わが国における心臓大血管外科発展の歴史と顕彰

特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
名誉会長 古瀬 彰
はじめに
 多くの医学の領域の中で、心臓大血管外科ほど急速な発展を遂げた領域はない。現在では、新生児から超高齢者にいたる幅広い年齢層の心臓大血管疾患に対して日常的にしかも安全に手術が行われている。これは過去に於ける心臓血管外科医を中心とする医療スタッフの献身的な努力の汗の産物であるとともに、当時危険を冒して手術を受けられた患者・家族の涙の結晶である。わが国の心臓血管外科は第二次大戦のためそのスタートは遅れたが、短期間で欧米に追いつき、世界に伍する成績をあげるにいたった。ここではわが国の心臓血管外科の歴史を顧みて、その発展に大きく寄与した業績を紹介する。

1.黎明期の心臓手術

2.非直視下心臓手術

3.常温下の直視下心臓手術

4.低体温法による直視下心臓手術

5.人工心肺による直視下心臓手術

 人工心肺が実用化されるには外科医の努力だけでは不十分であり、多方面の技術の発展が必要であった。1953年Gibbonがスクリーン型人工肺による心房中隔欠損の閉鎖手術に成功し、さらにLillehei、Kirklinらが成功例を発表するに及び欧米では人工心肺時代に突入した。

 わが国でも1952年以来、名古屋大学、慶応大学、東京大学、東京女子医科大学で実験的研究が続けられていたが、なかなか臨床成功例がえられなかった。わが国で初めて人工心肺による開心術成功例がえられたのは1956年になってからである。大阪大学の曲直部は同年4月18日、ファロー四徴症に対する根治手術を実施したのである。人工心肺による手術の成功は、同年4月24日榊原(仟)の僧帽弁閉鎖不全症、6月11日慶応大学井上(雄)の心房中隔欠損症、9月15日木本のファロー四徴症と続き、わが国でも人工心肺時代がスタートした。

 人工心は初めシグマモーターが使用されていたが、血球破壊が多く、騒音が大であり、停電などの緊急時の配慮もされていなかった。1961年頃にはローラーポンプが出現し、著しい改善がみられた。1984年頃には遠心ポンプも使用されるようになった。

 人工肺としては、DeWall-Lillehei気泡型人工肺には酸素化能や消泡能に限界があり、血球破壊や血液充填量についても問題があった。1961年頃になると回転円板型人工肺に使用されるようになり、著しい性能の改善がみられた。しかしこれは大型の装置で、あいかわらず血液充填量が多く、準備にも時間がかかり、より簡易なものが求められていた。使い捨ての気泡型人工肺の出現はこのような要請にマッチしていた。1966年になると日本製のシート式気泡型人工肺も開発され、低価格で供給されたため、各施設に急速に普及していった。1970年になると使い捨てのハードシェル型気泡人工肺が出現し、熱交換器を内蔵するためより簡便なものとなったばかりでなく、消泡能の持続時間も長くなり、長時間の使用に耐えるようになった。1972年には膜型人工肺が出現したが、初期の積層型やコイル型のものにはいろいろ問題が多く、その使用は限定されていた。しかし東京女子医科大学の須磨の指導によって1981年頃にはホローファイバー式膜型人工肺が実用化し、近年ではもっぱらこの形のものが使用されている。

 人工心肺の改良とともに心筋保護法にも著しい進歩が見られ、これが開心術の手術成績向上に大いに役立った。初期の開心術は、軽度低体温下の間欠的大動脈遮断によって行われることが多かった。短時間とはいえ心筋虚血の影響は大きく、心房中隔欠損症のような単純奇形の修復手術成績は良好であったが、ファロー四徴症などのより複雑な手術では術後の低心拍出量症候群のためしばらくの間手術成績が向上せず、生存例を得るため非常な努力が積み重ねられた。

 ところが1970年代後半に冷却停止法の出現によって心筋保護に革命的な進歩が見られ、その結果いずれの施設でも手術成績が著明に改善した。体外循環、心筋保護、術前術後管理の進歩によって、すべての分野の心臓手術成績が向上し、その結果手術適応は乳幼児や高齢者に拡大され、従来は不可能とされていた複雑な先天性心疾患の治療も可能になった。

 虚血性心疾患については、本邦では1970年2月に日本大学の瀬在が心拍動下に自家動脈片を用いる大動脈-右冠状動脈バイパスに成功し、同年6月東京女子医科大学の林が体外循環下に左内胸動脈を左前下行枝に吻合し、さらに神戸大学の麻田が大伏在静脈を用いた大動脈−右冠状動脈バイパスに成功をおさめた。心筋保護法の進歩がバイパス手術の安全性を高め、冠状動脈手術が広く一般病院で行われるようになった。さらに1990年代後半に人工心肺を使用しない心拍動下バイパス手術が導入され、合併症が少ないため、多くの症例に使用されるようになっている。この方法の実施については、本邦は世界をリードしているといっても過言ではない。

 近年では外国からの情報も遅滞なく入ってくるため、日本独自の心臓血管外科というものはもはや存在せず、世界の心臓血管外科の一部として活動しているが、その中でも本邦において世界に先がけて開発され、現在も使用されている手術術式としては、単心室の中隔形成、Taussig-Bing奇形の心室内修復、大動脈弁輪の前方拡大、右胃大網動脈を用いた冠状動脈バイパスなどが挙げられる。

 わが国で最初の心臓移植は、1969年8月8日に札幌医科大学の和田によって行われた。この移植に関する疑問とこれに対する当時の医学会の不十分な対応が、脳死移植医療に対する強い国民的不信を呼びおこし、その後長期間心臓移植が行われず、移植医療に関する限りわが国は後進国となってしまった。しかし関係者の継続的な努力によって1997年6月に臓器移植法が国会で可決され、1999年2月28日大阪大学の松田によって心臓移植が再開された。

6.大血管手術

7.日本心臓血管外科学会の国内的・国際的リーダーシップ


日本心臓血管外科会長・理事長・総会会長