第60回日本大腸肛門病学会総会
HOME
会長挨拶
総会概要
日程表
演題募集
宿泊案内
交通図・会場図
English
 

 

参加者へのご案内とお願い

T.参加者および未入会の方へ



1)
各会場は、午前8時00分に開場いたします。
2)
総合受付は、京王プラザホテル本館4Fロビーに下記の時間帯に設置されます。受付で参加費12,000円(コメディカル5,000円)をお支払いください。引き換えに参加証をお渡しします。
 
 
 
10月28日:
午前8時00分〜午後5時00分
 
29日:
午前7時30分〜午後3時00分
3)
参加証には所属、氏名をご記入のうえ、会期中、場内では必ず見やすいところへお付け下さい。
 
4)
本会の演者、共同演者は本学会会員に限ります。未入会の方は速やかに、学会事務局(総合受付花の間の前に設置されます)にて入会の手続きをお取り下さい。
 

U.発表者の皆様へ


 口演発表は、コンピュータープレゼンテーションのみとなります。(ビデオセッション以外)スライドは使用できませんのでご注意下さい。コンピュータープレゼンテーションでは、ノートパソコン、USBメモリー、CD-R(Windows版PowerPointのみ)の持ち込みによる発表が可能です。
 Macの方、動画の容量の大きい方はPC本体(Win,Mac)のお持込をお願いいたします。
受付時間、発表時間、発表方法は下表の通りです。
 時間は厳守してください。発表方法により受付時間が異なりますのでご注意ください。受付時間をすぎると発表できなくなることがあります。

セッション
セッション
発表時間
発 表 方 法
特別企画・シンポジウム 発表セッション開始時刻の1h前まで 事前にお知らせします内容に従ってください。
総合討論
PC
×
×
パネルディスカッション
PC
×
×
ワークショップ
PC
×
×
ビデオシンポジウム
PC
×
VHS
S-VHS
一般(口演)
5分
2分
PC
×
×

PC・ビデオセンターの受付場所、時間について
発表者(演者)の方は、必ず事前に「PC・ビデオセンター」にお越しください。
「PC・ビデオセンター」の場所と開設時間は次のとおりです。
【場 所】 本館4Fけやき
【開設時間】 前 日(27日) 16:00〜18:00
  1日目(28日) 7:30〜17:30
  2日目(29日) 7:30〜17:00
  ※ 午前中に発表がある方は、前日に受付されることをお勧めします。

1. PC発表について
【 ノートパソコンを持込まれる方へ 】
1)
発表1時間前までに「PC・ビデオセンター」にお越しください。
2)
試写用モニターにてケーブルの接続を確認してください。
3)
事務局ではD-sub15ピン(ミニ)のケーブルをご用意いたします(図参照)。
一部のノートパソコンでは本体附属のコネクターが必要な場合がありますので、
必ず持参してください。
4)
ノートパソコンから外部モニターに正しく出力されるか確認してください。個々のパソコンやOSにより設定方法が異なりますので、事前にご確認ください。

5)

画面の解像度はXGA (1024×768) です。このサイズより大きい場合、スライドの周囲が切れてしまいます。
6)
動画は可能ですが、本体の液晶画面に動画が表示されてもPCの外部出力に接続した画面には表示されない場合があります。実際にお持ちいただくPCの外部出力にモニターまたはプロジェクターを接続してご確認下さい。
7)
動画や音声をご使用になる場合は、「PC・ビデオセンター」にて必ず係に申し出てください。  
8)
発表データのファイル名は「(演題番号)(演者名)」とし、必ずデスクトップ画面に保存してください。
9)
スクリーンセーバーならびに省電力設定は事前に解除しておいてください。  
10)
会場にて電源をご用意しておりますので、電源コードを必ずお持ちください。
11)
不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをお持ちください。  
12) 発表開始20分前までに会場内前方演台付近のPCデスクまでお越しの上、ケーブルを接続し、発表に備えてください。
 
13) 発表後はPCデスクにて、PCをお受け取りください。  
14) 発表は、演台にセットされているTFTモニター、キーボード、マウスをご自身で操作してください。
 
     
【 データ(USBメモリー、CD-R)持ち込まれる方へ 】
1) お持込いただけるメディアは、Windows版PowerPointで作成されたデータのみと致します。
Macintoshの方はノートパソコンをご持参ください。
 
