〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本てんかん学会の電子メール情報配信
 <定期配信 第3回(2008年6月号)> 2008.06.27
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


初夏となりましたが、じめじめした梅雨の時期でもあります。
皆様はどうお過ごしでしょうか。

今回は定期配信が遅れてしまい申し訳ございません。
6月30日締め切りのご案内が2件ありますので、お忙しいことと
存じますが、よろしくお願い申し上げます。

1. JESスカラーシップの応募の締め切り間近
2. 第42回大会の演題募集終了
3. 日本てんかん学会 地方会の開催のお知らせ
4. 認定医試験の開催日程
5.「運転免許とてんかん」に関するアンケート

このメールは受信の同意をいただいた日本てんかん学会の会員の
皆様を対象に、情報提供を目的に毎月1回送信させていただいて
おります。配信およびその内容につきましては、学会事務局
<jes-oasSumin.ac.jp>までお問い合わせ下さい。

日本てんかん学会 
資格審査・広報委員会

■1■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★★★<JESスカラーシップの応募の締め切り間近>★★★

アジア・オセアニアの若手研究者の育成を目的として、日本留学中
の研究費の一部を助成する「JESスカラーシップ」の応募締め切り
は<6月30日>です。
まだ応募がありませんので、よろしくお願い申し上げます。

詳細は、学会ホームページの[会員へのお知らせ]をご覧下さい。
http://square.umin.ac.jp/jes/

■2■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ♪♪♪<第42回大会の演題募集終了>♪♪♪

第42回日本てんかん学会の演題申し込みは、締め切り延長の後、
6月16日(月)に終了しました。
おかげさまで口演119演題、ポスター77演題の応募がありました。
応募演題の採否につきましては、7月26日に開催されるプログラム
委員会で決定後、各演者に連絡されます。

第42回日本てんかん学会学術集会ホームページ:
http://plaza.umin.ac.jp/epilepsy/ 

■3■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ‡‡‡<日本てんかん学会 地方会の開催のお知らせ>‡‡‡

-----------------------------------------------------------
第1回 日本てんかん学会 東海・北陸地方会

会期:2008年7月12日(土)13時00分〜17時00分
場所:栄ガスビル5階
   名古屋市中区栄3−15−33
   電話:052−242−7111
会長:藤原建樹
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
第2回 日本てんかん学会 東北地方会

会期:2008年7月5日(土)
会場:江陽グランドホテル(仙台市)
会長:冨永悌二(東北大学大学院医学研究科神経外科学分野 教授)
事務局長:岩崎真樹(広南病院脳神経外科)
http://www.kohnan-sendai.or.jp/jes_tohoku/index.html
-----------------------------------------------------------

■4■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ☆☆☆<認定医試験の開催日程>☆☆☆

今年の認定医試験は下記の日程で行われます。

日時:2008年8月23日(土) 09:30〜17:00
場所:早稲田大学国際会議場
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-20-14 (TEL:03-5286-1755)

詳細は、学会ホームページの[てんかん学会認定医]をご覧下さい。
http://square.umin.ac.jp/jes/

■5■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼▼<「運転免許とてんかん」に関するアンケートのお願い>▼▼

前号でもお願いしましたが、日本てんかん学会法的問題検討委員会
からの上記アンケートにご協力をお願いいたします。
アンケートの締め切りは<6月30日>です。
下記にアンケート用紙を掲載しましたが、学会ホームページの
[会員へのお知らせ]からもPDFファイルがダウンロードできます。
記載したアンケート用紙は、日本てんかん学会事務局あてに
メール(jes-oasSumin.ac.jp)、またはFAX(042-345-2522)で
お送りください。ご協力をよろしくお願い申し上げます。

以下アンケート用紙。
--------------------------------------------------------------------------------
---------------- 
■■「運転免許とてんかん」に関するアンケート■■

ご記入者の情報:
ご年齢(     歳) 診療経験年数(     年)
診療科(     科) 診療科の属する都道府県(      )

@ 先生の診療科が小児科の場合、18歳以上の患者さんを診ておられますか?
      はい (     人位)、 いいえ
A この1年間に、主治医として、運転(免許)に関する診断書を求められたこ
とがあり
ますか?
      はい (     件)、 いいえ
B 運転(免許)に関する診断書作成において問題点があると思われますか? 
( はい
、 いいえ )
  問題点を具体的にお書きください。

C 運転(免許)に関する患者さんの意識に変化があると感じますか?

D 今後、学会としてどのような点に取り組むべきでしょうか?

E 今後、警察庁にどのような点を要求すべきでしょうか?

F 「適性検査に係る医師」として公安委員会から委嘱されましたか? ( は
い、 い
いえ )

G その委嘱をお受けになりましたか?( はい、 いいえ )
  いいえの場合の理由:(                       
    
     )

  はいとお答えになった方は以下の質問にお答えください。
  FまたはGでいいえとお答えになった方は、ここまでで結構です。ありがと
うござい
ました。

H あなたはてんかん学会認定医ですか?( はい、 いいえ )

I この1年間に何人の適性検査をされましたか?(      人)

J 適性検査において、問題があるとお考えですか?( はい、 いいえ )
  具体的にどのような問題があるでしょうか?

K 今後、学会として、適性検査に関し、どのような点に取り組むべきでしょう
か?

L 今後、適性検査に関し、警察庁にどのような点を要求すべきでしょうか?


臨時適性検査を行った症例について、具体的に下記に記入をお願いします。
空白があっても結構ですが、例にならって、できるだけ埋めていただければ幸い
です。
施設としてお答えになる場合には、判定医何名分と明記してお答え下さい。
資料として極めて重要ですので、よろしくご協力をお願いいたします。不足の場
合はコピ
ーをお願いします。
 
ありがとうございました。

■■臨時適性検査を行った症例■■
(例)
職業:会社員
脳波:normal
薬物の有無:CBZ400
最終発作:最終発作は3年前
適性検査理由:主治医は再発の恐れは低いとのみ記載
免許証有無/種類:新規申請・普通
事故の有無:無
判定:運転可、2年後再適性検査
問題点:主治医記載不十分

職業:
脳波:
薬物の有無:
最終発作:
適性検査理由:
免許証有無/種類:
事故の有無:
判定:
問題点:

--------------------------------------------------------------------------------
-------------------
アンケート用紙おわり。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以上。