会長挨拶
開催概要
プログラム
演題申込
参加者へのご案内
研修セミナー参加登録
宿泊・交通のご案内
お問い合わせ
Top page

第40回 日本てんかん学会
参加者へのご案内


■学会に参加する皆様へ
9月28日(木)・29日(金)とも午前8時より総合受付(金沢市文化ホール、1Fロビー)で行います。参加費は9,000円(アジアからの留学生は5,000円)です。
参加証つきネームプレートをお渡しします。
会場内では必ずネームプレートを付けて下さい。

■口演発表の先生方へ
発表時間は8 分、討論時間は4 分です。発表終了の1 分前に黄ランプ、終了時間を赤ランプでお知らせします。
発表は全てPCによるプレゼンテーションとなります。

【PCプレゼンテーションのご案内】
発表形式はMicrosoft Power Pointでお願いします。スライド、ビデオは一切使用しません。ご自分のPCか、CD-RあるいはUSBメモリーでの受付になります。但し、動画を使用の場合とMacintoshについては本体持込が原則です。発表演者台にはモニター、マウス、キーボードが準備されています。発表の際は、マウスあるいは、キーボードにて操作して下さい。

 ■PC本体をお持ちになる場合
1.持込可能な機種
Windows=2000/ME/XP
Macintosh=9.2.2/OS X
※1 モニター出力端子にD-sub15ピン(ミニ)が装備されているものに限ります。一部のノートパソコンでは本体附属のコネクタが必要な場合がありますので、
必ずご持参下さい。
※2 使用アプリケーションはMicrosoft Power Pointのみといたします。
2.解像度について
使用可能なディスプレイモード(解像度)はXGA(1024X768ドット)です。このサイズより大きい場合、スライドの周囲が切れるか、圧縮表示となります。
3.動画について
動画は可能ですが、多用された大容量のデータの場合、PC本体の画面に表示されても外部出力に接続した画面に表示されない場合があります。
必ず事前にご確認下さい。
4.音声について
音声コネクタとしてミニピンを用意しております。それ以外の方は変換アダプターをご用意下さい。
5.受付について
プログラム開始30分前までに発表会場のPC受付で接続・動作の確認・試写を済ませて下さい。
※1 試写用モニターにてケーブルを接続し、試写して下さい。ノートパソコンから外部モニターに正しく出力できることを確認して下さい。個々のパソコンにより設定方法が異なりますので、事前にご確認下さい。
※2 発表中にスクリーンセーバーや、省電力機能で電源が切れないように、設定は解除しておいて下さい。また、ACアダプター、電源コードを必ずお持ち下さい。
※3 動作確認後、PCは受付にてお預かりし、引換証を発行します。

 ■PC本体をお持ちにならない場合(CD-RあるいはUSBメモリー)
1.発表用データの作成

OS WindowsXP
アプリケーション Microsoft Power Point(Ver.2003)
画面のサイズ(解像度) XGA(1024X768ドット)
発表用PCには上記仕様のものを用意しております。
以下の条件で作成、準備をお願いします。
※1 Macintoshでのデータは受け付けておりません。
Macintoshで作成したPower PointファイルをWindowsで変換または修正した場合は、文字化け・文字の位置ずれ、切れ、グラフの不正確な表示、オブジェクトのはみ出しなどが起こります。また、フォント情報が付加されているため、正確な文字の表現ができません。十分ご注意、ご確認をお願いいたします。
※2 この適正環境のWindows PCにて画面のすべてが不具合なく表現されることを、あらかじめご確認下さい。また、学会会場のPC受付でもご確認下さい。
2.フォントについて

日本語 MS ゴシック、MS Pゴシック、 MS明朝、MS P明朝(4種類)
英語 Times New Roman,Arial,Arial Black,Arial Narrow,
Century,Century Gothic,Courier New,Georgia(9種類)
Windowsに標準搭載されているフォントのみ使用可能です。
※1 これ以外のフォントを使用した場合、文字・段落のずれ、文字化け、表示されないなどのトラブルが発生する可能性があります。
※2 画面ぎりぎりまで使用すると再現環境の違いにより文字や画像のはみ出し等の原因になることがあります。
3.動画・音声について

動画アプリケーション Windows Media player(Ver10)
動画アプリケーションは必ず上記のものをご使用ください。
※1 動画を使用する場合、リンク切れにご注意ください。必ずリンク元のデータ(動画等)も保存してください。作成したPC以外の適正環境のWindows PCにて正常に動作することを、あらかじめご確認下さい。
※2 動画や音声をご使用になる場合、PC受付の係員に必ず申し出てください。
4.データの提出方法
※1 メディアの形式はCD-RあるいはUSBメモリーに記録してご持参ください。それ以外は使用できません。DVDは対応していません。また、メディアには発表されるデータ(最終)と動画データ以外は入れないでご用意ください。
※2 発表データをCD-Rにコピーする時には、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したセッションを閉じる)作業を必ず行ってください。この作業が行われなかった場合、データを作成したPC以外でデータを開くことが出来なくなり、発表が不可能になります。CD-R作成に慣れていない場合はUSBメモリーのご使用をお勧めします。
※3 データには必ずファイル名(演題番号・発表者名)を付けてください。
例)SS-1 金沢太郎
※4 ディスク作成後、作成したPC以外の適正環境のwindows PCにて正常に動作することを、あらかじめご確認下さい。
5.受付について
プログラム開始30分前までに発表会場のPC受付で、データをHDにコピーし、動作の確認・試写を済ませて下さい。
※1 動作確認後、メディアは受付にてお預かりし、引換証を発行します。
※2 コピーした発表データは学会事務局にて発表終了後に責任を持って消去いたします。


 
  ■ポスター発表について

発表時間は6分、討論時間は6分です。
発表は2日目の午後ですが、学会期間中、展示してください。前日(9月27日)は15:00〜18:00、学会初日は8:00より掲示できます。撤去は、全演題の発表後、18:00までに各自行って下さい。
展示スペースは横120cm縦180cm以内です。演題番号を表示しておきますので、所定の場所に演題名、所属、演者名を含めて掲示して下さい。ポスターナンバー、押しピンなどは用意します。
 
 
■発表データに関するお願い
・ 個人情報保護の観点から、発表する内容には患者さんやその他の関係者を 特定出来るような情報を表示しないようお願い致します。特に、発作時動画 データ等、患者さんの表情などを提示せざるを得ない動画データについては、 患者さんの同意が得られているものとします。


このページの上へ