会頭講演 小児科学会賞記念講演 招待講演 国際シンポジウム
教育講演 総合シンポジウム 分野別シンポジウム イブニングシンポジウム
希望演題 分野別ワークショップ ランチョンセミナー イブニングセミナー

会頭講演
4月21日(金) 13:00〜13:30 A会場
座長: 谷口 昂(金沢大学名誉教授・小松療育園)
観察、発見、挑戦の小児科学・小児医療 −HO-1欠損症発見から学んだこと−
小泉 晶一(金沢大学大学院医学系研究科小児科)

小児科学会賞記念講演 ▲TOPへ戻る
4月23日(日) 14:30〜15:00 A会場
座長: 衞藤 義勝(小児科学会長,東京慈恵医科大学小児科)
川崎病初期認識の日米の相異論
川崎 富作(特定非営利活動法人 日本川崎病研究センター)
招待講演 ▲TOPへ戻る
1) 4月21日(金) 13:30〜14:30 A会場
座長: 小泉 晶一(金沢大学大学院医学系研究科小児科)
アポトーシス細胞の貪食とその異常
長田 重一(大阪大学大学院医学系研究科生体制御医学遺伝学)
 
2) 4月22日(土) 13:00〜14:00 A会場
座長: 杉本 徹(京都府立医科大学小児科)
脳科学と教育」研究の現状と将来展望
小泉 英明
(独立行政法人科学技術振興機構,独立行政法人国立環境研究所監事
株式会社日立製作所)
 
3) 4月22日(土) 14:00〜15:00 A会場
座長: 衞藤 義勝(小児科学会長,東京慈恵医科大学小児科)
Genomic Medicine: Incorporation into Genral Pediatrics
Edward R.B. McCabe
(Department of Pediatrics and Department of Human Genetics UCLA
次期 米国小児科学会会長)
 
4) 4月21日(金) 14:30〜15:00 B会場
座長: 戸刈 創(名古屋市立大学小児科)
Neonatal Chronic Lung Disease: Insights from Authentic Animal Models
Richard D Bland
(Professor of Pediatrics, Stanford University School of Medicine, Stanford, California USA)

