対人ストレスの実体と軽減法
精神科医 武井邦夫
 〈互いに危害や損失がない状況で相手に対して生じるストレス〉の実体(A)を解明し、相手の・・・Aを想定すると自分のAが軽くなることを示します。怒られる・悲しまれる・嫌われる(嫌な思いをいだかれる)などの状況で感じるストレスを思い浮かべて以下をお読みください。

第1章 対人ストレスの実体A

第2章 Aの結果として生じうる感情や言動

(1)自分に向かう感情(悲しみ・落ち込み)

(2)相手に向かう感情(不寛容・怒り・敵意・嫌悪)

(3)利他的な言動をしない・わざと迷惑をかける

(4)利他的な言動をされてunhappyになる

(5)その他

第3章 Aの軽減法

(1)3つのどれ?

(2)相手の・・・Aを想定すると自因感(ひいてはA)が弱まる

 @ 相手のAが想定されるときとは?

 A 自因感が弱まるメカニズム

(3)実践法

(4)具体例