第23巻1号(2008年1月)


テーマ 分子イメージングとDDS
年頭にあたって 1. DDS研究プロジェクトの展開に期待して
2. DDSの挑戦
橋田 充
岡野光夫
巻頭言 分子イメージングとDDSー特集によせてー 杉山雄一
座談会 DDSの現在・過去・未来ー永井賞と水島賞をめぐって
OPINION いま、統合的ライフサイエンスの渦中で 渡辺恭良

特 集

1. イメージングプローブの開発と応用

佐治英郎

2. ターゲティングを用いたMRI造影剤

白石貢一・横山昌幸

3. DDS製剤開発のためのイメージング技術

浦上武雄・奥 直人

4.創薬・DDSにおける分子イメージング

渡辺恭良

5.DDSによるMR分子イメージングへ

青木伊知男・
Rumiana Bakalova

ミニ解説
話題のウイルス
インターフェロンとウイルス
松山俊文
ウイルス関連血球貪食症候群 津田弘之
サイトメガロウイルス 南嶋洋一
DDS製品開発の最前線
【連載5】
徐放性微粒子を含有する口腔内崩壊錠
ハルナールD錠
西浦 希・水本隆雄

若手研究者のひろば

長期徐放性マイクロスフェアならびに
細胞透過性ペプチド修飾ナノ粒子による遺伝子デリバリー

高島由季
DDS用語解説 マイクロドーズ臨床試験/PET and PPIS