〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日本てんかん学会の電子メール情報配信
    ▲臨時配信019号▼     2009.5.26
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 第43回日本てんかん学会(弘前)の演題登録の締切が、
5月27日(水)から  ◆6月10日(水)正午◆まで  に延長
になりましたので、至急、お知らせします。

日本てんかん学会 資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

♪<第43回日本てんかん学会(弘前)の演題登録締切の延長>♪

【ご挨拶】
 このたび「てんかん治療の未来を拓く ―標準化から個別化へ―」
をメインテーマとして、第43回日本てんかん学会を弘前大学大学院
医学研究科神経精神医学講座主催で弘前市にて開催させていただく
ことになりました。

 本学会では、メインテーマに沿って多角的な視点から現時点での
てんかん学の現況とこれからのてんかん治療を見据えた企画を可能
な限り盛り込みました。期間中には、てんかん臨床および基礎研究
に関する最新かつ興味深い演題が数多く発表されます。
また、J.L.Noebels先生、 M.J.Brodie先生の特別講演のほか、各種
シンポジウム(2nd KES-JESジョイントシンポジウム等)、
レクチャーも企画しており、国内外からお招きしたエキスパートの
先生方にお話していただきます。
 ちょうどてんかん学会開催時期は、開催地の弘前では周辺の多く
の観光名所から小さな何気ない路地に至るまで、秋の気配に満ちて
います。学会へのご参加のみならず、ぜひこの機会に弘前の空気も
たっぷり御堪能していただき、しばし安らぎの時間もお過ごしいた
だければと思います。

 ただいま、UMINを利用したオンライン登録による演題の申込を受
け付けておりますが、一般演題が目標数に達しておりません。
演題申し込みの締切を6月10日(水)正午まで延長致します。
皆様からの多数の演題申込を心よりお待ち致しております。

第43回 日本てんかん学会(弘前)
会 長  兼子  直
副会長  岩佐 博人


【開催概要】
会 期:2009年10月22-23日
    (21日:てんかん学研修セミナー、Pre Congress アジア
     シンポジウム、24日:Post Congress国際シンポジウム)
テーマ:てんかん治療の未来を拓く ― 標準化から個別化へ ―

【演題募集要項】
登録方法:インターネットでUMINを利用したオンライン登録による
     申込のみを受け付けます。第43回日本てんかん学会HPを
     ご覧下さい。(http://www.c-linkage.co.jp/jes43/)
受付期間:2009年4月1日(水)〜5月27日(水)→変更:6月10日(水) 
発表方法:口演またはポスター。口頭はPCプレゼンテーション(ス
     ライドは英語)のみ。題名、氏名、所属は日英併記、抄
     録は英語推奨。詳細については、ホームページにてご確
     認ください。 

<お問合せ先>
第43回日本てんかん学会 運営事務局
〒102−0075 東京都千代田区三番町2 三番町KSビル 
(株)コンベンションリンケージ内 
TEL:03-3263-8688 FAX:03-3263-8693 
E-mail:jes43Sc-linkage.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。
このメールは受信の同意をいただいた日本てんかん学会の会員の
皆様を対象に、情報提供を目的に、毎月15日頃、定期的に送信さ
せていただいております。 配信およびその内容につきましては、
学会事務局<jes-oasSumin.ac.jp>までお問い合わせ下さい。