会員 専用

会員専用ページには、学会専門医試験を受験する時に役だつ情報が掲載されています。
会員専用ページにアクセスするには、UMINの登録IDおよびパスワードが必要です。
TEXT SIZE
 
Home てんかんと妊娠 赤ちゃんに受け継がれるもの
赤ちゃんに受け継がれるもの

 

御両親の人種や顔だちだけでなく、性格や癖などが赤ちゃんに受け継がれるように、けいれんをおこしやすいという体質も受け継がれる場合があります。
てんかんをもつ家族から生まれた赤ちゃんは3-5倍高くけいれんの体質を持つ(良性の熱性けいれんや小児てんかんを含む)といわれていますが、遺伝性の強い特別な種類のてんかんでなければ、体質についてそれほど心配することはありません。
体質は持っているだけで、一生けいれんを起こさない場合もあるからです。てんかんの種類によって体質がどれぐらい赤ちゃんに受け継がれるのかは変わってきますので、主治医の先生に相談してみましょう。

 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oas@umin.ac.jp
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society