第21巻1号(2006年1月)


テーマ がんの分子標的治療

年頭にあたって

1. 20年の歴史のつぎにくるもの
2. DDSの実用化への挑戦

橋田 充
岡野光夫
巻頭言 分子標的治療における最新の進歩 ー特集によせてー 山口俊晴

TOPICS

日本DDS学会創立20周年シンポジウムを振り返って

眞弓忠範・加藤哲郎
河野 茂・吉野廣祐

特 集

1. 分子標的治療薬のオーバービュー

矢守隆夫

2. テロメア維持機構をターゲットとしたがん治療

清宮啓之

3.創薬へ向けたヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の化学遺伝学

吉田 稔

4. 高分子キャリアによる細胞内ドラッグデリバリーの新しい展開

西山伸宏・片岡一則

5. 膀胱がんに対する新しい治療
ーSmall interfering RNAを用いた膀胱内注入療法を目指してー

湯浅 健・土谷順彦

6. 大腸がんに対する分子標的療法 水沼信之
7. ゲフィチニブ(イレッサ)の動向 武田真幸・西尾和人
REPORT
第16回マイクロマシン展で日本DDS学会の展示を行って 山本雅哉・河野健司ほか
ミニ解説
話題のウイルス
○ 肝炎ウイルス
○ 単純ヘルペスウイルス2型
森山 優・加藤直也ほか
川名 尚
学会印象記 The 8th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems 川上 茂

若手研究者のひろば

○ 水系および溶媒系から調製される腸溶性フィルム特性

坂東博人
○ 細胞内動態の定量化情報に基づいた人工ベクターの創製 秋田英万

DDS用語解説

 ケミカルバイオロジー
 マテリアルゲノミクス
 細胞老化
 核酸医薬