASCUが発表され、わが国の血管外科医もこの指針をもとに血管外科診療を行うようになっている。診断・治療分野では、いわゆる「身体に優しい」低侵襲医療を望む大きい流れがあり、大動脈瘤手術におけるステントグラフト治療、末梢動脈疾患に対する血管内治療がわが国においても大きな比重を占めるようになりつつある。重症虚血肢に対する治療では積極的な血行再建の追求に加え遺伝子治療などの再生医療も導入されようとしている。日本血管外科学会は市民に国際的なレベルでの標準的な医療を提供することを目指すとともに、新しい治療法の導入にあたって各種治療法の選択基準のガイドライン作成にも積極的に関わり、わが国のこの分野における医療の全般的なレベルアップへの積極的な貢献を目指すものである。

1.血管外科の歴史

 現代の血管外科は1940年代以降急速に発達したが、血管外科の基本的な手技はそれ以前から多くの先駆者によって培われてきた。1882年、Shedaは初めて静脈損傷を縫合、修復することに成功した。血管を吻合することに初めて成功したのはNikokaiEck(1887)で、彼は絹糸を用いイヌの門脈・下大静脈吻合を行った。1899年、Kummellはヒトの動脈の端々吻合に初めて成功した。また、この時代にはJassinowsky(1889)による結節縫合法、Jaboular(1896)によるU縫合法の実験が行われた。臨床例でも種々の血行再建が試みられ、Matas(1882)は上腕動脈の外傷性動脈瘤に対し外科治療を試みた。なお、チューブ吻合法としてガラス管(Abbe、1894)、象牙管(Nitze、1897)、吸収性マグネシウム管(Payr、1900)などが試みられた。

 Alexis Carrel(1873−1944)は第一次世界大戦以前の血管外科の研究に特筆すべき業績を残し、“血管外科の父’’と呼ばれている。彼の業績は今日行われている血管縫合法の基礎を確立し、また、保存同種あるいは異種グラフトによる血管の置換術やバイパス術、さらに臓器移植に至る広範な実験を行い1912年ノーベル賞を受けた。血管吻合に関する彼の主張は今日なお血管外科の基本として受け入れられている。Carrelと同時期にGoyanes(1906)は膝窩静脈片を用いて膝裔動脈瘤切除後の欠損部を補填し、Lexer(1907)は腋窩動脈瘤切除に対して伏在静脈による血行再建を行った。また、これより先、1888年、Matasは動脈瘤にendoaneurysmorrhaphy法を行ったが、この術式は今日でも用いられている。このように、この時期に近代血管外科への基礎が築かれたかにみえるが、これらの研究は散発的であり、この後の40年間、血管外科の飛躍的な発展はみられなかった。この後、第二次世界大戦後に血管外科の黄金時代を迎えるが、それは血管造影法(dos Santos、1929)など診断学の進歩、同種血管の保存手技や人工血管の進歩、開胸術が安全に行えるようになったこと、輸血学の進歩、ヘパリンの臨床応用(Muray、1940)など、血管外科をとりまく医学の総合的な発展によるものであった。その応用は先天性心疾患にも向けられ、Gross(1938、動脈管開存に対する動脈管結紫術)、BlalockとTaussig(1944、Fallot四徴症に対する鎖骨下動脈・肺動脈吻合術)、Crafood、Gross(1945、大動脈縮窄に対する端々吻合術)などによって新術式が開発された。

 血行再建の基本術式である血栓内膜摘除術(1946、dos Santos)、グラフト置換術、バイパス術(1948、Kunlin、大腿動脈閉塞に対する自家静脈バイパス術)の臨床例も相次いで報告された)。1952年、Dubostは腹部大動脈瘤の切除と同種大動脈グラフトによる再建術の最初の成功例を報告した。同時期にわが国の木本もアルコール保存同種大動脈グラフトを用いた腹部大動脈瘤の置換手術に成功している。高分子材料を使用した人工血管はVoorheesらはVniyon-N(ポリビニール線維)の使用に次いで多くの材質が検討され、現在最も多く使用されているポリエステル線維、テフロン線維による編み織り人工血管が開発された。人工血管を用いた胸部大動脈瘤に対する瘤切除・グラフト置換術は1955年、CooleyとDeBakeyにより報告された。

2.日本の血管外科

3.血管炎

4.日本血管外科学会の発足、国内・国際リーダーシップ