てんかん Q&A

    てんかんとは?
TEXT SIZE
 
東日本巨大地震に関する情報
てんかんをもつ方、日本てんかん協会会員、および日本てんかん学会会員の皆様へ

今回の未曾有の災害に関しまして、各方面から心温まる励ましをたまわり、また数多くの有益な情報提供をいただき感謝申し上げます。本学会賛助会員の各製薬会社におかれましては緊急のお願いにもかかわらず、多くの抗てんかん薬を提供いただき、心からお礼を申し上げます。

現在、東北地方本学会会員の情報に従い、上記の治療薬を持参する医師団が、国立精神・神経医療研究センター病院てんかんセンター、静岡てんかん・神経医療 センター、西新潟中央病院てんかんセンターから被災地へ派遣されております。今後は被災地から避難される方々の受け入れ、後続チーム派遣の問題、治療体制 の連携など多くの問題が残されていますが、厚生労働省との緊密な連携の下、対応してゆきます。

学会員の方々には患者さまの緊急な治療対応と安全な地域への移動の援助をお願いいたします。賛助会員の各製薬会社から提供された抗てんかん薬は仙台医療セ ンター災害対策本部(022-293-1111薬剤科)にあずかっていただいております。抗てんかん薬の在庫が少なくなった治療施設の方々には、同施設へ ご連絡の上受け取りのご相談をお願いします。

またてんかんをもつ方および協会会員の方々には各地域のてんかん協会支部および本部へ問い合わせていただき治療可能な施設を探し出し、服薬の継続をお願い いたします。入手困難な場合には地域の日本てんかん学会てんかん専門医(本学会HPに掲載)あるいは会員へお問い合わせください。

日本てんかん学会は多くの学会員の協力のもと、この災害に対し困難な状況に直面するてんかんを持つ方々の治療に責任を持って対応いたします。以上、各方面の種々の方々のご協力に感謝しつつ、理事長から緊急のメッセージといたします。

平成23年3月19日
日本てんかん学会理事長
兼子直

 

To Our ILAE Colleagues

From Japan Epilepsy Society(JES)

Dear Friends,

On behalf of the Japan Epilepsy Society, we would like to express our sincere gratitude to many colleagues who have sent us condolences and heartwarming encouraging letters for the unprecedented massive earthquake followed by the devastating tsunamis that hit Japan on March 11, with the additional blow of the nuclear plant incident. With generous aids and supports from many countries, Japan is taking every active action to deal with this massive disaster that has already claimed over 7,500 deaths and 11,000 persons unaccounted for.

At JES, all our members are taking on the challenge in supporting the persons with epilepsy affected by this disaster. In close collaboration with the Japan Epilepsy Association (JEA) and based on appropriate information, JES is dispatching teams of doctors, shipping drugs, and accepting patients from the disaster stricken areas. We refer these patients to the treatment network, and try our very best to provide continuous direct treatment or care through JES members who are distributed all over the country, with the support of other doctors and comedicals. This is going to be a long term challenge to minimize disastrous outcome. For the victims and the disaster-stricken areas, we believe that the 'Sun also rises'.

Thank you all,

Sunao Kaneko, president, JES

Tatsuya Tanaka, past president, JES

日本てんかん学会 各位  (H23.3.16)

みなさま大変な中ご支援ありがとうございます.

  1. 日本てんかん学会から日本てんかん学会賛助会員各社に抗てんかん薬の供出を依頼し、現在、数社から承諾をいただいており、薬剤が国立精神・神経医療研究センターに集まってきています。

  2. 被災地に比較的近い3センター(国立精神・神経医療研究センター病院てんかんセンター、静岡てんかん神経医療センター、西新潟中央病院て んかんセンター)が、上記薬剤を配布するなどの協力行動をします。

  3. 遠隔地および罹災地に近い施設でてんかんの方の受け入れが始まっています 。

  4. 政府が自衛隊を使って薬剤などの大量送付を検討しています

引き続きご支援をお願いたします。

日本てんかん学会 理事長  兼子 直

被災地診療においての注意喚起です。

皆さまご存知のように、てんかんと見誤られる状態に、

1)カタトニア(統合失調症の一型)

2)心因性発作(解離性あるいはけいれん性)

3)抗精神病薬によるジストニー

などさまざまなものがあります。

てんかんという触れ込みで被災地の診療所を訪れる方も鑑別診断を要することがあるという、被災された方を診察された本学会会員からご指摘がありましたのでおしらせいたします。

関連リンク
その他お知らせ

◎リボトリールにつきまして、本日(2011.4.19)中外製薬営業業務部より下記の連絡がありましたので、おしらせいたします。

供給可能な在庫が終了する見込みは下記のとおりです。
1.リボトリール0.5mg錠は5月下旬から6月中旬
2.同1mg錠は5月中旬から7月中旬
3.同2mg錠は7月中旬から10月上旬

この対策のため、
1.海外からの緊急輸入品(0.5mg、2mg)について、5月下旬からの出荷を目標に手続きを進めております。
2.併せて他の委託製造会社で製造し、6月中〜下旬からの出荷を予定しております。

 

◎ 通常は病院を受診して薬を処方してもらうのですが,緊急対応として,薬局に「お薬手帳」などを持参すると,処方箋がなくても処方してもらえる措置がとられています。ただし、被災地では在庫が乏しくなっていますので、確実に手に入るわけではありません。

 

◎ 通達により以前より、14日制限のある抗てんかん薬なども、「・・・・・長期の旅行など、特殊の事情のある場合は28日処方」が可能です。今回の震災関連交通機関のマヒは特殊の事情と考えられると思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oas@umin.ac.jp
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society