〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本てんかん学会の電子メール情報配信
 <定期配信 2009年3月号> 2009.3.16
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 梅に続いて今度は桜が・・・まだ少し早いみたいですね。
3月は人事異動の多い月ですので、所属等の変更のあった方は
お早めに事務局までご連絡下さい。
 今月のお知らせは以下の2つです。

1. Epilepsy&Seizure 2009年第1版
2. 3rd Beijing International Epilepsy Forumのお知らせ

このメールは受信の同意をいただいた日本てんかん学会の会員の
皆様を対象に、情報提供を目的に毎月1回送信させていただいて
おります。配信およびその内容につきましては、学会事務局
<jes-oasSumin.ac.jp>までお問い合わせ下さい。

日本てんかん学会 資格審査・広報委員会

■1■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★★★<Epilepsy&Seizure 2009年第1版>★★★

このたびEpilepsy&Seizureより、2009年第1版として2つのご文献
を公開させていただきましたことをお知らせ申し上げます。

[Review Article]
Title: Robert Naquet (1923-2005):The Scientific Odyssey of 
a French Gentleman
Corresponding Author: Dr.Carlos Cepeda
URL: http://www.jstage.jst.go.jp/article/eands/2/1/2_1/_article
-----------------------------------
※田中達也先生の恩師、Dr.Robert Naquet の追悼論文です。
今回Epilepsy&Seizureのためにお寄せいただきました。

[Brief Communication]
Title: Subjective and Objective Premonitory Symptoms as 
Epileptic Prodromes
Corresponding Author: Dr.Hironari Sue
URL: http://www.jstage.jst.go.jp/article/eands/2/1/2_17/_article
-----------------------------------
※東京慈恵医科大、須江洋成先生のご投稿です。

先生方のご支援とご高配に深く感謝申し上げます。
今後ともEpilepsy&Seizureを宜しくお願い申し上げます。

兼本浩祐
Epilepsy&Seizure

■2■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

刀 3rd Beijing International Epilepsy Forumのお知らせ >

会議名称:3rd Beijing International Epilepsy Forum
開催日程:October 15-18, 2009.
開催場所:Beijing, China 
抄録締切:May 31, 2009
演題申込方法:please e-mail your abstract to: 
<caae2008Ssina.com> or <caaeScaae.org.cn>
大会HP:不明

Main topics:
1. Management of patient with epilepsy (Presentation and debate):
(1) Selection of AED(s) for i) newly diagnosed epilepsy, 
ii) after first AED fails and iii) refractory epilepsy
(2) Epilepsy surgery: pre- and post-operative evaluation; 
Early operation for child with epilepsy and its prognosis
(3) New methods for treating refractory epilepsy, as neuro-
modulation, DBS, etc.
2. Basic research on epilepsy, especially mechanism of refractory 
epilepsy;
3. Neuro-imaging
4. Psychological and psychiatric problems with epileptic patients, 
and comobidity
5. Others:
(1) Epileptic encephalopathy;
(2) Management of Status epilepticus, especially for non-
convulsive SE
6. Case discussion, Vedio session

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。