日本学校メンタルヘルス学会第22回大会「課外活動と学校メンタルヘルス」

実行委員会企画

公式ワークショップ

早川恵子(都留文科大学)
「課外活動をめぐるおとなたち」
(学校心理士単位申請予定)

課外活動は子どもにとって得意とすることや興味関心があることが、学校教育活動の中でできる機会ともいえます。その一方、近年、部活動における教師の負担や、体罰など様々な問題がクローズアップされています。課外活動が子どもにとって魅力的であり、社会性を育み、成長を感じられる機会であるためにどのようにしたらいいでしょうか。「課外活動をめぐるおとなたち」をテーマに、ラウンドテーブル形式で意見交換をする機会としたいと考えます。

(はやかわ・けいこ)
学校心理士、ガイダンスカウンセラー、臨床発達心理士。埼玉県新座市立小学校・中学校教師、国立音大付属幼稚園スクールカウンセラー、跡見学園中学校高等学校スクールカウンセラー、調布市立小学校スクールカウンセラー、山梨県立都留興譲館高校スクールカウンセラーを経て、現在都留文科大学講師(非常勤)。その他、カウンセリング研修センター学舎ブレイブ室長・専任カウンセラー、NPO元気プログラム作成委員会理事、特別支援教室に伴う巡回相談心理士(東京都)を兼任。

能智正博先生(東京大学)

能智正博(東京大学)
「メンタルヘルス研究を質的にはじめてみたい方へ」(仮)
(学校心理士単位申請予定)

近年、本学会においても質的研究の論文投稿が徐々に増えていますが、どう始めたらいいのか、どのように研究としてまとめたらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回の大会では、本学会における質的研究の更なる発展を目ざして、日本質的心理学会常任理事長でもある東京大学の能智正博先生をお迎えし、質的研究のスキルを高めるためのワークショップを開催いたします。特に初心者の方が研究を始めるきっかけになるようなワークショップをお願いしています。どうぞ、お気軽にご参加ください。

 

ワークショップでは、「インタビュー法」を取り上げます。インタビュー法は質的研究のデータ収集法として一般的ですが、これは単に受動的に聞くだけにとどまらず、その場で問いを発して探索する技法であり、質的データの分析の最初のステップでもあります。本ワークショップでは、質的なインタビューの技法を中心に、質的データ収集・分析のスキルを一歩前に進める学びの機会を提供します。

(のうち・まさひろ)
1962年生まれ。1997年、米国シラキュース大学大学院教育学研究科博士課程修了(Ph.D.)。帝京大学、東京女子大学を経て、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース教授。 障害をもつ人および支える側のライフストーリーと語りを主要な研究テーマとして、大学では臨床心理学研究法、臨床心理面接特論などの授業を担当している。

【コーディネーター】石島照代(いしじま・てるよ)
第22回大会事務局長。東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター効果検証部門 特任研究員。専門は教師教育学。特に子どもの貧困など、子どもが抱える社会経済的背景と教師の成長やメンタルヘルスの関係、教員研修開発について質的・量的に研究している。