〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日本てんかん学会の電子メール情報配信
    ▲臨時配信061号▼     2012.06.04
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 医療費問題検討委員会から会員の皆さまのご意見の募集をしております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★★★ 未承認医療機器等の早期導入に関する意見募集 ★★★

 厚生労働省が「医療ニーズの高い未承認医療機器等の早期導入に関する意見
募集」を行っています。皆様から広くご意見をいただき、とりまとめて、日本
てんかん学会として要望いたします。つきましては、ご意見を下記の要領でお
寄せ下さい。

1 早期導入が望まれる「国内未承認又は適応外の医療機器及び体外診断用医
  薬品」(下記参照)の名称、概要、要望理由をお知らせください。
2 必ず、氏名、所属、email アドレスを記載のこと。
3 連絡先は、日本てんかん学会事務局 <jes-oasSumin.ac.jp>。

期限は2012年、7月末日、9月末日とします。
できるだけ早くお知らせいただくと、作業に早く取りかかれます。

 なお、医療ニーズの高い未承認医療機器等とは次の通りです。
(1)未承認医療機器及び体外診断用医薬品
要望の対象となる医療機器等は、原則として主要諸外国にて承認されているも
のであって、医療上特に必要性が高いと認められるものであること。
(2)適応外医療機器及び体外診断用医薬品
要望の対象となる使用目的は、主要諸外国にて承認されている範囲であって、
医療上特にその必要性が高いと認められるものであること。

※「医療上特に必要性が高いと認められるもの」は、[1]適応疾病の重篤性と
[2]医療上の有用性の観点から総合的に評価される。
[1]適応疾病の重篤性
ア生命に重大な影響がある疾患(致死的な疾患)であること
イ病気の進行が不可逆的で、日常生活に著しい影響を及ぼす疾患であること
ウその他
[2]医療上の有用性
ア既存の治療法、予防法もしくは診断法がないこと
イ欧米において承認されており、有効性、安全性、肉体的・精神的な患者負担
の観点から、医療上の有用性が既存の治療法、予防法もしくは診断法よりすぐ
れていること
ウその他

備考:厚生労働省の該当サイト:
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/soukidounyuu2/ 

医療費問題検討委員会
委員長 井上有史

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。
 日本てんかん学会 資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)
日本てんかん学会URL:http://square.umin.ac.jp/jes/