メインテーマ: 観察、発見、挑戦の小児科学・小児医療

 会期: 2006年4月21日(金),22日(土),23日(日)

 会場: 石川県立音楽堂,ホテル日航金沢,金沢全日空ホテル

 会頭: 小 泉 晶 一 金沢大学大学院医学系研究科・小児科

 事務局: 第109回日本小児科学会学術集会事務局
金沢大学医学系研究科・小児科
事務局長 笠原 善仁
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2313  FAX:076-262-1866
E-mail:jps2006@ped.m.kanazawa-u.ac.jp

学術集会会場 ▲戻る
石川県立音楽堂
〒920-0856 金沢市昭和町20-1 TEL:076-232-8111(代) FAX:076-232-8101
金沢全日空ホテル
〒920-0856 金沢市昭和町16-3  TEL:076-224-6111(代) FAX:076-224-6100
ホテル日航金沢
〒920-0853 金沢市本町2-15-1 TEL: 076-234-1111(代) FAX:076-234-8802

総合受付 石川県立音楽堂1階メインエントランス
A会場 石川県立音楽堂コンサートホール
B会場 石川県立音楽堂邦楽ホール
C会場 金沢全日空ホテル 鳳の間-西(3階)
D会場 金沢全日空ホテル 鳳の間-東(3階)
E会場 ホテル日航金沢 鶴の間-1(4階)
F会場 ホテル日航金沢 鶴の間-2(4階)
G会場 ホテル日航金沢 鶴の間-3(4階)
P1会場 石川県立音楽堂交流ホール(地下1階)
P2会場 金沢全日空ホテル 瑞雲の間(3階)
P3会場 ホテル日航金沢 孔雀の間(3階)
展示 石川県立音楽堂交流ホール(地下1階)

学会本部(石川県立音楽堂楽屋D予定)
TEL:076-263-0150  FAX:076-263-0150
上記の番号は会期中(4月21日〜23日)のみ利用可能です。
学術集会参加費 ▲戻る
a) 学術集会の参加費は、医師は13,000円、医師以外の方は5,000円です。会期中を通じて石川県立音楽堂1Fメインエントランスに学術集会総合受付を設置致します。受付開始は毎日午前8時です。事前登録は行いません
b) 医学部学生、留学生の参加費は無料です。医学部学生の方は学生証を、留学生の方は主任教授の証明書を受付の際に提示して下さい。
c) 参加証(ネームカード)の提示のない方は学術集会会場への入場はできません。
d) 学会新入会、年会費の支払いは「日本小児科学会事務局受付」にてお願い致します。(石川県立音楽堂1Fメインエントランス)
日本小児科学会代議員会・学会表彰式 ▲戻る
代議員会:
4月22日(土) 16:30〜18:30 石川県立音楽堂コンサートホール(A会場)
小児保健賞表彰式:
4月22日(土) 18:30〜19:00 石川県立音楽堂コンサートホール(A会場)
日本小児科学会賞表彰式及び受賞記念講演 ▲戻る
学会第3日目(4月23日)14:30より石川県立音楽コンサートホール(A会場)にて行います。
ランチョンセミナー、イブニングセミナー ▲戻る
学術集会期間中の昼休みにランチョンセミナーを、学術集会2日目(4月22日)午後6時〜7時にイブニングセミナーを行います。お弁当を用意致しますが、数に限りがありますので、整理券を用意いたします。
【ランチョン・イブニングセミナー整理券配布場所】
  総会受付横(石川県立音楽堂1階メインエントランス)

【ランチョンセミナー整理券配布時間】
  第1日目(4月21日) 8:00〜11:30
  第2日目(4月22日) 8:00〜12:00
  第3日目(4月23日) 8:00〜12:00

【イブニングセミナー整理券配布時間】
  第2日目(4月22日) 8:00〜17:00
懇親会 ▲戻る
会員全員による情報交換の場としたいと思いますので、ふるってご参加下さい。
 日 時:4月21日(金)19:00〜21:00
 会 場:ホテル日航金沢 4階 鶴の間
 参加費:2000円(総合受付にてお申し込み下さい)
小児科学会理事会、各種委員会、他 ▲戻る
理事会:
4月20日(木) 14:00〜17:00 全日空ホテル 瑞雲の間
小児科学会分科会委員会などの会議 ▲戻る
小児科学会の委員会以外の会合につきましては、原則として学会事務局では取り扱っておりません。平成18年2月28日まで

第109回日本小児科学会学術集会運営事務局 株式会社コングレ
担当 石川、山村(Tel: 06-6229-2555, Fax:06-6229-2556,E-mail:jps2006@congre.co.jp)

で受け付けております。

※ 学術集会会場および周辺では、会議室の数が限られております。可能な限り、別の機会での開催をお願いしております。
インターネットコーナー ▲戻る
石川県立音楽堂交流ホール(地下1階)においてLAN接続が可能です。
医薬品・機器などの展示のご案内 ▲戻る
学術集会期間中、石川県立音楽堂地下1階 交流ホールにて下記の時間帯に行います。

【医薬品・機器展示時間】
  第1日目(4月21日) 8:30〜18:30
  第2日目(4月22日) 8:30〜17:30
  第3日目(4月23日) 8:30〜15:00
託児所のご案内 ▲戻る
学術集会期間中(4月21-23日)、学術集会会場に保育施設(託児所)を設置致します(無料)。ご利用時間は8時から19時です。事前申し込みが必要ですので、詳細は「保育施設のご案内」をご参照下さい。
交通・宿泊のご案内 ▲戻る
参加者の航空券やJRなどの交通・宿泊の手配は日本旅行(株)金沢支社に依頼しました。
「宿泊・交通」で受け付けます。申し込みや問い合わせは下記でも受け付けます。

