会員 専用

会員専用ページには、学会専門医試験を受験する時に役だつ情報が掲載されています。
会員専用ページにアクセスするには、UMINの登録IDおよびパスワードが必要です。
TEXT SIZE
 
Home てんかんと妊娠 妊娠したいと思ったら
妊娠したいと思ったら

 

抗てんかん薬の副作用と妊娠中の発作がお母さんや赤ちゃんに与える影響を考えると、丈夫な赤ちゃんを迎えるには予定外妊娠より計画妊娠の方が理想的でしょう。
とくに、お母さんが妊娠に気づく妊娠初期は、赤ちゃんにとって大事な器官が形成される時期でもあるので、その時期に発作が多かったり抗てんかん薬を必要以上に飲んでいる場合には、赤ちゃんに何らかの影響をおこしかねません。
妊娠に気づいてからでは遅い場合もありますので、前もって主治医の先生と相談し抗てんかん薬を必要最低限の量と種類に調整してもらいましょう。
自分で勝手に薬を調整することは、予想以上に大きな全身けいれんを引き起こす可能性が高く、絶対行ってはいけません。
また、抗てんかん薬の調整をしている間は、できるだけ避妊することをお勧めします。
避妊方法の1つとして経口避妊薬(低容量ピル)がありますが、フェノバルビタール・フェニトイン・カルバマゼピンを内服している場合は、ピルの効果が弱くなるため、産科の先生に相談してピルの量を調整してもらいましょう。

 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oas@umin.ac.jp
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society