国際シンポジウム International Symposium ▲TOPへ戻る
国際シンポジウム1
IS1 4月21日(金) 9:00〜11:45 A会場
Gene therapy 20 years later:
Does is still hold promise for pediatric diseases?    
Past, present and future of gene therapy for childhood illnesses
Moderators Fabio Candotti (Genetics and Molecular Biology Branch, National Human Genome Research Institute, National Institutes of Health, USA)
Tadashi Ariga (Department of Pediatrics, Hokkaido University Graduate School of Medicine)
IS1-1 Introduction to the symposium of gene therapy for childhood illnesses
Tadashi Ariga (Department of Pediatrics, Hokkaido University Graduate School of Medicine)
IS1-2 Gene therapy for severe combined immunodeficiency: advances and drawbacks
Fabio Candotti (Genetics and Molecular Biology Branch, National Human Genome Research Institute, National Institutes of Health, USA)
IS1-3 Successful gene therapy for ADA deficiency in Japan
Makoto Otsu (Department of Clinical and Experimental Medicine, University of Tsukuba)
IS1-4 What we have learned from X-SCID gene therapy and future perspective
Satoru Kumaki (Department of Pediatric Oncology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University)
IS1-5 Perspectives on Gene Therapy for Chronic Granulomatous Disease
Hiroyuki Nunoi (Department of Pediatrics, Miyazaki Medical College, University of Miyazaki)
IS1-6 Gene and Cell Therapy for Relapsed Leukemia after Allogeneic Stem Cell Transplantation
Masafumi Onodera (Gene and Cell Therapy Group, Major of Medical Sciences, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba)
IS1-7 Recent advance and future goals of gene therapy for hereditary neurological and metabolic diseases
Torayuki Okumura (Department of Clinical Genetics and Molecular Medicine, National Center for Child Health and Development)
国際シンポジウム2
IS2 4月21日(金) 14:30〜17:00 A会場
Emerging and reemerging infections in children
Moderators Toshio Miyawaki (Department of Pediatrics, Toyama University)
Hiroyuki Moriuchi (Department of Pediatrics, Nagasaki University)
IS2-1 14:30〜14:55
Genetic susceptibility and immune evasion in SARS and avian influenza
Yu-lung LAU (Department of Paediatrics and Adolescent Medicine, Queen Mary Hospital, The University of Hong Kong, Hong Kong)
IS2-2 14:55〜15:20
Role of clinical research in prevention and control of emerging diseases: SARS and avian influenza
Hitoshi Oshitani (Department of Virology, Tohoku University, Graduate School of Medicine)
IS2-3 15:20〜15:45
Dengue: clinical features and an immune mechanism of thrombocytopenia
Kazunori Oishi (Department of Special Pathogens, International Research Center, Institute for Microbial Diseases, Osaka University)
IS2-4 15:45〜16:10
Preliminary Study on human metapneumovirus infections in infants and young children with acute respiratory infections in Beijing, China
Yuan QIAN (Capital Institute of Pediatrics in Beijing)
IS2-5 16.10〜16:35
Genetic Bases and Epidemiology of Mendelian Susceptibility to Mycobacterial Infection in Japan
Hidetoshi Takada (Department of Pediatrics, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University)
IS2-6 16.35〜17:00
Regulation of Cytokine Dynamics during Human Tuberculosis: the Role of Mitogen-activated Protein Kinase Pathways
Eun-Kyeong Jo (Dept. of Microbiology, College of Medicine, Chungnam National University)
国際シンポジウム3
IS3 4月22日(土) 9:00〜11:45 B会場
Can pulmonary hypertension be cured? Lessons learned from bench and bedside.
Moderators M. Rabinovitch (Stanford University School of Medicine)
Yoshihide Mitani (Department of Pediatrics, Mie University Graduate School of Medicine)
IS3-1 Intersecting Pathways Converge in Inducing Pulmonary Vascular Disease: Implications for Reversing Advanced Pathology
M. Rabinovitch (Stanford University School of Medicine)
IS3-2 Pediatric PAH Patients In Japan―Genetic Backgrounds and Treatment Update―
Tsutomu Saji (Department of Pediatrics, Toho University Medical Center, Omori Hospital)
IS3-3 Living-Donor Lobar Lung Transplantation for Pediatric Patients with Primary Pulmonary Hypertension
Hiroshi Date (Department of Cancer and Thoracic Surgery, Okayama University Graduate School)
IS3-4 Clinical Features in Patients with Idiopathic Pulmonary Arterial Hypertension or Familial Pulmonary Arterial Hypertension who have TGF-β Receptor Genes Mutations
Norifumi Nakanishi (Division of Cardiology, Department of Medicine, National Cardiovascular Center Osaka, Japan)
IS3-5 Roles of TGF-β superfamily signaling in the development of pulmonary hypertension 
Kohei Miyazono (Department of Molecular Pathology, Graduate School of Medicine, University of Tokyo)
IS3-6 Osteopontin could be a novel target for the treatment of pulmonary arterial hypertension
Yasushi Hoshikawa (Department of Thoracic Surgery, Institute of Development, Aging, and Cancer, Tohoku University)
IS3-7 Roles of vascular inflammation and bone marrow-derived stem cells in the pathogenesis of pulmonary hypertension: Pulmonary endothelial function revisited
Yoshihide Mitani (Department of Pediatrics, Mie University Graduate School of Medicine)

