研究課題

●実験研究

① 生活習慣病や各種疾患(特にcommon disease)の発癌リスクアセスメントに関する研究

② 必須微量元素の役割、特に亜鉛欠乏あるいは亜鉛過剰の生体に及ぼす影響

③化学物質の発がん性、変異原性に関する研究

④中毒性腎症の発症及び進展の機構とその進展阻止に関する研

⑤食品成分によるがん予防研究

⑥過労や疾病が疲労を誘導する機序に関する研究


●疫学・臨床研究

①健診データの分析と評価

②健康増進のためのポピュレーション戦略に関する研究

③リスクコミュニケーションに関する研究

④医薬品・医療品技術の医療経済評価に関する研究

⑤自殺予防対策に関する研究

⑥更年期障害に関する研究

⑦減圧症に関する研究

⑧ビタミンCの疲労回復効果に関する研究

⑨企業健診を対象とした客観的疲労度とメンタルヘルスに関する研究

⑩オーダーメイド予防医学を構築するための基礎的研究



競争的研究費獲得状況
・私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
疲労の分子機構の解明による健康の維持と増進を目的とする医学研究拠点の形成 
(研究代表者:柳澤裕之)

文部科研費・基盤研究C「自殺予防の援助要請促進に関するヘルスコミュニケーションプログラムの実証的研究」 (2016-2018)

赤枝医学研究財団研究助成「更年期リテラシーとヘルスケア促進に関する調査研究~医療が必要な女性を適切な医療につなげる公衆衛生学的アプローチ」(2015研究代表:須賀万智)

上原記念生命科学財団研究助成「自殺予防のヘルスコミュニケーションのエビデンス構築」(2016 研究代表:須賀万智)


・文部科研費・基盤研究(c)「金属酸化物ナノ粒子曝露により放出されるエクソソームとその発がんリスク影響の解析」 (2017-2019)(研究代表者:与五沢 真吾

文部科研費・若手研究A 新生子腎が化学物質に脆弱である原因の解明(2016-2019研究代表者:吉岡 亘)

山内貴史(研究代表者).若年雇用者における健康状態・自殺の背景要因に関する研究.科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C).2017年度~2019年度

・山内貴史(研究分担者).過労死等の事案解析(主に精神・自殺).労災疾病臨床研究事業費補助金「過労死等の実態解明と防止対策に関する総合的な労働安全衛生研究(研究代表者 高橋正也)」.2015年度~2017年度


トップページにもどる