新生児に対するビタミンKの予防投与

 「乳児ビタミンK欠乏性出血症」の予防の目的で処方されるケイツーシロップについて解説します。
 乳児ビタミンK欠乏性出血症とは、生後1ヶ月前後の乳児にみられる、ビタミンK依存性凝血因子の欠乏による出血症に対する仮称です。健康乳児が突然の頭蓋内出血を主徴として発症する本症は、予後が重篤であること、母乳栄養児に多くみられる点が特徴です。1980 年に厚生省心身障害研究班で予防に関する研究が行われ、以下の勧告案が出されました。(出生24時間以内、6日目、1ヶ月後にビタミンK2シロップ 2 mg/1ml を10倍に希釈*して 2 mg/10ml として内服させる。)この予防投与法に関しては、当初その有用性に関して関連学会からまちまちの見解が出されていました。しかし、1986 〜 1988 年と1988 〜 1990 年の二回にわたる厚生省班研究の調査により、K2シロップ3回投与法の有用性は現時点ではほぼ確立されています。
 東北大学病院での予防投与法は、(出生後1日目、5日目にケイツーシロップ 2 mg を投与、1ヶ月検診の際に 2 mg を半量ずつ2日間で投与)となっています。

 *本シロップは高浸透圧であり、壊死性腸炎(necrotizing enterocolitis: NEC)が発症する危険性があるため。