教育講演 ▲TOPへ戻る
E-1 4月22日(土) 15:00〜15:30 A会場
座長: 古川 漸(山口大学医学部小児科)
ヒト化抗IL-6受容体抗体による炎症性疾患の治療
西本 憲弘(大阪大学大学院生命機能研究科免疫制御学講座)
E-2 4月22日(土) 15:30〜16:00 A会場
座長: 福永 慶隆(日本医科大学付属病院小児科)
原発性免疫不全症候群の病因・病態
野々山 恵章(防衛医科大学小児科)
E-3 4月23日(日) 9:00〜9:30 A会場
座長: 高橋 弘昭(金沢医科大学小児科)
法医学的視点からみた児童虐待
河野 朗久
(医療法人河野外科医院
滋賀医大法医学(大阪府監察医/児童虐待等危機介入援助チーム委員)
(兵庫県こども家庭センターアドバイザー))
E-4 4月23日(日) 9:30〜10:00 A会場
座長: 関 秀俊(金沢大学医学部保健学科)
子どものうつ病−その心に何が起きているのか?−
傳田 健三
(北海道大学院医学研究科 脳科学専攻 神経機能学講座 精神医学分野)
E-5 4月23日(日) 10:00〜10:30 A会場
座長: 香美 祥二(徳島大学小児科)
軽度発達障害の理解と特別支援教育:高機能自閉症を中心に
橋本 俊顕(鳴門教育大学障害児教育講座)
E-6 4月23日(日) 10:30〜11:00 A会場
座長: 内山 聖(新潟大学小児科)
ABO血液型不適合腎移植ー小児例を含む
高橋 公太(新潟大学大学院医歯学総合研究科 腎泌尿器病態学分野)
E-7 4月23日(日) 11:00〜11:30 A会場
座長:
1型糖尿病に対する膵島移植の進展
松本 慎一(京都大学医学部附属病院 臓器移植医療部)
E-8 4月23日(日) 11:30〜12:00 A会場
座長: 佐藤 保(石川整肢学園)
子どもの2型糖尿病−今昔−
内潟 安子(東京女子医大糖尿病センター)
E-9 4月23日(日) 13:15〜13:45 A会場
座長: 別所 文雄(杏林大学小児科)
小児科領域におけるITの活用
小池 健一(信州大学医学部小児医学)
E-10 4月23日(日) 13:45〜14:15 A会場
座長: 浅野 喜造(藤田保健衛生大学小児科)
コンセンサス2005 −心肺蘇生指針を新たに変えた科学−
清水 直樹(国立成育医療センター手術集中治療部)


総合シンポジウム ▲TOPへ戻る
総合シンポジウム1
わが国の小児科医が提唱し確立した新たな疾患とその現代的意義
4月21日(金) 9:00〜11:45 B会場
モデレーター 五十嵐 隆(東京大学大学院医学系研究科小児科教授)
遠藤 文夫(熊本大学医学薬学研究部小児科学分野)
GS1-1 川崎病の発見
川崎 富作(特定非営利活動法人 日本川崎病研究センター)
GS1-2 川崎病の発見が小児科臨床に与えたインパクト
横田 俊平(横浜市立大学小児科教授)
GS1-3 Chediak-Higashi症候群の発見
東 音高(元秋田大学医学部小児科教授)
GS1-4 先天性免疫不全症候群研究の進歩
森尾 友宏(東京医科歯科大学大学院・発達病態小児科学分野・助教授)
GS1-5 福山型筋ジストロフィー症の発見
福山 幸夫(東京女子医科大学小児科名誉教授)
GS1-6 筋ジストロフィー研究の進歩
松尾 雅文(神戸大学大学院医学系研究科小児科教授)
GS1-7 Fanconi型腎性くる病を伴う肝腎型チロジン血症の発見を巡って
北川 照男(日本大学医学部小児科名誉教授)
GS1-8 遺伝性高チロシン血症のその後の展開
遠藤 文夫(熊本大学医学薬学研究部小児科学分野)
総合シンポジウム2
我が国の小児科臨床研修の問題点とその解決策
−新臨床研修制度導入で何が起こりつつあるか−
4月21日(金) 15:00〜17:00 B会場
モデレーター 横田 俊平(横浜市立大学小児科)
山城 雄一郎(順天堂大学小児科)
GS2-1 初期臨床研修について 大学病院の立場から
中畑 龍俊(京都大学大学院医学研究科発達小児科学)
GS2-2 初期臨床研修について 一般病院の立場から
安次嶺 馨(沖縄県立那覇病院)
GS2-3 後期(専門医)研修について 大学病院の立場から
横田 俊平(横浜市立大学小児科)
GS2-4 後期(専門医)研修について 小児病院の立場から
高山ジョン一郎(国立成育医療センター総合診療部長)
GS2-5 後期(専門医)研修について 一般病院の立場から
小太刀 康夫(亀田総合病院小児科)
総合シンポジウム3
小児医療のグランドデザイン:小児医療改革案のまとめと今後の展望
4月23日(日) 9:00〜12:00 B会場
モデレーター 中澤 誠(東京女子医科大学)
熱田 裕(熱田小児科クリニック)
GS3-1 地方会が検討してきた小児医療提供体制の将来計画案
藤村 正哲
(日本小児科学会小児医療改革・救急プロジェクトチーム
大阪府立母子保健総合医療センター)
GS3-2 小児医療集約化・重点化の問題点と解決策を探る
桑原 正彦(日本小児科医会・桑原医院)
GS3-3 小児医療提供体制の充実に向けて
谷口 隆(厚生労働省医政局指導課 課長)
GS3-4 小児科医ストレス調査
梅原 桂
青谷 裕文
惠谷 ゆり
江原 伯陽
大矢 幸弘
高山ジョン一郎
Yasuko F Chuck
舟本 仁一
松裏 裕行
和田 紀久
柳原 恵子
中澤 誠
藤村 正哲
(日本小児科学会QOL改善プロジェクトチーム )
GS3-5 小児科医が少ない地方小都市における小児救急医療体制
渡部 誠一(土浦協同病院小児科)
GS3-6 都市における小児救急医療〜自治体連携による豊能広域こども急病センターの取り組み〜
山本 威久(箕面市立病院小児科)

