薬による排泄物(尿・糞便)の色調変化

 薬によってはその服用により、尿や糞便に色調変化をきたすものがあります。これは服用薬剤そのものの色または強い色をもつ代謝産物が尿中あるいは糞便中に出てくるために起こります。この色調変化は一時的なもので、ほとんどの薬剤は服用をやめた時点で正常に戻ります。色調変化が報告されている薬剤と色の変化をまとめてみました。

成分 主な商品名(メーカー名) 尿の着色 便の着色 その他の着色
FDA、FDAエキス フラビタン(トーアエイヨー) 黄色    
アムリノン カルトニック(山之内)     黄色(毛髪及び汗)
イミペネム/シラスタチン チエナム(萬有) 赤褐色    
エパレルスタット キネダック(小野) 黄褐色〜赤色    
塩酸エピルビシン ファルモルビシン(協和発酵) 赤色    
カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム アドナ(田辺) 茶色〜黄褐色    
クロファジミン ランプレン(ノルバティス) 赤色〜茶褐色 赤色〜茶褐色 赤色〜茶褐色(汗・たん・毛髪・皮膚)
クロルゾキソゾン フラメンコ(扶桑) 橙色    
サラゾスルファピリジン サラゾピリン(ウエルファイド) 黄赤色(アルカリ尿)   ソフトコンタクトレンズが着色
ジオクチゾジウムスルホサクシネート・カサンスラノール 強力バルコーゼ(エーザイ) 黄褐色〜赤色    
セフジニル セフゾン(藤沢) 赤色 鉄添加製品と併用し、赤色  
センナ・センノシド プルセニド(ノバルティス) 黄褐色〜赤色 黄褐色  
ダイオウ ダイオウ(各社) 黄褐色、帯紅黄色 黄色〜褐色  
塩酸ダウノルビシン ダウノマイシン(明治製菓) 赤色    
チニダゾール ファシジン(ファイザー) 濃黄色〜褐色    
塩酸ドキソルビシン アドリアシン(協和発酵) 赤色    
パニペネム・ベタミプロン カルベニン(三共) 茶色    
ビタミンB複合剤 ビタノイリン(武田) 黄色    
ヒベンズ酸チペピジン アスベリン(田辺) 赤色    
フルタミド オダイン(日本化薬) 琥珀色又は黄緑色    
プロトポルフィリン プロルモン(三菱東京)   黒色  
塩酸ミトキサントロン ノバントロン(レダリー) 青色〜緑色    
塩酸ミノサイクリン ミノマイシン(ワイスレダリー)  黄褐〜茶褐色、緑、青    
メチルドパ アルドメット(萬有) 黒(放置で暗色化)    
メトニダゾール フラジール(塩野義) 暗赤色    
リファンピシン リファジン(第一) 橙赤色 橙赤色 橙赤色(唾液・たん・汗・涙液・血清)
リボフラビン ハイボン(三菱東京) 黄色    
レボドパ製剤 マドパー(ロシュ) 黒色 黒色 黒色(汗・唾液)
塩酸セフォゾプラン ファーストシン(武田)   赤色〜濃青色  
塩酸チノリジン ノンフラミン(ウエルファイド) 黄緑色の蛍光    
臭化チメピジウム セスデン(田辺) 赤色    
鉄剤 フェロミア(エーザイ)   黒色  
銅クロロフィリン合剤 メサフィリン(エーザイ)   緑色