〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日本てんかん学会の電子メール情報配信
    ▲臨時配信027号▼     2010.03.16
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 第44回日本てんかん学会(岡山)での、トランスレーショナル・
リサーチ・セッションのテーマが決まりましたのでご案内します。

日本てんかん学会 資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<トランスレーショナル・リサーチ・セッションのご案内>

 第44回日本てんかん学会におきまして、3年目となる「トランス
レーショナル・リサーチ・セッション」を企画いたします。
 今回のテーマは「てんかんネットワークの検出と制御」です。
従来,てんかんの診断においては「焦点」の診断に重きがおかれて
いました。しかし、基礎研究の発展や様々な診断法の進歩によって、
てんかんには異常な神経回路が存在することと、さらに本来は正常
機能を営むべき神経回路を巻き込むことが明らかにされつつありま
す。てんかんを「ネットワーク病」としてとらえるためには、解剖・
生理・生化学などのあらゆる手法を駆使してアプローチする必要が
あります。今回の「トランスレーショナル・リサーチ・セッション」
におきましては、この問題に挑戦する最新研究の基礎と臨床の両面
に光をあてることを目的とします。
 オーガナイザーの依頼による発表(選択演題)に加えて、一般応
募の中からも関連する演題も選びます(公募演題)ので、奮ってご
応募下さいますようご案内申し上げます。応募の際には、学会ウェ
ブサイトの演題申し込みをクリックして下さい.演題提出に際して、
カテゴリーはトランスレーショナル・リサーチ・セッション関連を
選んで下さい。また、カテゴリーがトランスレーショナル・リサー
チ・セッションでない演題の中からも、関連する演題や有意義と評
価できる演題をオーガナイザーが選択致します。

会議名称:第44回日本てんかん学会
     トランスレーショナル・リサーチ・セッション
開催場所:岡山コンベンションセンター・ママカリフォーラム、岡山
開催日時:2010年10月14日(木)〜15日(金)
会 長 :大塚 頌子、副会長:伊達 勲(岡山大学)
セッションのテーマ:「てんかんネットワークの検出と制御」
セッションのオーガナイザー:中里 信和(東北大学)
              岡田 元宏(三重大学)
演題登録:2010年4月1日午前9時〜2010年5月14日正午
ウエブサイト:http://www.jes44.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。
このメールは受信の同意をいただいた日本てんかん学会の会員の
皆様を対象に、情報提供を目的に、毎月15日頃、定期的に送信さ
せていただいております。 配信およびその内容につきましては、
学会事務局<jes-oasSumin.ac.jp>までお問い合わせ下さい。