分野別シンポジウム ▲TOPへ戻る
分野別シンポジウム1
4月21日(金)15 :00〜17:00 C会場
小児科における適応外使用と治験推進のためのアクションプラン
モデレーター 伊藤 進(香川大学小児科)
原 寿郎(九州大学成長発達医学)
SS1-1 新生児未熟児における医師主導型治験「静注用フェノバルビタールの新生児けいれんに
対する有効性・安全性に関する研究」実施にあたって
河田 興
伊藤 進
大久保 賢介
(香川大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター
新生児部 同小児科学)
SS1-2 小児薬物療法におけるデータネットワークモデルの構築と応用
石川 洋一(国立成育医療センター薬剤部・治験管理室)
SS1-3 未承認薬使用問題検討会議での取り組み
大澤 真木子(東京女子医科大学小児科)
SS1-4 小児医薬品開発環境改善のための製薬企業の課題
山口 文恵(日本製薬工業協会臨床評価部会)
SS1-5 小児適応外使用医薬品の厚生労働省の取り組み
佐藤 岳幸(厚生労働省医薬食品局審査管理課課長補佐)
SS1-6 指定発言
中村 秀文(国立成育センター治験管理室長)
分野別シンポジウム2
4月22日(土) 9:00〜11:00 C会場
小児血液難病に対する遺伝子・再生治療
モデレーター 中畑 龍俊(京都大学大学院医学研究科発達小児科学)
土屋 滋(東北大学加齢医学研究所)
SS2-1 Upshaw-Schulman症候群:仮面をかぶった血小板減少症
藤村 吉博(奈良県立医科大学輸血部)
SS2-2 白血病の遺伝子診断と将来の遺伝子医療の展望
滝  智彦(京都府立医科大学大学院分子病態検査医学)
SS2-3 ウイルス特異的細胞傷害性T細胞を用いた免疫療法の基盤的研究
葛島 清隆(愛知がんセンター腫瘍免疫研究部)
SS2-4 ヒト造血幹細胞測定用NOD/SCID/gcnull (NOG)マウスの開発と再生医療への応用
平松 英文(京都大学大学院医学研究科発達小児科学)
SS2-5 Ex vivo増幅臍帯血移植に向けたトランスレーショナルリサーチ
伊藤 仁也(先端医療センター再生医療診療科)
分野別シンポジウム3
4月22日(土) 9:00〜11:00 D会場
小児医療の未来─チャイルド・ライフ・スペシャリストの活動を通して
モデレーター 本郷 輝明(浜松医科大学小児科)
藤井 あけみ(宮城県立こども病院)
SS3-1 周術期におけるチャイルド・ライフ・スペシャリストの役割
藤井 あけみ(宮城県立こども病院)
周術期におけるチャイルド・ライフ・スペシャリストの役割
コメンテーター 真田 武彦(宮城県立こども病院形成外科)
SS3-2 ターミナル期の親をもつこどもへの支援
青木 睦恵(静岡県立静岡がんセンター 4東病棟CLS)
family-centered-careを目指してのチーム医療
:チャイルドライフスペシャリストと小児科医の連携
コメンテーター 石田 裕二(静岡県立静岡がんセンター小児科)
SS3-3 プレイルームと処置室でのチャイルドライフ・スペシャリストの活躍とその評価
世古口 さやか(浜松医科大学附属病院)
プレイルームと処置室におけるチャイルドライフ・スペシャリストプログラムの評価
〜こどもと家族の評価から〜
コメンテーター 本郷 輝明(浜松医科大学小児科)
SS3-4 CLSによるプリパレイション/メディカルプレイ/ディストラクション
五十嵐智美(三重大学医学部附属病院小児科)
小児科医から見たチャイルドライフ・スペシャリストによるプレパレイション/
メディカルプレイ/ディストラクション
コメンテーター 堀 浩樹(三重大学医学系研究科小児発達医学)
分野別シンポジウム4
4月22日(土) 14:00〜16:00 B会場
インフルエンザup-to-date
モデレーター 森島 恒雄(岡山大学大学院医歯学総合研究科)
岡部 信彦(国立感染症研究所感染症情報センター)
SS4-1 世界のインフルエンザの現況(仮題)
岡部 信彦(国立感染症研究所感染症情報センター)
SS4-2 抗インフルエンザ薬の現況
菅谷 憲夫(神奈川県警友会けいゆう病院小児科部長)
SS4-3 インフルエンザ脳症−ガイドラインの作成からゲノム解析まで−
森島 恒雄(岡山大学大学院医歯学総合研究科)
SS4-4 インフルエンザ脳症における家族ケア
坂下 裕子(インフルエンザ・脳症の会「小さないのち」代表)
分野別シンポジウム5
4月22日(土) 14:00〜16:00 C会場
乳幼児気管支喘息治療の早期介入
モデレーター 森川 昭廣(群馬大学大学院医学系研究科)
谷内江 昭宏(金沢大学医学部保健学科)
SS5-1 アレルギー疾患の疫学
小田嶋 博(国立病院機構福岡病院 統括診療部長)
SS5-2 アレルギー疾患発症に関わる遺伝的背景、エピジェネティクス制御と環境因子
斉藤 博久(国立成育医療センター研究所免疫アレルギー研究部)
SS5-3 アレルギー性炎症の発症機序
大島 勇成(福井大学医学部病態制御医学講座小児科)
SS5-4 気管支喘息の発症予防
近藤 直美
松井 永子
川本 典生
青木 美奈子
寺本 貴英
金子 英雄
深尾 敏幸
(岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学)
SS5-5 気管支喘息の早期治療介入
荒川 浩一
森川 昭廣
(群馬大学大学院小児生体防御学)
SS5-6 気管支喘息の新しい治療ガイドラインと免疫療法の現状
谷内江 昭宏(金沢大学医学部保健学科)
分野別シンポジウム6
4月22日(土) 14:00〜16:00 D会場
成長曲線から見えてくるこどもの心の問題
モデレーター 沖 潤一(旭川厚生病院小児科)
渡辺 久子(慶応義塾大学小児科)
SS6-1 成長を科学的に見守るための道具:成長曲線、BMI曲線と身長体重曲線
伊藤 善也(日本赤十字北海道看護大学基礎科学講座)
SS6-2 成長曲線作成による小児期発症神経性食欲不振症のハイリスク児抽出
井ノ口 美香子(慶應義塾大学保健管理センター 同医学部小児科)
SS6-3 成長曲線からわかる子供の心身状態〜成長曲線をかいてみよう〜
間部 裕代(熊本大学病院発達小児科)
SS6-4 身長・体重・体重差グラフが語る子どもの心
小林 正子(国立保健医療科学院生涯保健部行動科学室長)

