〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日本てんかん学会の電子メール情報配信
    ▲臨時配信042号▼     2011.04.07
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

被災地診療において専門医よりの注意喚起のご連絡がありましたので
お知らせ致します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<<被災地診療において専門医よりの注意喚起>>

 皆さまご存知のように、てんかんと見誤られる状態に、
1)カタトニア(統合失調症の一型)
2)心因性発作(解離性あるいはけいれん性)
3)抗精神病薬によるジストニー
など、さまざまなものがあります。
 てんかんという触れ込みで被災地の診療所を訪れる方も鑑別診断
を要することがあるという、被災された方を診察された会員からご
指摘がありましたのでお知らせ致します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。
日本てんかん学会 資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)