わが国における心臓大血管外科発展の歴史と顕彰

特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
名誉会長 古瀬 彰
はじめに
 多くの医学の領域の中で、心臓大血管外科ほど急速な発展を遂げた領域はない。現在では、新生児から超高齢者にいたる幅広い年齢層の心臓大血管疾患に対して日常的にしかも安全に手術が行われている。これは過去に於ける心臓血管外科医を中心とする医療スタッフの献身的な努力の汗の産物であるとともに、当時危険を冒して手術を受けられた患者・家族の涙の結晶である。わが国の心臓血管外科は第二次大戦のためそのスタートは遅れたが、短期間で欧米に追いつき、世界に伍する成績をあげるにいたった。ここではわが国の心臓血管外科の歴史を顧みて、その発展に大きく寄与した業績を紹介する。

1.黎明期の心臓手術

2.非直視下心臓手術

3.常温下の直視下心臓手術

4.低体温法による直視下心臓手術

 常温下の循環遮断時間には3分程度という厳しい制約があり、この間に行うことのできる直視下心臓手術は限られている。1950年にBigelowが発表した全身低体温法はこの遮断時間の延長を可能とするものであり、Lewisらは1953年に本法による心房中隔欠損症の手術に成功し、開心術の扉を開いた。

 東京女子医科大学の榊原(仟)らは、1954年7月10日、肺動脈狭窄症に対し表面冷却法によって直視下肺動脈弁切除を行った。さらに1955年1月11日には、本法で心房中隔欠損症に対する手術を行った。

 一方東京大学の木本は、浅野らの実験的研究に基づいて選択的脳潅流冷却法を臨床に応用し、1955年1月17日に心房中隔欠損症、5月30日に心室中隔欠損症、11月16日にはファロー四徴症の根治手術に成功した。

 このように榊原(仟)らの頭部を含めた全身表面冷却法および木本らの選択的脳潅流冷却法はほとんど同時期に本邦の開心術の曙を告げた重要な方法であったが、もともと同門であった2人が、別な施設で互いに競い合い、このような成果を産んだことは特筆に値しよう。

 この低体温法は東北大学の渡辺、岡村らの実験的研究により一段と深められた。エーテル深麻酔下の表面冷却による超低温法を開発し、直腸温15−17℃で1−2時間の遮断が可能であることを1956年10月の日本胸部外科学会で発表した。この結果は1958年ドイツ外科学会でも報告され、1959年のDrewの体外循環併用による超低体温法の開発につながった。わが国の心臓外科の成果が海外に輸出され、世界に影響を与えるようになったのである。

 この単純超低体温法はその後岩手医科大学に移った岡村、新津らによって臨床応用を重ねられ、東北大学では1961年堀内らによって乳児開心術に応用された。この方法は毛利によってシアトル大学のDillardに伝えられ、米国に広められた。1965年、京都大学の日笠、城谷によって表面冷却法に人工心肺による潅流冷却を加味する方法が乳児開心術に応用されるようになり、好成績を挙げた。この方法はニュージーランドに留学した森(渥視)によってBarratt-Boyesに伝えられ、ここから全世界に発信された。このようにわが国は低体温下開心術の歴史に重要な役割を果たしたのである。

5.人工心肺による直視下心臓手術

6.大血管手術

7.日本心臓血管外科学会の国内的・国際的リーダーシップ


日本心臓血管外科会長・理事長・総会会長