医薬品とグレープフルーツジュースの相互作用

 最近、薬剤との相互作用を有する食品として注目されているものにグレープフルーツジュースがあります。グレープフルーツジュースとの相互作用について添付文書に記載のある薬剤を表1に示します。これら薬剤をグレープフルーツジュースと一緒に服用すると、血中濃度が上昇し薬剤の作用が強くあらわれ、副作用が発現する可能性があります。特にCa 拮抗剤による過度の血圧低下、テルフェナジンによるQT 延長や心室性の不整脈、シクロスポリンによる腎機能障害等には十分な注意が必要です。
 これらは、薬物代謝酵素であるチトクローム P450 3A4(CYP3A4)により代謝されることが知られている薬剤で、グレープフルーツジュース中の物質が CYP3A4 を阻害し、代謝を遅らせることにより血中濃度を上昇させます。したがってこれら以外でも、主として CYP3A4 により代謝される薬剤で、初回通過効果*の大きい薬剤では、同様な相互作用が発現する可能性が予測されます。実際 CYP3A4 で代謝される、ジアゼパム(セルシン・ホリゾン)、サキナビル(インビラーゼ)、トリアゾラム(ハルシオン)などでも相互作用を起こすことが報告されています。
 CYP3A4 は主として肝臓に存在する酵素ですが、小腸にも存在することが明らかにされています。薬剤を静注した際にはグレープフルーツジュースとの相互作用が起こらないとする報告から、小腸の CYP3A4 が相互作用に関与していると考えられています。
 グレープフルーツジュース中の CYP3A4 を阻害する物質については、苦味の成分となるフラボノイドのナリンジン等が原因物質として有力視されていましたが、否定的な報告もあり、最近ではフラノクマリン、オキシソラレン等による可能性が指摘されています。

 * 経口投与された薬物が循環系に入るまでに消化管、肝臓で代謝を受け、体循環に出現する薬物量が少なくなる効果

分類 一般名 主な商品名(メーカー名)
Ca 拮抗剤
(ジヒドロピリジン系)
アラニジピン
塩酸エホニジピン
シルニジピン
塩酸ニカルジピン
ニソルジピン
ニトレンジピン
ニルバジピン
ニフェジピン
塩酸バルニジピン
フェロジピン
塩酸ベニジピン
塩酸マニラジピン
ベック(マルコ-BMS)
ランデル(塩野義)
アテレック(持田)
ペルジピン(山之内)
バイミカード(バイエル)
バイロテンシン(吉富)
ニバジール(藤沢)
アダラート(バイエル)
ヒポカ(山之内)
スプレンジール(キッセイ)
コニール(協和発酵)
カルスロット(武田)
Ca 拮抗剤
(フェニルアルキルアミン系)
塩酸ベラパミル ワソラン(エーザイ)
抗血小板剤 シロスタゾール プレタール(大塚)
免疫抑制剤 シクロスポリン
タクロリムス水和物
サンディミュン(ノバルティス)
プログラフ(藤沢)
抗精神病薬 ピモジド オーラップ(藤沢)
HIVプロテアーゼ阻害剤 サキナビル フォートベイス(ロシュ)