演題募集は終了いたしました。沢山のご応募ありがとうございました。




【発表種別】
 以下の発表種別からご選択ください。
   ※  一般演題は「口演」はございません。「ポスター発表」と「クリニカルパス展示」となります。
   ※  【第14回学術集会賞】は「一般演題:ポスター発表」からの選出となります。
   ※  公募演題は必ずしも応募されたセッションで採用されない場合がございます。

 1)シンポジウム:以下よりご選択ください
   シンポジウム(一部公募):患者に優しいクリニカルパス
    公募要旨をダウンロード

   シンポジウム(一部公募):地域連携パスと地域包括医療(ケア)
    公募要旨をダウンロード

   シンポジウム(公募):医科歯科連携
    公募要旨をダウンロード

   シンポジウム(一部公募):がん薬物療法等に取り組む薬剤師とクリニカルパス
                〜チーム医療と連携パス〜
    公募要旨をダウンロード

   シンポジウム(公募):多職種チーム医療の充実に向けて
    公募要旨をダウンロード

   シンポジウム(指定) 本当のところ,それぞれのメーカーの電子パスはどこまで出来るの?
〜電子パス標準化に向けて,電子化委員会スタート記念企画〜

 2)パネルディスカッション:以下よりご選択ください
   パネル(一部公募):BOMの活用〜標準化そしてベンチマークへ〜
    公募要旨をダウンロード

   パネル(一部公募):クリニカルパスの次なる飛躍の可能性
    公募要旨をダウンロード

 3)ワークショップ:以下よりご選択ください
   ワークショップ(一部公募) 認知症ケアを考える集い
〜豊かに生きるための支援体制整備に何が必要か〜
公募要旨をダウンロード

   ワークショップ(一部公募) 患者中心のケアを提供するために必要なこと〜看護過程とパス〜
公募要旨をダウンロード

 4)特別企画
   特別企画(指定): 本人ないし家族がパスで治療を受けた会員の本音トーク

 5)一般演題:以下よりご選択ください
   一般演題(ポスター発表)
   クリニカルパス展示

 6)その他:以下よりご選択ください
   特別講演
   教育講演
   教育セミナー
   論文セミナー
   プレコングレスワークショップ
               
開催日時:平成25年10月31日(木)16:00〜18:30(予定)
会場:アイーナ8F 804A・B室(300席)
1、「看護過程をパスに取り込む」についてのグループワーク
2、募集人数:100名(1グループ10でのグループワーク)
3、グループワークでの成果物は学術集会中、会場内に展示します
   その他


【応募カテゴリー】
(1)(2)よりご選択ください。

応募カテゴリー(1)
※  発表種別で一般演題(ポスター発表)を選んだ場合、以下のカテゴリーをお選びください。
※  公募演題が希望のセッションに採用されなかった場合、一般演題(ポスター発表)で採用となる際のカテゴリー選択です。応募演題に関連するカテゴリーをお選びください。
※  公募演題で希望のセッションに採用されなかった場合、「発表しない」を選んだ方は、「22.その他」を選択してください。
※  指定演者は「22.その他」を選択してください。
01.導入・普及 02.感染管理 03.DPC 04.栄養管理 05.教育
06.リハビリテーション 07.記録・効率化 08.薬剤 09.アウトカムとバリアンス
10.内科系疾患 11.EBM 12.外科系疾患 13.がん関連 14.救命救急 15.地域連携
16.手術室・ICU 17.医療の質 18.チーム医療 19.医療安全 20.組織運営
21.電子化 22.その他

応募カテゴリー(2)
※ 発表種別で、クリニカルパス展示を選んだ場合のみ必須選択です。
01.循環器科 02.消化器科 03.呼吸器科 04.精神科 05.小児・小児外科 06.外科
07.整形外科 08.形成外科 09.皮膚科 10.泌尿器科 11.眼科 12.耳鼻咽喉科
13.放射線科 14.産科 15.婦人科 16.麻酔科 17.脳神経外科 18.神経内科
19.手術室・ICU 20.歯科口腔外科 21.栄養関係 22.薬剤関係 23.検査関係
24.地域連携 25.電子化 26.その他
21.電子化 22.その他


