〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日本てんかん学会の電子メール情報配信
    ▲臨時配信015号▼     2009.3.26
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 2009年度のJUHN & MARY WADA奨励賞論文を募集いたします。
今回より応募資格が改定され、応募論文刊行時の年齢が40歳から45歳に
引き上げられました。
自薦他薦は問いませんので、多数のご応募をお願い申し上げます。

日本てんかん学会 資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ♪♪♪<2009年度JUHN AND MARY WADA奨励賞論文募集>♪♪♪

  2009年度JUHN AND MARY WADA奨励賞

1)【目的】わが国が生んだ世界的なてんかん学者Juhn A Wada教授夫妻の功
  績を記念して、わが国の若手てんかん研究者の研究を奨励するために設け
  られた。

2)【対象論文】2009年5月末日をさかのぼる2年間に学術雑誌に発表された原
  著1編で、単著、共著を問わない。欧文・和文も問わない。原則として臨
  床部門は人を、基礎部門は動物を対象とした研究とするが、内容によって
  は、本委員会で該当部門を検討の上変更することがある。

3)【応募資格】応募論文刊行時点の年齢が45歳未満で、かつ応募締め切り時
  点で1年以上の正会員歴を有する日本てんかん学会正会員とする。自薦他
  薦を問わない。

4)【応募部門】臨床てんかん学部門及び基礎てんかん学部門とする。

5)【授賞論文】原則として臨床部門、基礎部門の各1編とする。

6)【選考委員会】2009年度の選考委員会は、野沢胤美委員長以下6名の委員
  で構成される。

7)【授与式:第43回日本てんかん学会学術集会で授与式をおこなう。

8)【応募方法】応募者は論文別刷(コピーも可)、履歴書、受賞した場合に
  備え「てんかん研究」 掲載用抄録(和文800字以内、応募論文の研究過程
  とその位置づけの説明も含める)、各8部に、応募部門(臨床部門あるいは
  基礎部門)を明記のうえ、下記学会事務局宛に書留便にて郵送のこと。

  〒187-0031
  東京都小平市小川東町4-6-15
  日本てんかん学会事務局 宛 

9)【応募締切】2009年5月31日
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。