直線上に配置
講 座 概 要

本講座は、平成4年4月1日に衛生学教室と公衆衛生学教室が統合して発足したものであり、当時公衆衛生学教室主任教授であった清水英佑が初代教授を委嘱された。清水教授は平成19年3月退任後、名誉教授となり、後任として埼玉医科大学衛生学教室主任教授であった柳澤裕之が本講座に迎えられ、現在に至っている。
講座の歴史は非常に古い。衛生学は、明治20年、海軍医学校教官木村荘介らにより成医会講習所内に講述され、成医学校および東京慈恵医院医学校時代は東京帝国大学医科大学より坪井次郎が、次いで明治28年東京慈恵医院医学校時代より大正12年東京慈恵会医院医学専門学校終期は、東京帝国大学衛生学教室より横手千代之助が来講していた。 
大正14年、細菌衛生学教室助教授であった矢崎芳夫が衛生学教室主任教授を担当し、昭和35年、小机弘之助教授が主任教授を担当した。昭和59年、東京大学医学部公衆衛生学教室助教授であった松本信雄が主任に就任し、平成2年に急逝されるまで、その任を努めた。 公衆衛生学教室は、文部省の答申に基づき、昭和21年、厚生技官の山岸精実を初代教授に迎え、本邦最初の公衆衛生学教室として開講された。昭和38年、竹村望助教授が主任教授を担当した。竹村教授は昭和61年退任後、名誉教授となり、後任にとして清水英佑助教授が教授に就任した。
環境保健医学講座は、衛生学教室の松本教授逝去後、主任教授が空席のままであったことや、全国的な講座の統廃合の流れの中で、平成4年4月1日に両教室を統合して現在の名称となった。

 

トップページへもどる

直線上に配置