キーシンポジウム14 (KS_14) 転移性腫瘍に対する治療戦略
10月 14日(木) 13:10〜16:00 未来会館 第15 会場 戻る Top へ



司会
東京医科大学 第3外科 小柳 泰久



新潟大学 第1外科 畠山 勝義


基調講演
転移性腫瘍に対する治療戦略
横須賀共済病院 大原

1
進行癌患者のMMP-1活性 -全身ハイパーサーミアにおける検討-
ルカ病院 ハイパーサーミア治療部 竹内

2
転移性脊椎腫瘍の術中照射
東京都立駒込病院 放射線科 唐澤 克之

3
転移性進行胃癌に対する5-FU持続静注(5FUci) 対 5-FU+CDDP(FP) 対 UFT+MMC(UFTM)の第三相臨床試験(JCOG 9205)
JCOG 消化器がん内科グループ 白尾 国昭

4
胃癌の肝転移に対する手術治療の成績
石川県立中央病院 一般消化器外科 山田 哲司

5
大腸癌肺転移に対する治療戦略
横浜市立大学 第2外科 秀之

6
大腸癌肺転移に対する肺切除の遠隔成績と治療戦略
久留米大学 外科 緒方

7
大腸癌に対する治療戦略
東京都立駒込病院 外科 安野 正道

8
大腸癌肝転移症例に対する外科治療とその成績
浜松医科大学 第2外科 鈴木 昌八

9
大腸癌肝転移に対する治療戦略及びその成績
兵庫医科大学 第2外科 野田 雅史