〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日本てんかん学会の電子メール情報配信
    ▲臨時配信050号▼     2011.07.25
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 医療費問題検討委員会より、下記のお知らせがありました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★★★ 長期脳波ビデオ同時記録検査の算定要件について ★★★

長期脳波ビデオ同時記録検査の算定要件について

診療報酬項目の記載では、「長期脳波ビデオ同時記録検査は、難治性てんかん
の患者に対し、てんかんの手術前後に行った場合、患者1人につきそれぞれ5
日間を限度として算定する」となっています。しかし「てんかんの手術前後に
行った場合」という文言が、「手術日を起点として手術前後に検査した場合の
み算定する」という解釈につながり、検査に引き続いて手術が行われないと算
定不可とされているのは臨床実態と著しく解離しています。
 この会員からの意見につき、厚生労働省保険局医療課の担当に照会しました
ところ、「てんかんの手術を前提に検査を行った場合に算定可能であって、検
査に引き続いて手術が行われないと算定不可、ということではない」との解釈
でした。
 今後、もし具体的に査定された事例が発生すれば、実施施設(査定された施
設)から審査機関に対して、厚生労働省への疑義照会を求めていただくようお
願いします。


     医療費問題検討委員会委員長 井上有史
     日本てんかん学会 理事長  兼子 直

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。
 日本てんかん学会 資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)
日本てんかん学会URL:http://square.umin.ac.jp/jes/