わが国における心臓大血管外科発展の歴史と顕彰

特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
名誉会長 古瀬 彰
はじめに
 多くの医学の領域の中で、心臓大血管外科ほど急速な発展を遂げた領域はない。現在では、新生児から超高齢者にいたる幅広い年齢層の心臓大血管疾患に対して日常的にしかも安全に手術が行われている。これは過去に於ける心臓血管外科医を中心とする医療スタッフの献身的な努力の汗の産物であるとともに、当時危険を冒して手術を受けられた患者・家族の涙の結晶である。わが国の心臓血管外科は第二次大戦のためそのスタートは遅れたが、短期間で欧米に追いつき、世界に伍する成績をあげるにいたった。ここではわが国の心臓血管外科の歴史を顧みて、その発展に大きく寄与した業績を紹介する。

1.黎明期の心臓手術

2.非直視下心臓手術

3.常温下の直視下心臓手術

4.低体温法による直視下心臓手術

5.人工心肺による直視下心臓手術

6.大血管手術

7.日本心臓血管外科学会の国内的・国際的リーダーシップ


日本心臓血管外科会長・理事長・総会会長

年度 会長・理事長 学術総会会長 学術総会開催地
1972 木本誠二 三枝正裕 東 京
1973 曲直部壽夫 大 阪
浅野献一 新 潟
1974 西村正也 福 岡
1975 榊原 仟 東 京
1976 杉江三郎 札 幌
1977 砂田輝武 岡 山
1978 麻田 栄 神戸
1979 和田壽郎 東 京
1980 三枝正裕 稲田 潔 岐 阜
1981 古賀道弘 久留米
1982 堀内藤吾 仙 台
1983 弥政洋太郎 名古屋
1984 井上 正 東 京
1985 岩  喬 金 沢
1986 浅野献一 川島康生 大 阪
1987 三島好雄 東 京
1988 中村和夫 神 戸
1989 田辺達三 札 幌
1990 寺本 滋 岡 山
1991 上野 明 甲 府
1992 古瀬 彰 毛利 平 仙 台
1993 徳永皓一 福 岡
1994 阿部稔雄 名古屋
1995 松本明彦 横 浜
1996 伴 敏彦 京 都
1997 宮本 巍 尼 崎
1998 細田泰之 東 京
1999 中島伸之 千 葉
2000 今井康晴 東 京
2001 江里健輔 宇 部
2002 松田 暉 大 阪
2003 北村惣一郎 安田慶秀 札 幌
2004 伊藤 翼 福 岡
2005 数井暉久 浜 松
2006 高本眞一 川副浩平 盛 岡
2007 黒澤博身 東 京
2008 青柳成明 福 岡