〒920-0005 石川県金沢市高柳町9-1-1 
JR西日本金沢支社1F(株)日本旅行 金沢支店
担当 森川 和重(緊急090-4682-3456)小川 裕司
TEL 076-253-5252, FAX 076-253-5253,
E-mail:morikawa@mbi.nifty.com
休憩所 ▲戻る
学術集会期間中、石川県立音楽堂地下交流ホールに休憩所を設けます。
お願い ▲戻る
1) 学術集会会場内はすべて禁煙です。
2) 講演、ポスター会場内での携帯電話、PHSなどのご使用は、他の参加者の迷惑となります。学術集会各口演、ポスター会場内での使用は禁止させていただきます。会場内では電源をOFFにするか、マナーモードをご使用するようお願いいたします。
3) 会場外からの呼び出しは原則として行いません。総合案内に設けます掲示板をご利用ください。ただし、緊急の場合は学会本部へご連絡ください。
4) 写真撮影、その他
学術集会会場内での、写真、デジタルカメラ、ビデオでの撮影は禁止です。撮影希望の場合は学術集会事務局へご連絡下さい。
日本小児科学会学術集会における専門医更新のための単位数について ▲戻る
本学術集会の専門更新のための単位数は基本単位10点ですが、第109回学術集会では試行として、基本単位を8点とし、下記に揚げるセッションの少なくとも一つに参加した場合のみ、2点が追加されることとなりましたので、ご留意下さい。参加受付をされたときに基本点数8点の参加証1を、各会場入り口にて追加点数2点の参加証2をお渡しします。更新時8点の参加証1と追加2点の参加証2がそろって10点となります。追加の2点は1回限り有効で、参加証2が2枚以上使用されても有効ではありませんのでご留意下さい。
【2点が追加されるセッション】
会頭講演、招待講演、教育講演、国際シンポジウム、総合シンポジウム、
分野別シンポジウム、イブニングシンポジウム
                                    (平成17年5月9日理事会決定)
応募演題の査読と評価方法について ▲戻る
今回の学術集会に応募いただきました一般演題は、以下の先生に査読をお願いいたしました。査読にご協力いただきました先生には厚く御礼申し上げます。
浅野喜造、有賀 正、有阪 治、五十嵐 隆、石井正浩、泉 達郎、市川家国、市川光太郎、市田蕗子、伊藤 進、内山 聖、宇理須厚雄、遠藤文夫、大澤真木子、大薗恵一、太田和秀、太田邦雄、太田孝男、大野耕策、沖 潤一、香美祥二、笠原善仁、片岡直樹、加藤俊一、金子一成、神谷 齊、河野嘉文、神崎 晋、貴田嘉一、久保 実、小池健一、小板橋 靖、高永煥、河野陽一、古賀靖敏、小島勢二、小林正夫、駒田美弘、近藤郁子、近藤直実、犀川 太、佐々木 望、重松陽介、白幡 聡、須貝研司、杉本 徹、鈴木 仁、鈴木康之、砂川慶介、関 秀俊、高田五郎、高橋孝雄、高橋尚人、高橋弘昭、高山ジョン一郎、竹内義博、竹村 司、谷澤隆邦、玉井 浩、千田勝一、土屋 滋、都築一夫、堤 裕幸、鶴澤正仁、戸苅 創、長沖 周也、中澤 誠、長嶋正實、成富研二、新井田 要、布井博幸、野々山恵章、浜崎雄平、早坂 清、原 寿郎、原田研介、平谷美智夫、福嶋義光、福永慶隆、藤枝憲二、藤澤知雄、藤村正哲、古川 漸、星加明徳、堀部敬三、松井 陽、松石豊次郎、松尾雅文、眞弓光文、水谷修紀、満留昭久、宮本信也、宮脇利男、麦島秀雄、桃井真里子、森内浩幸、森川昭廣、谷内江昭宏、柳川幸重、山口清次、山城雄一郎、山野恒一、横田俊平、吉岡 章、吉川徳茂、吉田一郎、余田 篤、脇口 宏(敬称略、五十音順)
カテゴリー15領域において、演題数により査読者数を選定し、一人13-60題を査読して頂きました。「口演希望」、「ポスター希望」、「どちらでもよい」の区別なく、同じ基準で査読して頂きました。
査読に当たって、査読者の所属する施設からの演題は、他の査読者が担当するように配置しました。
すべての演題について3名の査読委員が独立して査読し、以下の比率を目安に相対的に1〜5点の評価点をつけました。5点10%、4点20%、3点40%、2点20%、1点10%の配分を目安としていただきました。
会長要望演題、ワークショップの選考は査読点数の上位のものを優先し、内容を考慮の上、決定致しました。
会長要望演題、ワークショップからはずれた演題も含め、各カテゴリーの査読点数の上位から約30%を口演に採用致しました。応募者がポスター希望された場合や査読者がポスター発表を指示された場合は、このことを考慮し、選考致しました。口演の選定から漏れた場合は、すべてポスター発表といたしました。
一部の演題では、他の演題との関係上、第2希望あるいは希望しないカテゴリーでの発表をお願いする場合もございますが、ご了承下さい。
今回は、今までの15領域に「川崎病」のカテゴリーを新しく追加しました。

金沢大学大学院医学系研究科・小児科
事務局長:笠原 善仁
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2313 FAX:076-262-1866
E-mail:jps2006@ped.m.kanazawa-u.ac.jp