 
2) お持込いただけるメディアはUSBメモリー、CD-Rに限ります。
CD-Rにコピーする時には、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したCDのセッションを閉じる)作業を必ず行ってください。この作業が行われなかった場合、データを作成したPC以外でデータを開くことができなくなり、発表が不可能になります。
 
   
 
3) アプリケーションは以下のものをご用意します。
Windows版   PowerPoint 2003/PowerPoint 2000
   
4) 不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをお持ちください。
5) 持ち込まれるCD-Rには、当日発表されるデータ(完成版)とその他データ(動画等)以外
入れないようにしてください。
 
 
6) ファイル名は「(演題番号)(演者名)(会場番号).ppt」としてください。
例: 1大腸太郎1.ppt
 
7) 発表に使用するPCは全てXGA(1024×768)に統一してありますので、ご使用のPCの解像度をXGAに合わせてからレイアウトの確認をしてください。  
 
8) フォントはOS標準のもののみご用意いたします。(WindowsXP)
画面レイアウトのバランス異常を防ぐためフォントは「MSゴシック」「MS明朝」をお奨めします。
 
 
9) 画面をぎりぎりまで使用すると再現環境の違いにより文字や画像のはみ出し等の原因になることがあります。  
 
10) ディスク作成後、他のパソコンで正常に動作するか確認してください。
11) 動画について、動画を PowerPoint に埋め込む場合、Windows Media Player で動作する形式をできるだけお使いください。動画を使用する場合、リンク切れにご注意ください。これはデータをメディアにコピーした後、作成したPC以外のPCで動作確認する事によりチェックできます。なお、動画ファイルには拡張子 ( .wmv / .mpg など )を必ずつけてください。また、使用動画データもフォルダに一緒に保存してください。  
 
 
 
 
12) 動画や音声をご使用になる場合は、「PC・ビデオセンター」にて必ず係に申し出てください。
 
13) メディアを介したウィルス感染の事例がありますので、最新のウィルス駆除ソフトでチェックしてください。  
 
14) 発表1時間前までに「PC・ビデオセンター」にお越しください。
15) データをHDにコピーし、試写用パソコンにて動作を確認してください。
※「PC・ビデオセンター」ではデータの修正、変更はできませんので、予めご了承ください。データはLAN回線を経由して、ご発表会場まで送信されます。
 
 
 
16) 動作確認後、メディアは一旦お返しいたしますが、バックアップ用として使用しますので会場内前方演台付近のPCデスクのオペレーターにお渡しください。
 
17) プログラム開始20分前までに会場内前方演台付近のPCデスクまでお越しの上、ご自身のデータをご確認頂き、発表に備えてください。  
 
18) 発表は、演台にセットされているTFTモニター、キーボード、マウスを使用し先生ご自身で操作してください。
 
19) 発表後はPCデスクにて、メディアをお受け取りください。コピーした発表データは、発表終了後、消去いたします。  
 
   
2. 一般演題(口演)の方へ  
1) すべての発表は、コンピュータープレゼンテーションのみとなります。スライドは使用できませんのでご注意下さい。詳しくは、「1.PC発表について」をご覧下さい。
 
2) 今回はポスターの発表はございません。
   
3. ビデオで発表の方へ
1) テープの規格はVHS、S-VHS(NTSC)のみとします。録画は必ず標準で行ってください。
 
2) 説明音声の使用は自由ですが、受付の際に必ず申し出てください。
3) 受付にてテープの頭出しの確認はしますが、各自、事前に頭出しをしておいてください。
4) 試写はできませんので、ご了承ください。
   
4. シンポジウム・パネルディスカッション・ビデオパネルディスカッション・ワークショップの方へ
発表時間、発表方法、事前の打合せの有無につきましては、事前にお知らせ致しますものに従って下さい。
   
5. 司会、座長の方へ
1) 担当セッション開始15分前までに、各会場の進行係にお申し出いただき、指定の座長席にお着き下さい。
 

V.ランチョンセミナーのご案内

10月28日(金)・29日(土)両日ともランチョンセミナーを行います。(参加ご希望の方は、直接会場へお越しください)

W.医療機器展示、医薬品展示について

本館4F花BCで行います。また、同時に休憩コーナーを併設いたしますのでご利用ください。

X.会員交流会場のお知らせ

会員交流会場として、前日(27日)19時より(錦)、1日目(28日)19時より(錦)準備させていただきます。お待合わせ等にご活用ください。

このページのトップへ