イブニングシンポジウム
−学術集会・日本小児科学会子ども虐待問題プロジェクト共催プログラム−
▲TOPへ戻る
イブニングシンポジウム1
4月22日(土)18 :00〜20:00 B会場
子ども虐待診療研修セミナー
座長: 宮本 信也(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
ESY1-1 子ども虐待における身体的外傷の診断学
坂井 聖二(坂井医院)
ESY1-2 子ども虐待において画像診断・放射線科医をどのように役立てるか?
相原 敏則(自治医科大学とちぎ子ども医療センター開設準備本部(放射線医学))
イブニングシンポジウム2
4月22日(土) 18:00〜20:00 C会場
急性中耳炎から肺炎まで/鼻咽頭細菌叢/ウイルスと細菌の関連を探る
座長: 砂川 慶介(北里大学感染症学)
ESY2-1 急性気道感染症時にみられる鼻咽腔細菌叢の変化
紺野 昌俊(帝京大学名誉教授)
ESY2-2 小児急性気道感染症における迅速診断について
岩田 敏
松原 啓太
(独立行政法人国立病院機構東京医療センター)
ESY2-3 小児急性気道感染症に関わる主要病原微生物の迅速検出法について
生方 公子(北里大学北里生命科学研究所感染情報研究室)
ESY2-4 小児肺炎例における迅速診断法の適用
田島 剛
中山 栄一
(博慈会記念病院小児科)

