本会はphotodynamic diagnosis (PDD), photodynamic therapy (PDT)に関する
基礎的、臨床的研究の発展とその成果の発表、適正使用の推進
及び研究者の交流を 深めることを目的としています。

PDTとは?
光線力学的治療とは

光線力学的治療法(photodynamic therapy:PDT)とは、がんに集積性を示す光感受性物質とレーザー光照射による光化学反応を利用した局所的治療法である。PDTは従来のレーザーによる光凝固や蒸散などの物理的破壊作用とは異なり、低いエネルギーで選択的にがん病巣を治療可能で
あり、正常組織への障害が非常に少ない低侵襲な治療法である。

健康保険適応

早期肺がん、表在性食道がん、表在性早期胃がん、子宮頚部初期がんおよび異形成、加齢黄斑症
原発性悪性脳腫瘍、化学放射線療法又は放射線療法後の局所遺残再発食道癌

癌治療における光線力学的治療の現状

光線力学的治療(PDT)は、光感受性物質とレーザー照射による、侵襲の少ないがん治療法である。
第1世代のフォトフリンPDTでは、早期肺がん、早期食道がん、胃がん、早期子宮頚がんに対して、第2世代のレザフィリンPDTでは、早期肺癌、原発性悪性脳腫瘍、化学放射線療法又は放射線療法後の局所遺残再発食道癌に対して、保険適応されており、良好な成績をおさめている。人口構造の高齢化が加速的に進む今日、高齢者に対するがん治療とPDTは大いに期待される治療法である。
第2世代のレザフィリンPDTでは、第1世代のフォトフリンPDTで大きな課題とされていた光感受性物質による光線過敏症が大幅に軽減され、また第1世代のフォトフリンPDTでは大きく高価であったレーザー装置もコンパクトで低価格なダイオードレーザーに改善された。今後、更に適応拡大が進むことが期待され、新たながん治療戦略の柱になるものと考えられる。

詳しくはこちらのファイルをご覧ください。→癌治療における光線力学的治療の現況(Wordファイル)

加齢黄班疾患

眼科PDTについては眼科PDT研究会をご覧下さい。

肺癌のPDTについて(奥仲哲弥 医師)

PDT光線力学的治療をご覧下さい。

原発性悪性脳腫瘍のPDTについて

原発性悪性脳腫瘍PDTについては日本脳神経外科光線力学学会をご覧下さい。

化学放射線療法又は放射線療法後の局所遺残再発食道癌のPDTについて

化学放射線療法又は放射線療法後の局所遺残再発食道癌PDTについては再発食道癌PDTのページをご覧下さい。

none

Copyright(C) 2009 光線力学学会 All right reserved.