業 績

・褒賞等

  <柳澤裕之 教授>

  平成 9年 日本衛生学会 奨励賞
  平成13年 日本微量元素学会 野見山賞
  平成25年 中央労働災害防止協会 緑十字賞
  平成26年 日本微量元素学会 学会賞
  平成28年 日本衛生学会 学会賞

  <須賀万智 准教授>

  平成15年 日本衛生学会 学会長特別奨励賞
  平成15年 日本総合健診医学会 優秀論文賞
  平成16年 日本衛生学会 最優秀論文賞
  平成18年 日本衛生学会 奨励賞
  平成22年 日本更年期医学会 学術奨励賞
  平成24年 日本衛生学会 最優秀演題賞

  <木戸尊將 助教>

  
平成25年9月 第20回日本免疫毒性学会 学生・若手優秀発表賞
  平成27年3月 上原記念生命科学財団研究奨励金「亜鉛欠乏の免疫機能低下に関する分子生物的機序の解明」受賞

Ⅰ. 原著(英文)


Ⅱ.原著(和文)


Ⅲ.総説

1.       須賀万智、柳澤裕之:生活習慣改善の環境的介入に関するエビデンス. 産業医学ジャーナル、353):100103, 2012

2.       柳澤裕之、須賀万智:必須微量元素-亜鉛の基礎と臨床. New Diet Therapy281):1720, 2012

3.       木戸尊將、柳澤裕之:カーボンナノチューブ. 産業医学ジャーナル、363):6770, 2013

4.       柳澤裕之:低体温、凍瘡・凍傷.日本臨床、716):107410782013

5.       須賀万智、柳澤裕之:肥満予防のためのポピュレーション・アプローチ. 保健の科学、558):551554, 2013

6.       内匠正太、須賀万智、柳澤裕之:酸化亜鉛ナノ粒子に関する最近の知見. 産業医学ジャーナル、 373):15, 2014

7.  宮嶋由香、野寺誠、柳澤裕之:働く女性の健康-新人看護師を対象としたストレス研究-. 産業医学ジャーナル、38(2):100-103, 2015

8. 与五沢真吾、柳澤裕之:交代勤務制(シフトワーク)によるがんリスク上昇. 産業医学ジャーナル、39(2):85-88, 2016

9.  吉岡亘、柳澤裕之:職業性皮膚疾患とアトピー性皮膚炎の関係とその分子機構. 産業医学ジャーナル、40(2):73-76, 2017


Ⅳ.その他

1.     須賀万智、柳澤裕之:第61回日本職業・災害医学会学術大会 開催報告(平成251130日・121, 東京). 産業医学ジャーナル、372):5964, 2014

2.      柳澤裕之:病気にならない仕事&生活習慣. 日経ビジネスアソシエ10月号:86892014

Ⅴ.著書

1.     柳澤裕之:公衆衛生がみえる(第一版)、338389項(監修)、東京:メディックメディア、2014

2.      柳澤裕之:環境健康被害. ネルソン小児科学 原著 19版(衛藤義勝監修、五十嵐隆・井田博幸・大澤真木子・清水俊明・高橋孝雄編集)、28322852項、東京:エルゼビア・ジャパン株式会社、20154

3.  柳澤裕之:標準公衆衛生・社会医学 第2版改訂(岡崎勲・豊嶋英明・小林廉毅編)、東京、医学書院、2015年、3月15日夜勤労働者の健康管理  261項、化学物質による健康障害 262-269項

4. 柳澤裕之:みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度 2016(清水英佑監修、柳澤裕之・佐藤冨美子・福本正勝編集協力)、1-229項、東京:医学評論社、2015、9月

5. 柳澤裕之:公衆衛生がみえる 2016-2017、340-397項(監修)、東京:メディックメディア、2016、3月

6. 柳澤裕之:みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度 2017(清水英佑監修、柳澤裕之・佐藤冨美子・福本正勝編集協力)、1-229項、東京:テコム、2016、9月

Ⅵ.学会発表(国外)

1.     T. Kido, M. Tsunoda, C. Sugaya, H. Yanagisawa, Y. Aizawa: BUN and Serum CRE Alterration in Higa and BALB/c Mice after Subacute Administration of Fluoride via Drinking. The Toxicologist Supplement to Toxicological Sciences:468(PS2190) (52th Annual Meeting and ToxExpo), San Antonio, Texas, USA, March 10-14, 2013

2.     T. Kido, M. Tsunoda, C. Sugaya, H. Yanagisawa: The possible role of fluoride on aggravation of tubulointerstitial fibrosis caused by unilateral ureteral obstruction through TGF-β1. The Toxicologist Supplement to Toxicological Sciences:540(PS2047) (53th Annual Meeting and ToxExpo), Phenix, Arizona, USA, March 23-27, 2014

3.     H. Yanagisawa, T. Kido: Zn-excess intake increases systemic blood pressure and deteriorates renal function through superoxide radical-induced oxidative stress. The Toxicologist Supplement to Toxicological Sciences:540(PS2049) (53th Annual Meeting and ToxExpo), Phenix, Arizona, USA, March 23-27, 2014 

4. T. Kido, M. Tsunoda, C. Sugaya, H. Hano, H. Yanagisawa: Potential mechanisms involved in the aggravation of renal tubulointerstitial fibrosis caused by fluoride exposure rats with unilateral ureteral obstruction. The Toxicologist Supplement to Toxicological Sciences:489-490(PS2279) (54th Annual Meeting and ToxExpo), San Diego, California, USA, March 22-26, 2015

5. S. Takumi, K. Okamura, C. T. Suzuki, H. Hano, K. Nohara, H. Yanagisawa: Gestational arsenic exposure affects gene expression in the kidney and lung in F1 and F2 mice. The Toxicologist Supplement to Toxicological Sciences:422(PS1967) (54th Annual Meeting and ToxExpo), San Diego, California, USA, March 22-26, 2015

 

Ⅶ.シンポジウム

1.     柳澤裕之、榮兼作:亜鉛製剤による褥瘡治療 -ポラプレジンクの効果-. セッション:金属と疾病, 25回日本微量元素学会学術大会、2014, 74, 岡山

Ⅷ.特別講演

1. 柳澤裕之:生活習慣病と微量元素.第23回日本微量元素学会プログラム・抄録集   P.112(特別講演SS1-2)、20127月、東京

2. 柳澤裕之:①有機溶剤中毒とその予防対策、②過重労働による健康障害とその予防対策. 平成26年度 第2回埼玉県医師会産業医研修会、テキスト:1-55、2014年、6月22日、埼玉(浦和)

3. 柳澤裕之:産業職場における重金属中毒. 独協医科大学第15回産業医学講習会、講師資料集・実習書:P.45-51、2014年、8月17日、栃木

4. 柳澤裕之:職場の化学物質対策 -特定化学物質障害予防規則等の改正を含む-. 産業医学専門講習会、テキスト:P. 229-248、2014年、11月23日、東京


トップページにもどる