希望演題 ▲TOPへ戻る
4月22日(土) 9:00〜11:45 A会場
小児科学・医療にブレークスルーをもたらした症例・研究
座長: 遠藤 文夫(熊本大学附属病院小児科)
水谷 修紀(東京医科歯科大学発達病態小児科学教室)

分野別ワークショップ ▲TOPへ戻る
WS1 4月21日(金) 9:00〜10:30 C会場
未熟児の新しい治療管理方法
座長: 千田 勝一(岩手医科大学医学部小児科)
奥 起久子(川口市立医療センター)
WS2 4月21日(金) 10:30〜11:45 C会場
ダウン症候群とTAM
座長: 伊藤 悦朗(弘前大学小児科)
真部 淳(聖路加国際病院小児科)
WS3 4月21日(金) 9:00〜10:30 D会場
ADHD
座長: 田中 英高(大阪医科大学小児科助教授)
宮島 祐(東京医科大学小児科講師)
WS4 4月21日(金) 10:30〜11:45 D会場
小児のメタボリックシンドロームの診断と治療
座長: 太田 孝男(琉球大学小児科)
大関 武彦(浜松医科大学小児科)
WS5 4月21日(金) 15:00〜16:20 D会場
ネフローゼ症候群の診断と治療
座長: 吉川 徳茂(和歌山県立医科大学小児科)
本田 雅敬(都立八王子小児病院)
WS6 4月23日(日) 9:00〜10:30 C会場
小児炎症性疾患の病態と治療
座長: 西小森 隆太(京都大学大学院医学研究科発達小児科学)
稲毛 康司(日本大学医学部練馬光ケ丘病院小児科)
WS7 4月23日(日) 10:30〜12:00 C会場
外来小児科での共同研究
座長: 絹巻 宏(絹巻小児科クリニック院長)
伊藤 雄平(久留米大学医療センター教授)
ランチョンセミナー ▲TOPへ戻る
LS-1 4月21日(金) 12:00〜12:45 A会場
座長: 竹原 和彦(金沢大学大学院医学系研究科皮膚科学 教授)
小児の掻痒性皮膚疾患の新しい治療戦略
古川 福実(和歌山県立医科大学皮膚科 教授)
LS-2 4月21日(金) 12:00〜12:45 B会場
座長: 小川 俊一(日本医科大学小児科 教授)
川崎病の治療を考える-長期予後を見据えた治療戦略-
M岡 建城(京都府立医科大学大学院医学研究科発達循環病態学 教授)
LS-3 4月21日(金) 12:00〜12:45 C会場
座長: 吉岡 章(奈良県立医科大小児科 教授)
血友病治療 -定期補充療法-
瀧 正志(聖マリアンナ医科大学小児科 助教授)
LS-4 4月21日(金) 12:00〜12:45 D会場
座長: 山城 雄一郎(順天堂大学医学部小児科思春期科 教授)
小児の成長・発達 −成長曲線活用の意義−
「プラダー・ウィリー症候群」
永井 敏郎(獨協医科大学越谷病院小児科 教授)
「SGA性低身長」
板橋 家頭夫(昭和大学医学部小児科学教室 教授)
「発育異常を来たす内分泌疾患」
田中 敏章(国立成育医療センター臨床検査部 部長)
LS-5 4月21日(金) 12:00〜12:45 E会場
座長: 長嶋 正實(あいち小児保健医療総合センター)
WPW症候群の診断と治療
中村 好秀(日本赤十字病院和歌山医療センター 第二小児科)
LS-6 4月21日(金) 12:00〜12:45 F会場
座長: 西間 三馨(独立行政法人国立病院機構福岡病院)
乳幼児気管支喘息治療の新たなアプローチ
向山 徳子(同愛記念病院小児科)
LS-7 4月21日(金) 12:00〜12:45 G会場
座長: 佐々木 望(埼玉医科大学小児科 教授)
小児1型糖尿病に対する最新のインスリン治療
浦上 達彦(日本大学医学部小児科)
LS-8 4月22日(土) 12:00〜12:45 A会場
座長: 尾内 一信(川崎医科大学小児科学第2講座)
最近の溶連菌感染症に関する考察
坂田 宏(JA北海道厚生連旭川厚生病院 主任部長)
LS-9 4月22日(土) 12:00〜12:45 B会場
座長: 石川 司朗(福岡市立こども病院・感染症センター 循環器科 部長)
エンドセリンの生理的機能と、受容体拮抗薬Bosentanの有用性
-Health &Disease-
佐地 勉(東邦大学第一小児科 教授)
