会長挨拶
開催概要
プログラム
演題申込
参加者へのご案内
研修セミナー参加登録
宿泊・交通のご案内
お問い合わせ
Top page

第40回 日本てんかん学会
演題申込


【受付期間】

演題申込受付は終了いたしました。

多数のご登録ありがとうございました。

【応募形式】

インターネットによるオンライン登録を原則とします。登録後に 整理番号とパスワードが発行されます(HPへのアクセス、HPか らの演題登録ができない場合は、第40回学会事務局にお問 い合わせ下さい)。演題の採択は、7月上旬以降(予定)になり ます。ホームページでご確認下さい。

【応募資格】


日本てんかん学会正会員または臨時会員に限ります。非会員 の方は入会(正会員または臨時会員)の手続きを行って下さい (手続きは日本てんかん学会事務局へ)。臨時会員が筆頭演 者として発表する場合は、正会員との連名が必要です。

【その他】


未発表のものに限ります。内容が他学会に応募したものと重複 する場合は、他学会の予稿(抄録)を 第40回日本てんかん学 会事務局へお知らせ下さい。

  • 倫理的配慮が十分なされていること を条件とします。
    (機関誌「てんかん研究」の投稿規定を参照)。
  • 予稿の活字数は、邦語全角800字以内、 英語半角1600字以内とし、目的、対象・方法、結果、結論に分けて記入して下さい。
  • 希望する発表形式を選んで下さい。
    1) 口演:PC発表
    2) ポスター 
    PC発表の場合は必ず参加者へのご案内の中にある注意事項を厳守下さい。

演題内容を示す項目を2つ選んで下さい】


1 神経科学セッション関連 13 神経心理
2 病因 14 副作用
3 基礎疾患 15 薬理
4 遺伝 16 生理
5 発作症状 17 病理
6 脳波・脳磁図 18 生化学
7 画像 19 神経伝達物質
8 薬物治療 20 実験てんかん
9 外科治療 21 症例報告
10 経過・予後 22 講演
11 QOL 23 シンポジウム関連
12 精神症状 24 ワークショップ関連





■演題登録に関して 〜暗号通信使用のお願い 


オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用 をお願いします。この暗号通信の使用により、第3者があな たのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、 改竄したりすることを防ぐことができます。従って、当学会で は原則として暗号通信の使用を推奨します。暗号通信は 特に準備はいりません。UMIN(大学病院医療情報ネットワ ーク)のサーバーコンピュータに管理が移ります。暗号通信は 登録または修正作業が終わるまで継続されます。

ただし、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの 設定に問題があるか、ブラウザーが古い)もありますので、その 際は平文通信をご利用ください。平文通信においては、パス ワード等の盗聴が可能ですから、セキュリティや個人情報の 保護の点で危険です。特に病院情報システムや電子メール 用に使っているパスワードの使用は絶対に避けてください。 被害が演題・抄録以外にも及びます。平文通信をご利用の 際は、こうした危険性を十分に考慮してください。 

>>オンライン演題登録システムFAQ (一般利用者用)

■登録に際しての注意事項 


抄録を最初に登録するときに登録者本人に任意のパスワードを 決めていただきます。整理番号、パスワードに関しての問い合わ せには一切応じられません。演題応募時の整理番号とこのパス ワードを用いることにより、登録後の変更が何回でも可能です。 修正・確認は修正・確認画面 より行ってください。



演題申込受付は終了いたしました。

多数のご登録ありがとうございました。

本番用
確認・修正画面
登録画面
暗号通信
登録画面
確認・修正画面
平文通信

平文通信は危険です。 第三者があなたの抄録を無断で削除したり、
改ざんしたりする可能性があります。 この可能性をご了解の上でご登録ください。
本システムはInternet ExplorerとNetscapeで動作確認を行っております。
それ以外のブラウザはご利用にならないようお願い致します。

練習用
確認・修正画面
登録画面
暗号通信

こちらの練習用登録画面からは正式登録されません。
練習用と本番用を間違えないように注意して下さい。


このページの上へ