【抄録本文の入力方法】<重要>
※  抄録に記載される用語は『クリニカルパス用語解説集』に準拠してください。
※  抄録に使用された語などが読者の誤解を招きかねないものは、事務局側で修正させていただく場合があります。ご了承ください。
※  「クリニカルパス展示」を選択された方は抄録本文の入力は不要ですので、入力欄に「なし」と記入して下さい。
※  それ以外の発表をご希望の方は、抄録が必要となります。制限文字数は700文字になります。この字数を超えると登録できません
※  抄録本文は、下記の演題分類および書式に従って入力してください。

1)科学的研究(効果検証のなされたパス作成を含む)
 【目的】【方法】【結果】【考察】【結論】の順に作成してください。
  抄録作成書式をダウンロード

2)パス作成(効果検証のないもの)
 【はじめに】【作成】【運用】【考察】【結論】の順に作成してください。
  抄録作成書式をダウンロード

3)活動紹介
 【はじめに】【活動内容】【考察】【結論】の順に作成してください。
  抄録作成書式をダウンロード

4)症例・事例報告
 【はじめに】【症例・事例】【考察】【結論】の順に作成してください。
  抄録作成書式をダウンロード

5)システム開発のみ
 【対象】【デザイン】【測定】【結果】【考察】【結論】の順に作成してください。
  抄録作成書式をダウンロード

6)システム検証のみ
 【はじめに】【概要】【考察】【結論】の順に作成してください。
  抄録作成書式をダウンロード




1) 応募はホームページからのオンライン登録のみといたします。
事前に、登録システム利用上の注意をご確認ください。
UMINオンライン演題登録システム(UMIN)では、Internet Explorer、Netscape、Safari、Firefox以外のブラウザでは演題登録できません。
それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
なお、Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
オンライン演題登録後は、確実に登録されているか、確認修正画面にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認ください。

2)入力について
    ・ 登録画面上の項目にしたがって、入力してください。
    ・ 図表は使用できません。
    ・ 事前に抄録の本文を作成、保存しておき、ペーストする方法をお勧めします。
    ・ 総文字数(著者名・所属・演題名・抄録本文の合計)は、860字以内とします。

★オンライン演題登録システムFAQ(一般利用者用)
http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htmもしうまく利用ができない場合には、お問い合わせの前にUMINホームページで障害が発生していないかまずご確認ください。
UMIN一般公開ホームページ http://www.umin.ac.jp/


【演題の採否】
   ・ 演題の採否・分類項目・発表形式はプログラム委員会にご一任ください。
   ・ 採否結果は、プログラム確定後に登録頂いたメールアドレスと学会ホームページ内にも掲載いたします。※演題登録時にメールアドレスを誤って入力した場合、採否結果のメールが届きませんのでご注意ください。
   ・ 抄録集印刷時にページ体裁を整えるため、内容に影響がない範囲で抄録本文を編集させていただく場合がありますのでご了承ください。
   ・ 演者は採択を確認後、必ず学術集会の事前登録を行ってください。

【日本クリニカルパス学会 第14回学術集会賞】
   ・ 今年も優秀な演題へ【第14回学術集会賞】が授与されます。
   ・ 応募資格(ポスターへの演題登録)
事前審査で20演題がノミネートされ、当日審査で最優秀賞1名と優秀賞5名が選ばれます。表彰は懇親会(11/1)で行います。最優秀賞・優秀賞には副賞が授与されます。
最優秀賞に選ばれた方は原則として学会誌への論文投稿をお願いいたします

【座長賞】
一般演題(ポスター)の各発表セッションにおいて、セッション終了時に担当座長による評価をもとに1名を表彰いたします。


【演題応募資格】
筆頭演者は、日本クリニカルパス学会の個人会員あるいは所属する施設が法人会員となっていることが必要です。未加入の方は演題締切日までに学会ホームページから、必ず入会手続きをお取り下さい。

<入会案内はこちら>
http://www.jscp.gr.jp/contact/




日本クリニカルパス学会事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-10-605
TEL:03-3354-2005 FAX:03-3354-2017
Email:jscp-admin@umin.ac.jp



■学術集会事務局
岩手県立中部病院
〒024-8507 岩手県北上市村崎野17地割10
Tel: 0197-71-1511


■運営事務局
有限会社ヤマダプランニング
〒020-0011 盛岡市三ツ割字久保屋敷13-21
Tel: 019-663-1801 Fax: 019-663-1802
Email: cvs@yamada-planning.co.jp


Copyright © 2013 The 14th Annual Congress of Japanese Society of Clinical Pathway All rights reserved.