〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本てんかん学会の電子メール情報配信
 <定期配信 第2回(2008年5月号)> 2008.05.15
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

若葉の鮮やかな季節となりました。
2008年4月より開始しました本格配信の2回目です。
このメールは受信の同意をいただいた日本てんかん学会の会員の
皆様を対象に、情報提供を目的に毎月1回送信させていただいて
おります。また、緊急のお知らせの場合は臨時配信を行う場合が
あります。先日は、第42回日本てんかん学会学術集会の演題募集
に関する臨時配信をさせていただきました。
会員の皆様の役に立つような情報をいち早くご連絡できるように
本システムを活用していきたいと思います。

さて、今月は4件のお知らせがございます。中でも「運転免許と
てんかん」に関するアンケートには、皆様のご協力をよろしく
お願い申し上げます。

1.理事長よりお知らせ
2.英文ジャーナル委員会よりお知らせ
3.「運転免許とてんかん」に関するアンケートのお願い
4.日本てんかん協会より

日本てんかん学会 
資格審査・広報委員会
(配信についてのお問い合わせは、<jes-oasSumin.ac.jp>まで)

■1■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ★★★<理事長よりお知らせ>★★★

カナダのGotman教授から下記のメールが届きました。モントリオー
ルは現代のてんかん学発祥地のひとつです。日本てんかん学会会員
の方々のご参加を期待します。詳細は文中のweb siteでごらん下さ
い。
                         田中 達也

-------------------------------------------------------------
Dear Dr. Tanaka,

I hope all is well with you in Hokkaido and you are enjoying
the spring.
It has finally come to Montreal after a particularly long and
snowy winter.

I write to you to inform you that we will hold at the MNI on
October 23-25 a meeting in honour of Fred and Eva Andermann.
I attach the program of the meeting and I hope very much you
will be able to come to Montreal for this important celebration.
It would be great to see you here. Here is the link to the web
site: http://www.mni.mcgill.ca/channels/events/item/?item_id=29301

I am also wondering if, as President of the Japanese Epilepsy
Society, it would be possible for you to organize an announcement
of the meeting to the Japanese epilepsy community, either by an
email campaign, or on the Society’s web site. Let me know if
this is possible and I will send you a better brochure on which
we are currently working.

Best regards,

Jean

Jean Gotman, PhD
Professor
Montreal Neurological Institute, McGill University
3801 University Street, Montreal, Quebec, Canada, H3A 2B4

■2■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ♪♪♪<英文ジャーナル委員会よりお知らせ>♪♪♪

Epilepsy & Seizure に初めてOriginal Articleが掲載されました。
学会ホームページの会員専用ページから、英文機関誌の項目の中で
「閲覧(J-STAGE)」より閲覧、印刷が可能です。

タイトル:
Epileptogenicity of a patient with the association of
medullary venous malformation and cavernous malformation.
著者:
Ataru Nishimura, Takato Morioka, Kimiaki Hashiguchi, et.al.
ページ:
Epilepsy & Seizure 1(1):14-20,2008.

■3■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼▼<「運転免許とてんかん」に関するアンケートのお願い>▼▼

2002年6月に道路交通法が改定され、てんかんをもつ人も条件により
運転が許可されるようになりました。
法施行後5年が経過し、新たに免許を取得した人以外に、これまで免
許を所持していた方がすべて免許更新を経たことになります。
てんかんをもつ人の運転免許取得にかかる現状はどうであるのか、状
況は改善したのか、問題点はないのか、などについて検討するため、
2003年6月に行ったアンケートを再びお願いし、前回の調査と比較検
討したいと存じます。
2007年1月1日より2007年12月31日までの1年間の状況について皆様
のご意見をいただきたいと考えます。そして、必要であれば、警察庁
に見直しを申し入れたいと考えております。

つきましては、ご多忙とは存じますが、下記「運転免許とてんかん」
に関するアンケートにご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。
アンケートはコピー&ペーストで日本てんかん学会事務局にメールで
お送りいただくか(jes-oasSumin.ac.jp)、またはプリントアウトし
ていただき FAX:042-345-2522 へお送りください。
おいそがしいところ恐れ入りますが、6月30日までにお願いいたします。
書式は日本てんかん学会のHPからもダウンロードできます。

なお警察庁運転免許課にも、2007年1月1日より2007年12月31日まで
の1年間の免許取得状況等について、資料の提供をお願いしております。

2008年5月
日本てんかん学会法的問題検討委員会

--------------------------------------------------------------------------------
----------------
■■「運転免許とてんかん」に関するアンケート■■

ご記入者の情報:
ご年齢(     歳) 診療経験年数(     年)
診療科(     科) 診療科の属する都道府県(      )

@ 先生の診療科が小児科の場合、18歳以上の患者さんを診ておられますか?
      はい (     人位)、 いいえ
A この1年間に、主治医として、運転(免許)に関する診断書を求められたこ
とがあり
ますか?
      はい (     件)、 いいえ
B 運転(免許)に関する診断書作成において問題点があると思われますか? 
( はい
、 いいえ )
  問題点を具体的にお書きください。

C 運転(免許)に関する患者さんの意識に変化があると感じますか?

D 今後、学会としてどのような点に取り組むべきでしょうか?

E 今後、警察庁にどのような点を要求すべきでしょうか?

F 「適性検査に係る医師」として公安委員会から委嘱されましたか? ( は
い、 い
いえ )

G その委嘱をお受けになりましたか?( はい、 いいえ )
  いいえの場合の理由:(                       
    
     )

  はいとお答えになった方は以下の質問にお答えください。
  FまたはGでいいえとお答えになった方は、ここまでで結構です。ありがと
うござい
ました。

H あなたはてんかん学会認定医ですか?( はい、 いいえ )

I この1年間に何人の適性検査をされましたか?(      人)

J 適性検査において、問題があるとお考えですか?( はい、 いいえ )
  具体的にどのような問題があるでしょうか?

K 今後、学会として、適性検査に関し、どのような点に取り組むべきでしょう
か?

L 今後、適性検査に関し、警察庁にどのような点を要求すべきでしょうか?

臨時適性検査を行った症例について、具体的に下記に記入をお願いします。
空白があっても結構ですが、例にならって、できるだけ埋めていただければ幸い
です。
施設としてお答えになる場合には、判定医何名分と明記してお答え下さい。
資料として極めて重要ですので、よろしくご協力をお願いいたします。不足の場
合はコピ
ーをお願いします。
 
ありがとうございました。

■■臨時適性検査を行った症例■■
(例)
職業:会社員
脳波:normal
薬物の有無:CBZ400
最終発作:最終発作は3年前
適性検査理由:主治医は再発の恐れは低いとのみ記載
免許証有無/種類:新規申請・普通
事故の有無:無
判定:運転可、2年後再適性検査
問題点:主治医記載不十分

職業:
脳波:
薬物の有無:
最終発作:
適性検査理由:
免許証有無/種類:
事故の有無:
判定:
問題点:

--------------------------------------------------------------------------------
-------------------
アンケート用紙おわり。

■4■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ☆☆☆<日本てんかん協会より>☆☆☆

生活保護費の「通院移送費利用制限」の問題に関して、日本てんか
ん協会から厚生労働大臣宛に要望書が提出されました。
下記の日本てんかん協会のホームページから「新着ニュース」をご
参照下さい。
http://www.jea-net.jp/news/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以上。