わが国における心臓大血管外科発展の歴史と顕彰

特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
名誉会長 古瀬 彰
はじめに
 多くの医学の領域の中で、心臓大血管外科ほど急速な発展を遂げた領域はない。現在では、新生児から超高齢者にいたる幅広い年齢層の心臓大血管疾患に対して日常的にしかも安全に手術が行われている。これは過去に於ける心臓血管外科医を中心とする医療スタッフの献身的な努力の汗の産物であるとともに、当時危険を冒して手術を受けられた患者・家族の涙の結晶である。わが国の心臓血管外科は第二次大戦のためそのスタートは遅れたが、短期間で欧米に追いつき、世界に伍する成績をあげるにいたった。ここではわが国の心臓血管外科の歴史を顧みて、その発展に大きく寄与した業績を紹介する。

1.黎明期の心臓手術

2.非直視下心臓手術

 欧米で本格的な心臓外科が開始されたのは第二次大戦前後であり、1938年にGrossが動脈管結紮、1944年にBlalockが短絡手術、1948年にはBrockが肺動脈弁切開、Harkenが僧帽弁交連切開などの非直視下心臓手術を行っていた。

 すなわち当時の欧米では敗戦後の日本では信じられないような進歩が見られていたのであり、大きく取り残されていたわが国の外科医は欧米に追いつくために一丸となって努力を積み重ねた。

 わが国における動脈管開存症に対する結紮手術の第1例は1951年5月5日、榊原(亨)によって行われた。東京大学の木本も同年6月21日に、同じく動脈管結紮術を行った。肺動脈狭窄症に対するBrock手術は本邦では榊原(亨)によって1951年7月10日に施行された。

 Blalock手術は1951年11月22日木本によって実施された。患者は6歳男児のファロー四徴症であった。木本は翌年までに10例のBlalock手術を行い、本邦におけるその後の先天性心疾患外科的治療の普及に対して多大の影響を与えた。

 閉鎖性僧帽弁交連切開は榊原(亨)によって1952年7月18日に行われた。

3.常温下の直視下心臓手術

4.低体温法による直視下心臓手術

5.人工心肺による直視下心臓手術

6.大血管手術

7.日本心臓血管外科学会の国内的・国際的リーダーシップ


日本心臓血管外科会長・理事長・総会会長