応募演題
全ての応募演題を採択しました。
演題登録番号、発表セッション順に並べてあります。
Eメールあるいは郵便で正式に発表日時をお知らせ致しますので、必ずもう一度ご確認下さい。
応募演題の査読と評価方法について
今回の学術集会に応募いただきました一般演題は、以下の先生に査読をお願いいたしました。査読にご協力いただきました先生には厚く御礼申し上げます。
浅野喜造、有賀 正、有阪 治、五十嵐 隆、石井正浩、泉 達郎、市川家国、市川光太郎、市田蕗子、伊藤 進、内山 聖、宇理須厚雄、遠藤文夫、大澤真木子、大薗恵一、太田和秀、太田邦雄、太田孝男、大野耕策、沖 潤一、香美祥二、笠原善仁、片岡直樹、加藤俊一、金子一成、神谷 齊、河野嘉文、神崎 晋、貴田嘉一、久保 実、小池健一、小板橋 靖、高永煥、河野陽一、古賀靖敏、小島勢二、小林正夫、駒田美弘、近藤郁子、近藤直実、犀川 太、佐々木 望、重松陽介、白幡 聡、須貝研司、杉本 徹、鈴木 仁、鈴木康之、砂川慶介、関 秀俊、高田五郎、高橋孝雄、高橋尚人、高橋弘昭、高山ジョン一郎、竹内義博、竹村 司、谷澤隆邦、玉井 浩、千田勝一、土屋 滋、都築一夫、堤 裕幸、鶴澤正仁、戸苅 創、長沖 周也、中澤 誠、長嶋正實、成富研二、新井田 要、布井博幸、野々山恵章、浜崎雄平、早坂 清、原 寿郎、原田研介、平谷美智夫、福嶋義光、福永慶隆、藤枝憲二、藤澤知雄、藤村正哲、古川 漸、星加明徳、堀部敬三、松井 陽、松石豊次郎、松尾雅文、眞弓光文、水谷修紀、満留昭久、宮本信也、宮脇利男、麦島秀雄、桃井真里子、森内浩幸、森川昭廣、谷内江昭宏、柳川幸重、山口清次、山城雄一郎、山野恒一、横田俊平、吉岡 章、吉川徳茂、吉田一郎、余田 篤、脇口 宏(敬称略、五十音順)
カテゴリー15領域において、演題数により査読者数を選定し、一人13-60題を査読して頂きました。「口演希望」、「ポスター希望」、「どちらでもよい」の区別なく、同じ基準で査読して頂きました。
査読に当たって、査読者の所属する施設からの演題は、他の査読者が担当するように配置しました。
すべての演題について3名の査読委員が独立して査読し、以下の比率を目安に相対的に1〜5点の評価点をつけました。5点10%、4点20%、3点40%、2点20%、1点10%の配分を目安としていただきました。
会長要望演題、ワークショップの選考は査読点数の上位のものを優先し、内容を考慮の上、決定致しました。
会長要望演題、ワークショップからはずれた演題も含め、各カテゴリーの査読点数の上位から約30%を口演に採用致しました。応募者がポスター希望された場合や査読者がポスター発表を指示された場合は、このことを考慮し、選考致しました。口演の選定から漏れた場合は、すべてポスター発表といたしました。
一部の演題では、他の演題との関係上、第2希望あるいは希望しないカテゴリーでの発表をお願いする場合もございますが、ご了承下さい。
今回は、今までの15領域に「川崎病」のカテゴリーを新しく追加しました。

金沢大学大学院医学系研究科・小児科
事務局長:笠原 善仁
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2313 FAX:076-262-1866
E-mail:jps2006@ped.m.kanazawa-u.ac.jp