会員 専用

会員専用ページには、学会専門医試験を受験する時に役だつ情報が掲載されています。
会員専用ページにアクセスするには、UMINの登録IDおよびパスワードが必要です。
TEXT SIZE
 
Home てんかんとは 日常生活の注意
日常生活の注意

 

てんかん発作が服薬により抑制されている患者さんについては日常生活に特に制限はありません。抗てんかん薬を服薬していても一般の市販薬の飲みあわせを心配することはありません。病院から出される薬に関しても現在服薬している薬品名をいえば配慮してもらえます。

通常の体育や運動クラブの参加も、またプールでの水泳も通常の監視体制があれば参加して問題ありません。ただし、マリンスポ−ツや海での水泳は避けてください。また発作が完全に抑制されていない場合は一人での入浴も注意する必要があります。何かあってもすぐ周囲にわかる体制で入浴しましょう。

てんかん発作が完全に抑制されていない患者さんは、学校の先生や会社の上司に話をして理解してもらう必要があります。発作の頻度や発作の好発時間帯、ど のような発作かで主治医と相談し、日常生活で何に注意するか考えましょう。入浴時にも発作が出現することがありますので、一緒に入浴するか、声をかけて安 全を確かめるようにして下さい。

発作が抑制されていても、寝不足、過労や薬の飲み忘れがあると発作が再発してしまうことがあるので、きちんとした服薬や規則正しい生活を守りましょう。

 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oasumin.ac.jp
部分を @ に変更し、E-MAILアドレスをご利用ください。
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society