わが国における心臓大血管外科発展の歴史と顕彰

特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
名誉会長 古瀬 彰
はじめに
 多くの医学の領域の中で、心臓大血管外科ほど急速な発展を遂げた領域はない。現在では、新生児から超高齢者にいたる幅広い年齢層の心臓大血管疾患に対して日常的にしかも安全に手術が行われている。これは過去に於ける心臓血管外科医を中心とする医療スタッフの献身的な努力の汗の産物であるとともに、当時危険を冒して手術を受けられた患者・家族の涙の結晶である。わが国の心臓血管外科は第二次大戦のためそのスタートは遅れたが、短期間で欧米に追いつき、世界に伍する成績をあげるにいたった。ここではわが国の心臓血管外科の歴史を顧みて、その発展に大きく寄与した業績を紹介する。

1.黎明期の心臓手術

 第二次大戦前には世界的にも心臓大血管外科にはまだ搖籃期であり、心膜炎や心臓外傷に対する手術が散発的に行われていたにすぎなかった。わが国では、1928年に千葉大学の瀬尾が収縮性心膜炎の3症例に対して心膜切除術を行っている。

 心臓外傷の手術をわが国ではじめて行ったのは岡山市榊原病院の榊原(亨)である。1936年、喧嘩による心臓刺創で心タンポナーデ状態にあった工事人夫に心膜切開を行ってタンポナーデを解除し、心臓からの出血に対してガーゼによる圧迫止血を行ったのである。翌年、大阪大学の小沢らは鉄片による右室損傷を縫合し、日本外科学会総会でこの止血法をめぐって榊原・小沢の大論戦があった。

 ちなみに外国では心膜切除術も1885年にWeilによって実施されており、心臓縫合は1896年にRehnによって行われていたのであるから、わが国の心臓外科は欧米にくらべかなり遅れてスタートしたといえる。

2.非直視下心臓手術

3.常温下の直視下心臓手術

4.低体温法による直視下心臓手術

5.人工心肺による直視下心臓手術

6.大血管手術

7.日本心臓血管外科学会の国内的・国際的リーダーシップ


日本心臓血管外科会長・理事長・総会会長