日本学校メンタルヘルス学会第22回大会「課外活動と学校メンタルヘルス」

シンポジウム

9月1日(土)

シンポジウム1:「運動部活動における適切な指導」 (学校心理士資格更新A 1ポイント)

【座長】清水 安夫(しみず・やすお)

東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了,東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了 博士(学術)。神戸市立中学校英語科教諭時代に運動部の顧問を経験。前任校の桜美林大学では,保健体育科の教員養成課程の学部に所属。体育学・心理学をベースに体育教育の授業効果や教師のメンタルヘルスの研究を行っている。現在,国際基督教大学教養学部上級准教授。

9月2日(日)

シンポジウム2:「課外活動の過去・現在・未来」 (学校心理士資格更新A 1ポイント)

【座長】高木 亮(たかぎ・りょう)

就実大学教育学部初等教育学科准教授。岡山県津山市生まれ。博士(学校教育学)。北神正行氏(現国士舘大学教授)、田中宏二氏(現広島文化学園大学学長)及び露口健司氏(現愛媛大学教職大学院教授)に師事。2020年2月8-9日の第23回学校メンタルヘルス学会誘致委員長。「教師のキャリア」が研究テーマ。