てんかん Q&A

    てんかんとは?
TEXT SIZE
 
『てんかん白書』

てんかん白書
 ―てんかん医療・研究のアクションプラン―

概要

てんかん診療に携わる医師・医療スタッフだけでなく、官公庁・政策関係者、製薬企業、メディア関係者、てんかんのある人とそのご家族ら向けに日本てんかん学会が編集した“白書”です。てんかんの医療、ケア、臨床研究、社会的取り組みなどに関する重要なトピックスについて、現状と問題点を要約し、今後の行動プランとしての推奨を掲げています。 


 ISBN 978-4-524-25963-2 定価2,808円(本体2,600円+税)です。書店にてお求めください。 

発行年月: 2016年10月 判型: B5 ページ数: 206

【目次】

総括:行動プランと推奨

1 行動プラン

2 推奨(総括)

I てんかんの医療

1 疫学

  a.有病率・発病率

  b.事故・死亡率

2 病因

3 診断

  a.分類

  b.生理

  c.画像

  d.遺伝子・染色体

  e.免疫・その他の診断

  f.神経心理など

4 治療

  a.予防

    小児期

    成人期

  b.薬物治療

    小児期

    成人期

    重積

  c.外科治療

    切除外科治療

    緩和外科治療

  d.その他の治療

5 てんかんケア(リハビリテーション,包括医療)

6 性

7 年齢による特殊性

  a.新生児

  b.小児と思春期

  c.高齢者

8 併存障害

  a.発達

  b.身体

  c.認知

  d.精神

9 経済的側面(診療報酬)

10 社会的側面

  a.教育

  b.雇用

  c.保険など

  d.偏見

11 危機管理

II 法・制度

1 医療と福祉をめぐる制度

2 法・制度と資格

3 運転免許

III てんかん教育と啓発

1 専門職

  a.医師と医学生

  b.医療専門職

  c.非医療専門職

2 一般啓発

  a.メディア

  b.学校教育

  c.一般啓発

  d.患者・家族の教育

IV てんかん医療とケアのシステムと連携

1 てんかん医療システムと連携

2 てんかん医療の移行

3 てんかんケアシステムと連携

V てんかん組織と活動,情報とネットワーク

1 医療組織と活動

2 非医療組織と活動

3 情報とネットワーク

VI 研究

1 基礎研究とトランスレーショナル研究

2 臨床研究

  a.小児期

  b.成人期

  c.脳神経外科

3 併存症の研究

4 社会医学研究

VII 国際関係

略語一覧

用語集

索引

 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oasumin.ac.jp
部分を @ に変更し、E-MAILアドレスをご利用ください。
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society