LS-10 4月22日(土) 12:00〜12:45 C会場
座長: 衞藤 義勝(東京慈恵医科大学小児科 教授)
先天性骨疾患の診断と治療の進歩
清野 佳紀(大阪厚生年金病院 院長)
LS-11 4月22日(土) 12:00〜12:45 D会場
座長: 砂川 慶介(北里大学医学部感染症学)
市中感染症における抗菌薬療法
-増加する耐性菌感染症にいかに対応するか-
佐藤 吉壮(富士重重工業健康保険組合太田病院 小児科)
LS-12 4月22日(土) 12:00〜12:45 E会場
座長: 加藤 達夫(国立成育医療センター 病院長)
小児中耳炎に対する治療戦略 −耐性菌の抑制は可能か?−
山中 昇(和歌山県立医科大学耳鼻咽喉科 教授)
LS-13 4月22日(土) 12:00〜12:45 F会場
座長: 森川 昭廣(群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学 教授)
小児胸部X線写真の読み方:基本ステップ
川崎 一輝(国立成育医療センター 呼吸器科 医長)
望月 博之(群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学 講師)
LS-14 4月22日(土) 12:00〜12:45 G会場
座長: 河野 陽一(千葉大学大学院医学研究院小児病態学 教授)
新旧 小児気管支喘息治療・管理ガイドラインの違いと今後の治療戦略
西間 三馨(国立病院機構 福岡病院)
LS-15 4月23日(日) 12:15〜13:00 A会場
座長: 平山 宗宏
(母子愛育会 日本子ども家庭総合研究所)
日本におけるワクチンの現状と展望
加藤 達夫(国立成育医療センター 病院長)
LS-16 4月23日(日) 12:15〜13:00 B会場
座長: 小田島 安平(埼玉医科大学小児科)
小児気管支喘息の新しい治療戦略−JPGL2005の読み解き方−
勝沼 俊雄(東京慈恵医科大学小児科)
LS-17 4月23日(日) 12:15〜13:00 C会場
座長: 武内 可尚(中村病院小児科)
インフルエンザの現状と課題
菅谷 憲夫(神奈川県警友会けいゆう病院)
LS-18 4月23日(日) 12:15〜13:00 D会場
座長: 佐地 勉(東邦大学医療センター大森病院小児科 教授)
川崎病と疫学
全国調査の最新情報も含めて
中村 好一(自治医科大学公衆衛生学教室 教授)
LS-19 4月23日(日) 12:15〜13:00 E会場
座長: 金子 一成(関西医科大学小児科 教授)
望まれる夜尿症診療は−どのように治療を進めるか−
赤司 俊二(新都心こどもクリニック 院長,日本夜尿学会理事長)
LS-20 4月23日(日) 12:15〜13:00 F会場
座長: 岩田 敏(国立病院機構東京医療センター小児科 医長)
遷延化する急性呼吸器感染症とその対策
黒崎 知道(千葉市立海浜病院小児科診療局長)
LS-21 4月23日(日) 12:15〜13:00 G会場
座長: 藤枝 憲二(旭川医科大学小児科 教授)
思春期発来の機序とその異常
堀川 玲子(国立成育医療センター内分泌代謝科)

イブニングセミナー ▲TOPへ戻る
ESY-1 4月22日(土) 18:00〜19:00 E会場
座長: 堤 裕幸(札幌医科大学小児科教授)
RSウイルス下気道感染症−プライマリーケアでの経験−
植村 幹二郎(うえむら小児内科クリニック院長)
ESY-2 4月22日(土) 18:00〜19:00 F会場
座長: 有田 昌彦(ありた小児科・アレルギー科クリニック 院長)
小児の服薬アドヒアランス
石川 洋一(国立成育医療センター治療管理室・CRC 主任薬剤師)
楠 隆(滋賀県立小児保健医療センター小児科医長)



金沢大学大学院医学系研究科・小児科
事務局長:笠原 善仁
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2313 FAX:076-262-1866
E-mail:jsp2006@ped.m.kanazawa-u.ac.jp